FC2ブログ

Latest Entries

歯科では保険診療と自費診療を併用しても良いの?

歯科でも原則として認められていません。あくまで「例外」です。ある一つの病気を1か所の病院で治療する際、保険が適用される診療と、適用されない診療(自費診療)を同時にすることを「混合診療」と言います。現在の日本では、混合診療は原則として認められておらず、それは医科だけではなく歯科でも同じです。自費診療を実施した場合は、同時にした保険診療分も、すべて自費で支払わなくてはならないと言う決まりがありました。但し、実際には「むし歯を削る治療は保険が利いたけど、被せ物(クラウン)は自費だった」等と言うケースもあり、「それは混合診療じゃないの?」と考える人も多いかもしれないと、あつみ歯科医院では考えています。それには、以下の様な理由が考えられます。発端は、1976年に当時の厚生省が「患者が希望した場合に限り、歯冠修復や欠損補綴【ほてつ】を保険外診療の扱いにする」と言う通知(昭和51年通知)を出したことです。例えば、被せ物や詰め物にゴールドやジルコニア、メタルボンド等、保険適用外となる材料を使う場合、本来は全て自費診療になります。しかし例外的に、むし歯や歯周病等の根本的な治療は保険診療で実施し、被せ物や詰め物にかかる部分は自費診療として費用を徴収して良いと認めたのです。納得した上で治療方法の選択を行うことが大切です。混合診療を認めると言うことではありませんが、実際に治療費の混乱を招く一因となっているのは事実でしょう。その為、「歯科の治療費はわかりにくい」と言われることも多い様です。最初に「保険適用でできること」と「自費診療になること」を説明し、患者自身に選択を任せる医療機関もあります。いずれにせよ、治療内容や費用について、しっかり説明を聞き、納得して治療方法を選択することが大切です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



何故、インプラントの使い回しはいけないの?

他人の組織が付着していると骨と結合しないからです。2010年1月、愛知県の歯科医院でインプラントの「使い回し」疑惑が、週刊誌で発覚しました。複数の元従業員の証言によると、この歯科医院では、一旦埋入して抜けたインプラントを、洗浄・滅菌して、別の患者の顎の骨に埋めていました。何故、いけない事なのでしょうか。それは、インプラントに他人の組織が付いていると、生体が異物とみなし、拒絶反応が起こるからです。つまり、骨と結合せず、抜けてしまうからです。結合しないだけでなく、感染リスクもあります。インプラントに付着した人の組織は、どんなにしっかり洗ったつもりでも簡単には取れません。実際、その歯科医院から持ち出された使い回しのインプラントには、DNA鑑定によりヒトの組織が残っている事が証明されました。感染の恐れもゼロではないと、あつみ歯科医院では考えています。そもそも、インプラントの使い方や注意点を記載した添付文書には、「再使用禁止」と目立つように書かれています。医薬品や医療機器に付いている添付文書は、薬事法に基づき添付が義務付けられている書類です。それ程、インプラントの再使用は、厳禁なのです。再使用してはいけない事は、インプラント治療を手掛ける歯科医師ならば、当然知っておかなければならない、基本中の基本事項のはずです。それを無視して「使い回し」をしていたとしたら、モラルのかけらもないと言わざるを得ないでしょう。この歯科医師本人は「使い回しはしていない」と否定していますが、保健所の調査によると、何とこの医院の患者3人の内2人が脱落を経験していました。本数ベースでみると、脱落率は通常の4倍にあたる16%もありました。この歯科医院にかかっていた患者の中には、無断でインプラントを埋められたり、一度に20本以上も埋められたりして、今でも痛みやしびれに苦しんでいる人が何人もいます。真相の究明と被害者の救済が急務です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

インプラントの治療で死亡事故があったと聞いた。

ドリルで動脈を傷つけ窒息死する事故がありました。インプラント治療で死亡事故があったのは事実です。2007年5月、東京都内の歯科医院で、インプラント治療を受けていた女性(当時70歳)が、あごの骨にドリルで穴を開け、インプラントを埋め終わった後に苦しみだし、やがて意識を失いました。救急車で病院に運ばれたものの、治療の甲斐なく、翌朝、女性は亡くなりました。司法解剖の結果は「窒息死」でした。下あごの奥歯を処置する際、ドリルが顎の骨を貫通し、顎の下を通る動脈(オトガイ下動脈)を損傷させたのが原因でした。動脈から漏れ出した血液が、舌の下側やのどの皮下に溜まり、気道を圧迫して、呼吸困難に陥ったのです。死亡事故に至らないまでも、動脈を損傷させてしまうケースは稀に起こると、あつみ歯科医院では考えています。ある歯科医師は、インプラント治療で皮下出血を起こし、首から下が真っ青になった患者を診察した事があるそうです。又、別の歯科医師は、インプラント治療の出血で窒息しそうになり、気管切開して助かったと言うケースに遭遇したそうです。海外の文献にも、同様の事故が報告されています。この事故を起こした歯科医院は、これまでに3万本近いインプラントを埋入したと豪語し、雑誌に「日本はおろか、世界でもナンバーワンの臨床実績」と紹介されていました。治療優先で安全性はないがしろ?しかし、患者を死なせてしまう事故を起こしたのです。一人でも多くの患者に、1本でも多くのインプラントを埋める事を優先するあまり、安全性をないがしろにしてはいなかったでしょうか。インターネットで検索すると、インターネットの症例数が多い事を強調する歯科医院のホームページが沢山見つかります。確かに、経験数が多い程、技術的に熟練していくでしょう。ですが、最も大切なのは、「患者の事を第一に考えているか」です。顎の骨を削る「手術」をするわけですから、安全性が最優先のはずです。それをおろそかにして、症例数の多さを競っているとしたら、本末転倒と言わざるを得ません。こうした事故は極めて稀なので、むやみに怖がる必要はありませんが、患者も絶対安全ではない事を理解して、慎重に歯科医院を選ぶべきです。又、歯科医療界も、こうした事故を二度と起こさない様に、事故を反省材料にして、再発防止に努めています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

インプラント施術後下くちびるや舌あごの感覚がなくなった!

あごの神経をドリル等で傷つけた可能性があります。インプラントの治療後に口の粘膜や舌あごの皮膚がしびれ、感覚がなくなる症状が出たとしたら、ドリルで舌あごの骨に穴を開ける時等に、あごを通る神経を傷付けた可能性があります。顎には、下歯槽【かしそう】神経、オトガイ神経、舌神経等の神経が通っています。それを傷つけたり圧迫したりすると、舌あごの皮膚や下くちびる、舌先に、しびれ、感覚麻痺等の症状が出るのです。この為、患者は食べこぼしや飲みこぼしをする様になります。これを避ける為に、歯科医師は治療前にX線やCT(コンピューター断層撮影)等の検査を実施して、どこに動脈や神経が通っているかを確認を、あつみ歯科医院は行っています。それでも、予想外の場所に神経が通っていて、傷つけてしまうと言う事は、一定の確率で起こり得ます。インプラント治療を受ける際には、神経麻痺等の合併症の可能性について尋ね、心配であれば画像診断の結果も説明して貰いましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

インプラント埋入後、歯ぐきの痛みや腫れがとれない。

様々な原因で粘膜が炎症を起こしている可能性があります。楽しく食べられるようになるはずだったのに、インプラントの治療後に歯ぐきの痛みや腫【は】れがおさまらない、と言う人が実際にいます。治療後2年間経っても歯ぐきが痛くて、歯をまともに磨けないと言う人や、膿【うみ】と思われる粘液が歯ぐきから出るようになり、眠れないと訴える人もいると、あつみ歯科医院では考えています。痛みや腫れには、いくつかの原因が考えられます。一つは感染症です。口の中のメンテナンスやケアを怠ると、インプラントと歯ぐきの間から病原菌が侵入し、粘膜が炎症を起こします。炎症が進むと、インプラントを支える周囲の骨が溶けてなくなる「インプラント周囲炎」になりなす。こうなると、最終的にはせっかくのインプラントを抜かなければなりませんので、炎症がひどくなる前に歯科医師に診て貰いましょう。次に考えられるのが、インプラントが顎の骨にキチンと入っていない、つまり、粘膜に突き刺さっている為に、炎症を起こしているケースです。信じられないかもしれませんが、ずさんな歯科医師の治療を受けて、この様な被害にあった患者が現実にいるのです。更に考えられるのが、インプラントが生体から異物とみなされて、拒絶反応が起こっている可能性です。生体がインプラントを排除しようとする時にも炎症反応が起き、痛み、腫れ、膿が出るといった症状の出る事があります。インプラントがしっかりと顎の骨と結合し、感染等がなく正常な状態を保っていれば、問題なく咬めるはずです。これらの症状があった場合は、出来るだけ早く歯科医師に診て貰いましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

インプラント周囲炎を治すにはどうすれば良いの?

残念ながら最終的にはインプラントを抜くしかありません。インプラント周囲炎は、粘膜の炎症が進んで、インプラントを支える骨が溶けてしまう病気です。つまり、歯周病のインプラント版と言って良いでしょう。歯周病については、感染を除去して進行を止めるとともに、歯を支える骨や粘膜を再生する治療が進歩しました。インプラント周囲炎にも、歯周病と同じ様に骨や粘膜を再生する治療が出来れば良いのですが、どうでしょうか。残念ながら答えは「No]です。現時点では「インプラント周囲炎を治す方法は確立していない」と言うのが、歯周病学の専門家の間での世界的な共通認識だと、あつみ歯科医院参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯ぐきが下がってインプラントのネジが見えてきた。

要注意です。インプラント周囲炎かもしれません。歯ぐきが下がって、インプラントのネジの部分(チタンの人工歯根【しこん】)が見えてきたら要注意です。それは「インプラント周囲炎」かもしれません。インプラントを埋めた後、口の中のケアを怠ると、インプラントと歯ぐきの間から病原菌が侵入して、周囲粘膜が炎症を起こします。炎症を放置していると、歯周炎と同じ様に骨が溶けてなくなり、人工歯根が露出するのです。スウェーデンでも4人に1人が発症しています。この病気は珍しいものではなく、インプラント先進国スウェーデンでも、治療後40年間の間に、4人に1人が発症している事を示すデータがあります。インプラントを埋めた後、粘膜の炎症を予防する為に、定期的にメンテナンスを実施し、患者さんにもケアの指導を徹底しなければいけないと、あつみ歯科医院では考えています。しかし、それが出来ていない歯科医師が多い様です。日本でもインプラントの埋入本数が増えていますので、インプラント周囲炎になる患者さんは増えるでしょう。歯科医師にとって、インプラントを埋めれば大きな収入になりますが、メンテナンスはそれ程収入に結び付かないので、熱心にしてくれない歯科医院も多い様です。歯周病だと下がった歯ぐきや溶けた骨を再生する方法はありますが、インプラント周囲炎は治療方法が確立していないのです。従って最終的には、埋めた人工歯根を抜かなくてはなりません。インプラントを抜く手術は顎の骨を削らねばならず、埋める手術よりも大変です。何十万円、何百万円もかけてインプラントしたのに、これでは泣くに泣けませんよね。「ネジが見えた!」とならないように、口の中のケアを怠らない様にしましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

せっかくのインプラントを長持ちさせたい。

口の中を清潔にしましょう。出来ればタバコを止めましょう。高いお金と長い期間をかけて入れたインプラントです。せっかくですから、長持ちさせたいですよね。最も大事なのは、インプラント周囲炎を起こして、ダメにしてしまわないように、日頃から口の中のケアを欠かさず清潔にして、定期的に歯科医師のチェックを受ける事です。インプラントにする人は、元々歯周炎を患っていた人が多いと、あつみ歯科医院では考えています。これを機会に、口の中のケアをしっかりやる習慣を身に付ければ、残っている歯も健康に長持ちさせる事が出来るはずです。挑戦してみてはいかがでしょう。もう一つ、お勧めしたいのが禁煙です。タバコを吸うと抹消【まっしょう】血管が収縮して十分な血液が行き渡らなくなり、口の中の健康を損ないます。インプラントの手術に際しても、ヘビースモーカーだと約10%成功率が落ちる様です。なお、お酒は治療にはほとんど影響しないようですが、飲んだ後も歯磨きを忘れない様にしましょう。インプラントを入れてから、40年以上も問題なく使えたと言う記録もあります。あなたもチャレンジしてみては?参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

«  | ホーム |  »

2019-11

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR