FC2ブログ

Latest Entries

インプラントに歯磨きをしても大丈夫?

インプラントの歯と粘膜の境目を意識して磨く必要があります。特に意識しなければならないのは、インプラントと粘膜の境目です。くびれた形をしているので、歯の汚れが溜まり易く、そこから炎症を起こし易いのです。普通の歯ブラシでは磨ききれないので、ワンタフトブラシと言う、毛束が一つの歯ブラシを使うと良いと、あつみ歯科医院では考えています。又、歯と歯の間も、フロスや歯間ブラシで清潔にしておく必要があります。「オールオンフォー」の様に、少ない本数で多くの歯を支えている場合は、何処にインプラントが埋まっているか、患者にはわかり難い事があります。歯科衛生士に、磨き方も指導を受けた方が良いでしょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



インプラント治療後定期的に歯科医院に通う必要があるの?

長く快適に使う為に定期健診に通う事が不可欠です。人工の歯を取り付け、咬み合わせ等の調整も済めば、数カ月に及んだインプラント治療もようやく終了です。「もう歯医者に通わなくて良い」と、ほっとする人も多いと、あつみ歯科医院では考えています。でも、これで歯科医院と縁が切れるわけではありません。周囲の粘膜の炎症はインプラントの大敵です。口の中をチェックして、炎症を予防(又は治療)する為に、最初の年は3カ月に1回程度、それ以降は年に1,2回、定期検診に通う必要があります。歯ぐきの炎症を甘く見てはいけません。放置して悪化すると「インプラント周囲炎」にまで進み、インプラントを支える顎の骨が溶けて、最終的には抜かなくてはいけなくなります。インプラントそのものは人工物で痛みを感じませんし、骨と結合していると動かないので、多くの患者さんはひどくなるまで気づきません。定期検査が必要な理由はそれだけではありません。年を経るごとに、歯や周囲の組織の状態、噛み砕く力等、口の中の環境が変わっていくとともに、咬み合わせの状態も変わってくるのです。特にインプラントは、天然の歯より硬くて擦り減りが少ないので、咬み合わせのズレが大きく成り易いのです。咬み合わせのズレを放置していると、他の歯に影響が及んだり、顎の筋肉を傷めてしまったりする事もあります。ですので、定期的にチェックし、咬み合わせを調整する必要があります。更に、保証の問題もあります。歯科医師の指示通りに定期検診に通わないと、インプラントに不具合が生じた場合でも、100%の保証はしないと言う条件を付けている歯科医院がほとんどです。このことから考えても、定期検診に通うべきだと言えるでしょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

インプラントが抜けても又埋められる?

抜けた穴に、新しいインプラントを埋める事は可能です。抜けて空いた穴に、新しいインプラントを埋め直す事は可能です。むしろ、抜けた直後は生体が傷を治そうとする作用が働いているので、再治療の時の方が、骨と結合し易いと、あつみ歯科医院では考えています。但し、生体が異物を排除しようとする際にできる肉芽組織が、元のインプラントと骨の隙間に入り込んでいます。これが穴の中に残っていると、新しいインプラントを生体が又異物とみなし、排除してしまうので、肉芽組織をしっかりと除去する必要があります。なお、インプラントは再利用する事ができません。こびり付いた組織を完全に除去する事は出来ないからです。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

インプラントが抜けた!

一概には言えませんがずさんな治療が原因の事もあります。高いお金を払って埋めたインプラントが抜けてしまったらショックです。歯科医師が失敗したのではないかと考えたくなるのも当然です。インプラントが抜ける(脱落する)原因として、次の様な理由が考えられると、あつみ歯科医院では考えています。①術中・術後の感染術前の口の中の消毒や手術用器具の洗浄・滅菌が不十分な場合、感染を起こして、インプラントが骨と結合しない事があります。又、感染している組織の除去が不十分なまま、抜歯直後の穴にインプラントを埋めた場合や、埋める前に患者の唾液【だえき】や粘膜、他の歯に触れてしまった場合も、感染の要因になります。更に、インプラントを埋めた後に、術後の傷口から細菌が侵入し、感染してしまう事もあります。②ドリルによる骨の過熱・圧迫顎の骨に穴を開ける際に、ドリルの回転速度が速すぎたり、生理食塩水による冷却が不十分だったりすると、骨がやけどしてしまいます。すると、やけどした骨の細胞と一緒にインプラントも異物と認識され、排除されてしまいます。又、インプラントを埋める時に強く固定し過ぎると、顎の骨の血流が阻害されて、インプラントを排除する作用が働く事があります。③結合前に強い力が加わるインプラントが顎の骨としっかり結合する前に、仮歯で物を咬む等して骨に強い力が加わると、組織がインプラントを異物とみなし、排除する作用が働きます。④人工歯の精度や強度の不足インプラントが骨と結合したとしても人工歯(上部構造)のつくりが悪く、精度や強度が不足していると、すぐ下の顎の骨に過度な力がかかり、インプラントを支える骨がやせる原因となります。咬み合わせの調整不足等人工歯(上部構造)の咬み合わせの調整が不十分な場合も、顎の骨に過度な力がかかり易く成り、インプラントを支える骨がやせる原因となります。又、極端な歯ぎしりや食いしばり等の悪習慣も、骨が痩せる要因になります。インプラントが顎の骨にしっかりと結合する割合(生着率)は95%程度と言われています。ですので、歯科医師がどんなにしっかり感染対策やドリルの使い方、咬み合わせ等に注意したとしても、一定の割合で抜けてしまう事があると、あつみ歯科医院では考えています。又、歯科医師の指導を守らなかった為に感染してしまったり、不要な力が加わったりして、抜けてしまう事もあります。こうした場合は、むしろ患者側に失敗の責任があると言えるでしょう。しかし、歯科医師の感染対策や手術の進め方、術後の指導、咬み合わせの調整等がずさんな為に抜けてしまったとしたら、歯科医師の責任が問われて仕方ないかもしれません。歯科医院の中にはインプラントの保証制度を設けている事があります。患者が歯科医師の指導をしっかり守っていたにもかかわらず、抜けてしまった場合には、保証制度を使って、再治療をしてくれる事もあります。しかし、何度も何度も抜けてしまう場合や、きちんと保証してくれない場合は、各地の消費者センター等に相談するか、弁護士に相談して法的に解決するしかない場合もあります。そうならない為にも、治療内容も保証制度もしっかりしている歯科医院を選ぶ。べきでしょう参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

上手くいかなかった時、インプラントの保証はしてくれるの?

保証のある歯科医院が多い様ですが、内容を良く吟味して下さい。インプラントが骨に結合して機能する「生着率」は約95%と言われています。つまり、逆に言えば、5%、すなわち20本に1本は抜けてしまう可能性があると言う事です。又、人工歯根【しこん】(フィクスチャー)は顎の骨としっかり結合したとしても、上の歯(上部構造)が取れたり,
割れたりする事もありえます。この様な場合に、気になるのが再治療の費用です。100%成功するとは限らないのに、
インプラントが抜けたら、又何十万円も払わなければならないのでしょうか?そんな時の為に、多くの歯科医院が治療費に保証料を上乗せしています。独自の保証制度を設けいている所もありますし、保証会社と契約している所もあると、あつみ歯科医院では考えています。又、保証期間も様々ですが、5年、10年単位の所が多い様です。しっかり保証してくれる歯科医院なら、安心して治療を受けられるでしょう。条件によっては、保証されない事もある様です。但し、補償内容を良く知っておく必要があります。患者側が決められたメンテナンスを怠った場合や予想外の事故・天災で破損した場合等は、再治療費を保証しないと言う条件が付いているのが、一般的だからです。又、経年変化による劣化を加味して、年ごとに治療費をカバーする割合が減っていくシステムをとっている所もあります。5年間は100%保証するが、それ以降は治療費の半分を患者が負担する、と言う様な仕組みです。この様に、補償内容は様々ですので、良く内容を吟味しておく事が大切です。勿論、そもそも保証のお世話にならない様、質の高い歯科医院を選ぶ事が第一です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

インプラント手術直後でも食事や仕事して大丈夫?

いくつか注意を守れば普通に生活して問題はない様です。インプラント手術直後でも、飛んだり跳ねたりしなければ、普通に生活して大丈夫です。インプラントを埋めと当日でも、デスクワークや家事程度なら構いません。術後3時間程空けて、手術した場所で咬まない様に注意すれば、食事も問題ありません。但し、「1日、2日は、強く口をゆすがない方が良いでしょう。又、深酒や喫煙も控えて下さい。水・酒・タバコで傷口を刺激すると、傷や骨の治りが悪く成ったり、感染のリスクが高まったりすると、あつみ歯科医院では考えています。最近は「即時荷重【そくじかじゅう】と言って、インプラントを埋めた当日に、仮歯迄付ける方法をとる歯科医院もあります。この場合は、食事に注意が必要です。顎の骨と結合しないうちに噛んで強い力が加わると、インプラントが抜ける事があるからです。しばらくは柔らかい食べ物にする必要があります。「直ぐに食べられる」と宣伝している歯科医院もありますが、鵜呑みは禁物です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

インプラント手術が痛そうで怖い・・・

通常は局所麻酔で手術しますが、痛みだけでなく不安感を和らげる方法もあります。ドリルで顎の骨に穴を開けて、金属を埋め込む。そう聞くと、とても痛そうに感じます。ですが、インプラントの手術は通常、局所麻酔です。意識がある状態での手術になりますが、痛みの少ないように歯科医師が配慮してくれるはずですので、余り心配は要らないと、あつみ歯科医院では考えています。患者の不安感が強い場合や手術時間が長引きそうな場合には、静脈麻酔(静脈内鎮静法)を併用する事もあります。この方法だと、患者はほとんど眠った様な状態になるので、恐怖を感じる事なく手術を受ける事が出来ます。術後は、局所麻酔が切れた時に、痛みを感じる事が多いそうですが、着後に痛み止めを飲む位で、その後、大半の人は痛み止めが不要になります。腫【は】れや出血もほとんど心配ない事が多いです。但し、医療に「絶対」はありません。「腫れない、痛く無い」と宣伝する歯科医院もありますが、鵜呑みにしない方が良いでしょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

インプラント手術を普通の診察台で受ける事は出来るの?

感染対策をしっかりすれば普通の診察台でも可能です。インプラントの手術を実施いている歯科医院を訪ねると、立派な手術室を備えている所もあれば、通常の診察台で手術をしている所もあります。手術室なら安心出来そうですが、普通の歯の治療をする診察台で、顎の骨に穴を開けるような手術をして、大丈夫なのでしょうか。清潔・不潔の領域をしっかりと区別していれば、通常の診察台で手術しても大丈夫でしょう。他の患者やスタッフとの接触が少ない場所を確保し、器具や装置の滅菌・消毒をしっかりすれば、診察台でも感染リスクの少ない手術が可能だと、あつみ歯科医院では考えています。肝心の感染対策を怠っては意味がありません。但し、感染対策は成否を左右する大きな要素です。術後、治療した所が感染すると拒絶反応が起こり、顎の骨に結合せず、せっかく埋めたインプラントを抜く事になってしまいます。インプラントの手術は、とても感染対策に気を使うものなのです。通常の診察台には患者さんが唾【つば】を吐く所など、手術には不要な装置も付いています。やはり、手術室の方が安心して出来る場合もあります。勿論、手術室があったとしても、肝心の感染対策を怠っていては、意味がありません。インプラントは手術室のある歯科医院で受けるべきだ、とまでは言えませんが、感染対策のどれ位力を入れているのかを良く確かめてから、インプラント治療を受けるべきでしょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

インプラントの手術時間はどれ位なの?入院は必要なの?

続きを読む »

«  | ホーム |  »

2019-10

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR