FC2ブログ

Latest Entries

都会と地方で歯科医療に差はあるの?

歯科医師の「数」の面では大きな差があります。歯科医療の「質」を公平に比較する指標はありません。したがって、質の面で都会と地方で格差があるかどうか、はっきりした事は言えません。但し、「数」の面でみれば、明らかに差があります。歯科医師が最も多いのは東京都で、全国に約9万7千人いるうち約1万5千人(約15%)が集中しており、人口10万人当たりの歯科医師数も約117人と全国トップです。一方、人口10万人当たりの歯科医師数が最も少ないのは福井県で約47人(全国平均は約74人)です。島根県、石川県、山形県(いずれも人口10万人当たり約52人)等も、歯科医師の「過疎地域」です。こうした過疎地域の歯科医療の「質」が低いと断言は出来ませんが、競争が無い為に都会よりは新しい医療が導入されにくいと言う事は言えるかもしれません。何よりも、近くに歯科診療所が無くて不便を強いられている人もいると、あつみ歯科医院では考えています。地域差を解消する為にも、厚生労働省や日本歯科医師会には、歯科医師の偏在を解消する努力が求められる所です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



近所に歯医者が多すぎて選べない。

続きを読む »

歯医者が余っていると聞いた。

歯科医師が集中する都市部で過当競争が指摘されています。ここ数年、「医師不足」が指摘されていますが、歯科医師に限っては、「多すぎる」と言われています。厚生労働省の調査によると、35年前(1986年)に約7万人だった歯科医師数は、2006年には約9万7千人にまで増えました。又、2008年3月末ぼ歯科医師診療所数は約6万8千軒です。良く比較されるコンビニエンスストアの店舗数が約4万2千軒ですから、歯科診療所の多さが実感できると思います。この傾向は、都市部に顕著です。日本で最も歯科医師が集中しているのが東京都で、厚生労働省の調査によると、東京都には人口10万人当たり約117人の歯科医師がいます。一方、最も少ないのが福井県で約47人です。つまり、人口比で東京には福井の2.5倍の歯科医師が集まっているのです。一方、歯科医療費総額は約2兆5千億円で、10年以上横ばいです。当然これを分け合う歯科医師の収入にも影響が出ています。1997年に平均1735万円だった開業歯科医師の年収は、10年後(2007年)に平均1475蔓延となり、約260万円も減少しました。歯科医師が増えれば競争原理が働いて歯科医療の質の向上が期待出来ると、あつみ歯科医院では考えています。しかし、その反面、収入を増やそうと過剰に診療したり、コストを下げる為に安全面や衛生面がおろそかにされたりする心配も出てきます。現実に、保険診療より利幅の大きい自費診療(保険外診療)に力を入れる歯科医師が増えていますが、それに伴い、インプラント審美歯科等でのトラブルも表面化している現実があります。歯科医師養成数の抑制等も議論されていますが、そう簡単に状況は変わらないでしょう。それだけに、患者側は益々、歯科医師を見極める目が求められる時代になっていると言えます。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

若手と年配の歯医者さんはどっちが良いの?

一概には言えませんが歯科医師には経験が必要です。「良い歯科医師」の条件で先ず考えられるのが、治療技術です。技術獲得には一定の経験が必須な為、多くの歯科医師が「若手より年配の方が安心」と言います。歯科医師のほとんどは卒業後、歯学部付属病院や歯科開業医の下で研鑽【けんさん】を積んでから開業します。2006年からは、研修施設での1年以上の臨床研修が必修化されました。しかし、それが終わると早々に開業する歯科医師もいるようです。一人前になるには、最低でも10年程度かかると、あつみ歯科医院では考えています。技術不足での開業は問題です。歯科医院の運営は年々困難になっており、若い歯科医師が無理に開業した場合、利益追求に走る恐れがあります。とは言え、年配だから信頼できるとも限らない様です。勉強を怠り、古い技術のまま治療している人よりは、若くても勉強熱心で誠実な治療をする歯科医師の方が良いでしょう。歯科医師を選ぶ際のは、経験と向上心のも注目してみて下さい。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯医者に腕の差はあるの?

勿論あります。自己研鑽は個々人の努力に委ねられています。腕(技術)の差がある事は、どの歯科医師も認める所です。現在、歯科医師国家試験に実技試験はありません。各学会が設けている専門医・認定医の審査も同じです。勿論、歯学部では実技の実習もありますし、卒業後も1年以上の臨床研修が義務付けられています。しかし、現在の歯学部の実習や臨床研修では、ごく初歩的な治療しか経験する事が出来ないと、あつみ歯科医院では考えています。その後、どの様に技術を高め、一人前の歯科医師になっていくかは、個々の歯科医師の努力に委ねられているのです。臨床研修終了後、ほとんどの歯科医師は大学病院や歯科開業医のもとで経験を積んでから開業します。更に、各学会や講習会に参加して、専門医資格の取得を目指したり、インプラント等の技術を学んだりします。ですが、それらとて正式な訓練のプログラムがある訳ではありません。本を読むだけでは技術は身につきません。料理人と同じで、先輩の歯科医師の所に勤めて、見習いから修行する必要があります。しかも、腕の良い歯科医師の下で学ばなければ上手くなりません。技術だけでなく、知識も必須です。海外で新しい技術を学んで帰る歯科医師や、勉強会や研究会に出席して自己研鑽【けんさん】を続ける歯科医師がいる一方、観光気分で学会に行く人もいるのが実情です。歯科医師の腕は経験にも左右されます。一概には言えませんが、多くの歯科医師が「若い歯科医師より、年配者の方が安心出来る」と言います。「若くてかっこいいから」と言った理由で歯科医師を選んでいると、良くない結果にならないとも限らないのです。若くても、経験豊かな指導医のもとで学んでいるかどうか、見極める必要があるでしょう。個々の歯科医師の腕は、歯科技工士が良く知っているとも言われます。歯科技工士によっては、歯型を見れば、腕前を予測する事が出来る人もいる様です。下手な歯科医師だと、被せ物(補綴【ほてつ】物)と歯の間に隙間が出来たり、簡単に取れてしまったりします。逆に上手な歯科医師は、目で見えない所も正確に削り込んできます。歯科技工士に聞けば、どの歯科医師の腕が良いのか、わかる場合もあります。とは言え、歯科技工士の知り合いがいる人は少ないでしょう。一般の患者が歯科医師の実力を判断するすべは、今の所はほとんどありません。米国で歯科医師になるには、一般の大学を卒業した後、4年制のデンタルスクール(歯学部)に入らなくてはなりません。デンタルスクールでは後半2年間、実際の患者を治療して腕を磨きます。更に、各州で実施される歯科医師免許試験では、実際の患者を治療する実技試験も採り入れられています。しかも、歯科医師免許は2年ごとの更新制で、歯科医師を続けるためには所定時間の講習を受け続けなければなりません。つまり、国民に一定以上の質の歯科医療を保証するため、様々な制度を設けているのです。日本では、何処にどんな知識や技術をもっている歯科医師がいるのか、ほとんどわかりません。歯科医師の質を保証する公的な制度もありません。患者が安心して歯科治療にかかれる仕組みづくりが必要なのではないでしょうか。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯科治療費で後悔したくない!

事前に説明を受け見積もりを出してもらい納得した上で治療を行いましょう。治療費について後悔しない為に大切な事は、「事前に話し合い」と「見積もりを出してもらう事」であると、あつみ歯科医院では考えています。どんな治療の選択肢があるのか、保険診療でどこまでできて、自費診療になるのはどこからなのか。又、それぞれの利点と欠点は何か等、事前にキチンと聞いておく事が必要です。「歯科治療にどこまで求めるのか」と言う、自分のニーズを把握しておく事も重要です。痛みが取れて、日常生活に支障がなければ良いのか、真っ白で美しい歯にしたいのか。自分の求める治療を理解し、その治療にかかる費用の相場を知った上で、見積もりを出してもらいましょう。自費診療をすすめる理由もあります。「自費診療ばかりすすめられている気がする」と感じる患者も多いようですが、すべてが利己主義で進めているわけではないかもしれません。自分の持つ専門知識や優れた治療技術で、患者さんにより良い治療を提供したいと言う気持ちでいる歯科医師は多いはずです。自費診療では、保険の制度に縛られる事なく、患者さんに最適と思う治療を選択する事が出来るので、「どうせなら良いものを」と勧められるでしょう。ただし現状は、安易に利益を求めて勧めるケースも皆無ではなく、患者側の経済的事情もあります。日本は皆保険制度なので、基本的な治療は全て保険診療で出来ます。保険内の治療で十分だと思えばそちらを選択し、もし、「入れ歯は良いものを作りたい」「前歯をもっと白くしたい」等、自費になったとしても求めたい治療があるのならば、そちらを選ぶ事もあります。いずれにせよ、後悔しない為には、患者自身が納得して治療法を選択する事が必要です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

東日本大震災の被災者は無料で歯科治療出来ると聞いたのですが?

条件によって無料で診療が受けられる人もいます。被災者は、着の身着のまま非難したケースがほとんどでしょう。避難所での不規則な生活や、歯磨き等が十分に出来ない事で、むし歯歯周病が増加傾向にあると、あつみ歯科医院では考えています。しかし、歯科を受診したくても健康保険証もお金もなく、困っている人もいるはずです。被災者が安心して受診できるように、日本歯科医師会は、東北地方太平洋沖地震及び長野県北部の地震による被災者の医療機関での受診と治療費の負担について、「一部負担金等の免除証明書を提示すれば、被災者は窓口での治療費支払いは不要」としています。保険診療を受ける際には、健康保険証の提示が必要になりますが、被災者のうち、住宅の全半壊、主たる生計維持者の死亡や傷病、行方不明、失職等に該当する人や、原子力発電所の事故による避難指示の対象者等は、加入している医療保険の保健者が発行する、一部負担金等の免除証明書を提示すれば、無料で診察を受ける事が出来ます。詳しくは、日本歯科医師会のホームページ等で確認して下さい。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

納得できない歯科治療費は取り戻せるの?

医療過誤以外では取り戻すのは難しい様です。高額な治療費を支払ったにもかかわらず、治療結果に満足できずに裁判になるケースが、歯科治療でもあります。治療終了後に費用を支払ったと言う事は、治療結果に同意したものと受け止められます。明らかに、医学的に誤った判断がされた場合は、医療過誤【かご】が認められ、治療費の返還を求められる事が出来るケースもあると、あつみ歯科医院では考えています。しかし、「ホワイトニングしたのに、思ったほど白くなっていない」等のケースでは、「白いか白くないか」「美しいか美しくないか」は主観によるもので、人それぞれ判断が異なると考えられる為、支払った治療費を取り戻すのは難しいと言えそうです。治療結果や費用について納得いかない場合、直接その歯科医師に文句を言っても、埒【らち】があかないと言う事もあるかもしれません。どうしても納得いかない場合や、歯科医師に明らかな過失があると考えられる場合は、まず地域の歯科医師会の相談窓口や、消費者センター等で相談してみると良いでしょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯科治療費で追加料金が発生する事はあるの?

矯正歯科の「調整費」や治療計画の変更等で発生する事があります。治療によって、追加料金が発生するケースも無いとは言えません。事前に見積もりを出してもらい、納得して治療を受けたにもかかわらず、「追加料金を請求されて驚いた」と言う人もいるでしょう。これには、幾つかの原因が考えられると、あつみ歯科医院では考えています。例えば矯正歯科の場合、通院の度に基本料金に加えて「調整料」を支払うと言う料金体系になっている事があります。通院回数が増える程、調整料として支払う金額も増える事になるので、これも「追加料金」と考える事ができます。但し、この場合は、事前にキチンと説明を受けていれば、納得する事が出来るでしょう。最初に「70万円位用意しておけば大丈夫でしょう」と言われていたのに、「追加で30万円必要になりました」と言われれば、不信感を抱くのも仕方ないかもしれません。ただ、歯科での治療も医療である以上、状況に応じて治療計画を変更せざるを得ない事もあるはずです。その場合は、歯科医師に「なぜその治療が必要なのか」を聞き、十分な説明を受ける事が必要です。その上で、患者自身が「本当に必要な治療だった」と納得できれば、追加料金を支払っても良いのではないでしょうか。見積もりの段階で確認も必要です。但し、歯科医師の技量に問題があり、追加の治療が必要になったために新たな料金が発生すると言う可能性も無いとは言えません。又、説明を受けても納得できないすぐには時、或いは、キチンとした説明が無い場合等は、すぐには治療費を払わず、セカンドオピニオンを求めるのも一案です。このようなトラブル予防の為にも、治療前の見積もりを出してもらう段階で、「追加料金が発生する可能性」について確認しておくと安心です。利点と欠点、どちらについてもキチンと説明してくれる歯科医師こそ、良心的と言えるでしょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

«  | ホーム |  »

2020-01

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR