FC2ブログ

Latest Entries

親知らずは抜いた方が良いの?

生え方や目的、歯科医師の考え方で変わります。親知らずは別名「第3大臼歯【きゅうし】」と言い、高校生位から20歳前後に出て来る最後の歯です。多くはないですが、先天的に親知らずが無い人もいますし、X線写真を撮ってみて初めて、顎の奥深くで眠っている親知らずが見つかる人もいます。痛く無ければ、そのまま放っておいても大丈夫なのでしょうか?親知らずは、生え方によってリスクが千差万別です。全部見えていたり、一部が見えていたりする場合は、生え方が真っ直ぐで腫【は】れがなければ、そのままにした方が良い事が多いと、あつみ歯科医院では考えています。斜めや横に生えている時は腫れたり、むし歯になったりしやすいので、抜歯を検討した方が良いでしょう。親知らずを抜くか抜かないかは、歯科医師によって意見が分かれます。咬み合わせがキチンと出来ていて、むし歯の心配が無い場合は、残すと言う判断も間違いではありません。親知らずを残しておくと、歯を移植する際に、ドナー歯として活用が出来ます。慌てて抜歯をする必要はありませんが「矯正治療がしたい」等の目的がある場合は、抜いた方が良い事もあります。矯正治療では、親知らずは抜くの?歯科医師の中には、抜いた方が良いと考える人もいます。親知らずは、口の中の一番奥にあるのでむし歯に成り易く、最後に生えてくるので歯列を乱す事もあります。歯並びが綺麗になっても、親知らずが後から生えると、矯正治療が水の泡になる事もあります。昔ほど、硬い物を咬まなくなった日本人の顎は、小さくなっています。又、大臼歯の根っこは、小さい事も多いです。リスクばかりが高い親知らずは、抜いた方が良いと思われる事が多い様です。親知らずは、通常は局所麻酔で抜歯する事が出来ます。しかし、生え方によって難しい治療となる事もあります。親知らずの近くには神経と血管が走行しているので、抜歯には技術が必要です。全く見えていない親知らずを抜く時には、口腔外科の専門医を紹介して貰うと良いかもしれません。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

2020-05

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR