FC2ブログ

Latest Entries

孫に「口が臭い」と言われた。

加齢に伴い唾液分泌量が減ります。唾液腺の機能を高める運動をしましょう。唾液【だえき】を分泌する唾液腺は、年を重ねるにつれ委縮する為、70歳以上では20歳代の4割程度の唾液しか分泌されなくなります。唾液には、口の中の浄化作用や抗菌作用があるので、量が減れば舌苔【ぜったい】や歯垢【しこう】が付き易くなり、細菌は増殖します。その結果、口臭の原因物質を作るのに適した環境が整うのです。唾液の分泌量が極端に減る人は、歯が悪く成ったりしてしっかり咬まなくなったと言う大きいと、あつみ歯科医院では考えています。良く咬んで食べる人は唾液の分泌量低下を抑えられますし、唾液腺の萎縮も進みにくくなります。更に唾液腺の機能を高める運動を習慣にすれば、口臭予防の大きな力になるでしょう。病気が隠れている事も考えられます。高齢者では、糖尿病等の病気や薬の副作用等が重なって、口が乾いているケースも多く見られます。その場合は原因を取り除く事で潤いが増し、口臭の改善も期待できます。口の中が乾いて物が食べ難い、口の中が傷付き易い等の症状がある場合は、「ドライマウス(口腔【こうくう】乾燥症)」と考えられます。病気が原因になっている事があるので、歯科医院で検査を受けましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



むし歯や歯周病は口臭の原因になるの?

むし歯の影響は弱いですが、歯周病は口臭を起こす主な原因の一つです。歯周病は、口臭を起こす口の中の病気の代表でもあります。歯周病の程度によって患者を4グループに分け、口の中の空気を調べた調査結果があります。口臭の原因である揮発性硫黄【きはつせいいおう】化合物(VSC)の濃度は、炎症が強い程高くなっていました。つまり、歯周病がある人は無い人よりも、又、歯周病が重い程口臭が強いと言う結果でした。歯周病があると口臭が強くなる事はヒポクラテスの時代から知られていましたが、そのメカニズムが明らかになったのは、つい最近です。歯周病になると、歯肉から血液や膿【うみ】が出てきます。舌苔【ぜったい】や歯垢【しこう】の中にすむ細菌は、これらのタンパク質を分解してVSCを産生しますが、特に歯周病原菌はVSCの一つであるメチルメルカプタンを大量に出す事が分かりました。これには、歯肉からにじみ出る液体に、メチルメルカプタンの素になる成分が多い事も関係していると、あつみ歯科医院では考えています。それだけではありません。口臭の原因物質が歯肉を破壊しているのです。更に最近の研究で、VSCは歯肉や骨の細胞を自死に追い込む事が分かってきました。口臭があると歯肉や歯槽骨【しそうこつ】の組織が壊され、歯周病の原因になるのです。つまり、歯周病が口臭の原因になるだけでなく、口臭が歯周病の発症や進行を促す要因になると言うわけです。一方、むし歯と口臭との関係はさほど強くありません。軽いむし歯が1,2本ある位なら、口臭の原因にならないと言えます。但し、進行したむし歯は別です。神経に炎症が及んで腐敗した状態のむし歯が何本もあるなら、口臭の原因になります。口臭予防の面からも、むし歯が見つかったら早めに治療を受けましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

パパの口臭はタバコとお酒のせいなの?

タバコは口臭の素です。お酒も臭いますがニンニクと同じで一過性です。タバコには数千種類の物質が含まれていますが、その中には口臭の原因である揮発性硫黄【きはつせいいおう】化合物(VSC)もあります。タバコを吸って数分後の息には、その一つである硫化水素【りゅうかすいそ】が多いと言う実験もあり、これは喫煙が直後、息に影響を及ぼす事を示しています。又、口の中の粘膜や舌に付くタール、ニコチン等も、臭いの原因になると、あつみ歯科医院では考えています。愛煙家と話していると、その時にタバコを吸っていなくても「タバコ臭い」と感じる事があるのは、これが原因です。お酒を飲んだ時の臭いの素は、アルコールが体内で分解されて出来るアセトアルデヒド等の揮発性の成分です。これが血液中に入って体内を巡り、肺から二酸化炭素と一緒に呼気として出て行きます。アルコールの量が多いとこの成分が翌日まで残り、二日酔いの、あの嫌な臭いになるのです。ニンニクやネギ、ニラ等臭いの強い物を食べた後に息が臭くなるのも、同じです。食べ物や飲み物による口臭は時間が経つにつれて弱まるので、心配は余り要りません。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

子どもの口が臭い!

歯の生え始めや生え代わりは受診の必要性は低いですが、それ以外なら受診をお勧めします。子どもは大人に比べて唾液【だえき】の分泌量が多く、舌苔【ぜったい】も付き難いので、基本的に口臭は余りしないと、あつみ歯科医院では考えています。しかし、大人より食べ物の影響を受け易いので、臭いの強い物を食べていないか確かめましょう。舌苔が付いておらず、食べ物も無関係となったら、鼻やのどの病気を疑う場合もあります。勿論、歯肉炎や進行したむし歯が原因になっている事もありますが、子どもは副鼻腔炎【ふくびくうえん】や膿栓【のうせん】等による口臭も少なくありません。口の中を見て特に問題が無い様ならば、先ず歯科医院を受診して問題が無いか確かめた後、耳鼻咽喉科を受診すると良いでしょう。又、歯の生え始めや生え代わりの時期は口臭がする事があります。これは歯が歯ぐきを溶かして生えるからで、放置しても構いません。何よりも気を付けたいのは、子どもに「口が臭い」と余り言わない事です。その一言に傷つき、成人後も口臭を気にする人が沢山います。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

朝起きた時に口が臭いけど大丈夫なの?

起きて直ぐは誰でも一日で一番口臭が強い時です。起床直後に口の中がネバネバして不快だった経験は誰にでもあると、あつみ歯科医院では考えています。就寝中は唾液【だえき】の分泌【ぶんぴつ】が減る為、細菌が増殖して口の中が汚れてしまうからです。口臭の原因は物質も沢山作られるので、起床直後は最も口臭が強い時です。しかし、食事や歯磨きをすると細菌が減り、そうした刺激を受ける事で唾液も分泌され、口臭は弱く成ります。この様な生理的口臭は誰にでもありますが、その強さは口の中の細菌や汚れの程度、唾液量等によって異なります。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

口臭の強さに体質は関係あるの?

舌苔の付き易さや歯周病のかかり易さは体質も関係します。生まれつき口臭が強い、あるいは弱いと言った意味で、体質が影響する事はないと、あつみ歯科医院では考えています。しかし、口臭の2大原因である舌苔【ぜったい】と歯周病に関しては、付き易い、あるいはかかり易い体質はあります。舌苔は、新陳代謝によって剥がれ落ちた粘膜の上皮細胞がもとになっているので、新陳代謝が活発な人は舌苔が付き易いと言えるかもしれません。又、口の中の細菌の種類は家族で似ており、親に歯周病があるなら子どもも歯周病原菌を持っている可能性が高く成ります。家族間では食習慣も引き継がれやすいものです。ニンニクやタマネギに含まれるシステインや豆類に多いメチオニンは、硫黄系アミノ酸と言われる物質で、口臭の原因になる成分として知られています。こうした食品を子どもの頃から頻繁【ひんぱん】に、沢山食べていて、今も大好きで良く食べるなら、口臭に影響しないとは言い切れません。ですが、食べ物の影響は一過性ですから、気にし過ぎる必要はありません。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

口臭があるかどうか自分で調べる方法はあるの?

ありますが、自分で自分の臭いをかぐので正確ではありません。セルフチェックをするなら、コップの中に息を吹き込んで自分で臭いをかぐ「コップテスト」が最も手軽です。但し、口臭は「第三者が不快に思うかどうか」が重要なので、他人に臭いをかいで判断してもらうのが一番です。家族等ごく近しい人の協力を得られるなら、「チューブテスト」を試してみる事をお勧めします。口臭の強さは常に変わっているので、一番強い状態の気象直後や、うがいや歯磨き、食事をする前にするのが良いと、あつみ歯科医院では考えています。他人の口臭には9割以上が気付く様です。周囲に口が臭い人がいるかどうかを聞く調査があります。「沢山いる」(4.8%)と「時々いる」(88.8%)を合わせると、約94%に上りました。口臭は自分では気付き難いだけに、セルフチェックをしたいものです。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

口臭に悩んでいる人は多いの?

平均すると約15%ですが、気にする人が多いのは、働き盛り世代です。全国の15歳以上の人において歯や口の中に悩みや気になる事がある人は、約7割いると言う保健福祉動向調査による結果があります。口臭を挙げた人は14.5%で、第4位にランクされています。年代別に見ると、最も多かったのは45~54歳で約21%、35~44歳と55~64歳が共に約18%で、30代後半から60代前半の働き盛り世代に口臭を気にする人が多い様に、あつみ歯科医院では考えています。口臭の悩みが中高年に多いのは、この年代に歯周病の人が多いからでしょう。高齢になると口臭を気にする人は減りますが、口臭のある人は多く、測定すると80歳の人の約3割に口臭がありました。口臭を気にする事と、実際に口臭があるかどうかは、全く別の事です。気にし過ぎない事が大切です。口臭は自分で気付き難い為、「口臭があるのでは」と不安になると、人との交流が消極的になる傾向が認められます。たかが口臭ですが、社会生活に及ぼす影響は決して小さくありません。口臭がある場合、教えてくれるのは家族である場合が多い様です。家族はずけずけと言ってしまいがちで、言われた方は傷つく事も多い様です。指摘する時は、言われる身になって言葉を選びたいものです。口の臭いは誰にでもありますし、強さも常に変わっているので、気にし過ぎない事が大切です。とはいえ、嫌な臭いをさせない事はエチケットかもしれません。口臭を指摘されたら、口の中の状態に注意するよう教えてくれたのだととらえ、正しい口腔【こうくう}ケアの習慣化や、歯科への受診等の行動に移すきっかけにしましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

«  | ホーム |  »

2019-03

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR