FC2ブログ

Latest Entries

なぜ、口内炎やヘルペスは出来るの?

睡眠不足やストレス、口の中の汚れも影響します。原因も様々です。食べ物を咀嚼【そしゃく】している時に、思わず舌や頬を噛んでしまう事は誰にでもあります。出血して2~3日で治ってしまう人もいれば、そこに口内炎が出来て痛みを伴い、1~2週間程ひりひりする事もあります。口内炎はなぜ、出来るのでしょうか。発症年齢が広く、原因は多様です。口の中の粘膜で起こる炎症を「口内炎」と呼びます。一般的に良く見られるものはアフタ性口内炎で、白っぽい潰瘍【かいよう】の周囲が赤くなっており、一度に1~数個出来るのが特徴です。その他にも水疱【すいほう】が出来たり、粘膜が赤く腫【は】れたり等、様々な種類の口内炎があります。口内炎は頬や唇の裏側、舌、歯ぐき等の口腔【こうくう】粘膜の炎症です。発症する年齢の幅も広く、様々な原因が考えられています。これと言った原因がハッキリしない事もあります。例えば、アフタ性口内炎には、睡眠不足やストレス、栄養不足等による体力の低下、尖った歯の角や入れ歯等によって出来た口の中の傷、口の中の汚れ、等が影響していると、あつみ歯科医院では考えています。アフタ性口内炎の治療は、口の中を清潔な状態に保ち、ゆっくり休んで睡眠不足やストレスを解消し、ビタミンB群を摂取すると良いと言われています。ステロイド系の塗り薬や貼り薬も、効果があります。発症の原因によって治療法も変わるかもしれません。口内炎の中には、ウィルスや細菌に感染する事で発症する、ものもあります。口角等に出来易く、水疱状になるヘルペスは、単純ヘルペスウィルスが原因で起こると言われています。治療には抗ウィルス薬(飲み薬・塗り薬)があり、これらを使用すると治癒が早まります。逆に、アフタ性口内炎治療で使うステロイド系の塗り薬は、ヘルペス性口内炎等に使うと症状が悪化してしまいます。「以前、通院した際に口内炎の薬を出してもらったから」と、受診しないで手持ちの薬を使うのは止めた方が良いでしょう。又、口内炎に薬を塗っても、症状が全く良くならない場合は注意が必要です。口腔がんなのに口内炎だと思い込んで、市販薬を塗り続けている人もいる様です。薬で1週間経っても改善が見られない場合は、歯科医院等で診てもらいましょう。口内炎が、全身的な病気により起きる事もあります。アフタ性口内炎に外陰部の潰瘍、眼症状、皮膚症状を伴ったベーチェット病、子どもの手足の水疱と口内炎を併発する手足口病、子どもの喉の奥に口内炎を多発するヘルパンギーナと言う病気等があります。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

2020-05

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR