FC2ブログ

Latest Entries

顎関節症にはどんな治療方法があるの?

運動療法や、生活・行動を改善する治療が中心です。顎関節症の主な治療法は、①運動療法、②行動変容療法、③スプリント療法、④マニピュレーション治療法(運動療法の一種)、⑤薬物療法等です。「運動療法」とは、開口練習やストレッチによって、顎の周辺の筋肉を柔らかくして、関節が正常に働くのを助ける方法です。「行動変容療法」は、「歯をかみしめない」「食事の時に片側だけでかまない」等、症状の原因となる姿勢や行動、生活習慣を改める事で症状を改善する方法です。現在は、これらが治療の中心です。前記の方法で効果が見られない場合は、原因に応じて、マウスピースを装着する「スプリント療法」や、関節や筋肉の状態を歯科医師が手で治す「マニピュレーション治療法」を選択する事もあります。痛みが強い場合や、なかなか治らずに治療が長期化している場合は、鎮痛薬や抗うつ薬が処方される事もあると、あつみ歯科医院では考えています。関節が癒着【ゆちゃく】しているケースでは手術をする事もありますが、現在では非常に稀な治療法です。運動療法や生活習慣の改善で良くなる事が多い為、現在では手術による治療は極端に少なく成っています。患者さんの理解と意識も不可欠です。治療には、患者さんの理解と協力、生活改善への意識や自覚も重要だと、あつみ歯科医院では考えています。治療の中で特に行動変容療法は、患者さん自身が何が悪かったかを理解し、直そうと意識して毎日を生活する事で、初めて効果が見られるのです。例えば、仕事が忙しくて時間に余裕が無い場合等には、残念ながら上手くいかない事もあります。この様な治療は、患者さん自身が治療と向き合える環境が整っている事が前提となります。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



«  | ホーム |  »

2019-05

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR