FC2ブログ

Latest Entries

海外のホワイトニングキットを使いたい!

濃度の高い物もあるので、自己判断で使用する事はお勧め出来ません。アメリカのドラッグストア等には、日本のホームホワイトニングに相当する薬剤が使われた、セルフホワイトニングの道具が販売されています。こうした市販キットは、歯科でのホワイトニング後の、色の後戻りを抑えるメンテナンス用として使われる事が多いと、あつみ歯科医院では考えています。アメリカで売られている市販キットの中には、かなり濃度の高い薬剤が使われている製品もあります。日本人の歯は欧米人の歯よりも厚みが薄いので、濃度の濃い薬剤を使うと、知覚過敏を起こし易く成ります。又、海外で売られているキットには、酸で歯の表面を少し溶かしてから、過酸化水素で漂白すると言うタイプの物もあります。こうした製品を自己判断で使う事は、お勧め出来ません。メンテナンス用として使用する事が多い様です。歯の表面に汚れがある場合や、自分では気付かないような初期のむし歯がある場合には、ホワイトニングをしても効果が出ず、その部分がまだらになる事もあります。ホワイトニングの薬剤では漂白出来ない事もあります。自分の歯にホワイトニングが出来るのかを確認する意味でも、一度は歯科医師のもとでホワイトニングをして下さい。その上で、どうしても海外市販品を使いたいなら、製品をかかりつけ歯科医師に確認してもらい、メンテナンス用として使った方が良いと、あつみ歯科医院では考えています。日本で市販されているホワイトニング効果をうたった製品には、歯科医院で使われる様なホワイトニング用の薬剤は含まれていません。ですから使用しても、歯の表面の着色汚れを取る程度の効果しか期待出来ません。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



歯を白くした顔の画像をパソコンで事前に見られるの?

最近はやりのバーチャルホワイトニングと言うシステムです。専用の付属カメラで撮影した患者の顔写真をパソコンに取り込み、歯の色調だけ変えてホワイトニング効果を画面上で体験出来るのが、バーチャルホワイトニングです。ホワイトニン後のイメージがつかみ易く、治療に積極的に取り組める等の利点があるので、導入する歯科医院が増えています。しかし「思っていた通りの白さにならない」等、トラブルになる事もあります。バーチャルホワイトニングはあくまで、おおよそのイメージをつかむものと心して利用すると良いと、あつみ歯科医院では考えています。自分の歯が白く成ったら、どんな風になるのかのイメージをつかみたいなら、一時的に歯を白くするマニキュアを利用するのも良い方法かもしれません。自分で希望する歯の白さと言うのは、他人から見ると、「白過ぎる」と感じる事が多いのです。マニキュアで白さを試してみて、家族等周囲の人の意見を聞いてから、効果が持続するホワイトニングを検討するのも良いかもしれません。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

ホワイトニング後、どんなことに気を付ければ良いの?

直後はコーヒー等着色しやすい飲食物を避けましょう。ホワイトニングの直後、最低1時間は絶対にコーヒーや赤ワイン等、着色し易い飲食物は避けて下さい。出来れば24~28時間は、こうした物は口に入れない方が良いと、あつみ歯科医院では考えています。レモン、グレープフルーツ、オレンジ、白ワイン等酸性の物も歯の表面を傷付けるので、直後は控えましょう。但し、こうした嗜好品【しこうひん】は生活を楽しむ為の物です。せっかく治療したのだからと、我慢をし続けると、ストレスが溜まってしまいます。着色し易い飲食物は絶対に食べないのではなく、着色し易い飲食物を取ったら、直ぐに歯磨きをして着色汚れを落とすと考えれば良いでしょう。ホワイトニング後は、その白さを保ちたいと思い、お口のケアに対する意識が高く成ります。ホワイトニングをきっかけに、歯科衛生士から正しいブラッシング法を指導してもらうと良いでしょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

白さはどれ位持つの?

ホームで1~3年。ケアを行えば長持ちします。ホワイトニングの効果は、残念ながら永遠ではありません。どんなに希望する白さに仕上がった人でも、歯の色調が治療前の状態に近づいてしまう、「後戻り」現象が必ず起こります。飲食物等が原因の着色汚れによる後戻りは、ホームホワイトニングのホワイトニング剤を1回再使用するだけで、落とせる事が多いと、あつみ歯科医院では考えています。施術の回数や使用する薬剤の種類によって、後戻りの速度は異なります。オフィスホワイトニングで約半年です。ホームホワイトニングの方が後戻りのスピードは緩やかで、1~3年位と言われています。ホワイトニングの効果がどれ位持続するかは、生活習慣も大きく影響します。歯に色が付く飲食物を避ける人や、毎日の歯磨き等口のケアをキチンとする人の方が、戻り難い様です。又、年月とともに歯の内部でも変化が起こり、歯の色調は濃くなる様です。加齢も、治療後の歯の白さを保てない理由の一つなのです。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

ホワイトニングをしたら色がまだらになると聞いた。

治療途中になる事もありますが、心配はいりません。元々歯は、均等に石灰化しているものではなく、場所によって石灰化が不十分な場所もあります。しかし歯の表面に汚れが付いていたりすると、その差が余り目立ちません。試しに、歯科医院でクリーニングを受けた後等に、自分の歯を鏡で丁寧にチェックしてみて下さい。健康な天然の歯でも、色が均一ではない事が分かるでしょう。普段は余り気にする事のない色ムラですが、ホワイトニングをすると、一時的に石灰化不全の部分が白く目立つ事があると、あつみ歯科医院では考えています。白斑【はくはん】がある場合も同じで、ホワイトニングのごく初期に、部分的に白さが際立って見える事があります。でも10日位すると、色がなじんで来て、その差は余り気にならなくなってくるでしょう。トレーを作り替える場合もあります。ホワイトニングでは、薬剤に反応して歯全体がいっぺんに白く成るのではありません。同じ歯でも、場所によって早く漂白される所、時間がかかる所があるのです。まだらになるのは、その特性を理解しないで途中で止めてしまうからです。治療を続けると、まだらは少なく成り、歯全体が綺麗に漂白されます。装着するトレーが歯にフィットしていないと、薬剤が歯に均等に付かず色ムラが出る事もしばしばあります。こういった場合は、歯科医師に相談してトレーを作り直す等で対処してもらう事もあります。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

ホワイトニングで漂白したら歯が痛まないの?

唾液に含まれるカルシウムで再石灰化されます。歯を薬剤で漂白すると、カルシウムが溶け出して、歯がボロボロになるのではないかと心配になるかもしれません。歯を漂白するとかえって歯の再石灰化を促進するのではないか、漂白によって歯がより丈夫になるのではないか、とあつみ歯科医院では考えています。しかしこれらは、全て抜いた歯で実験されたものです。口の中に生えている歯で、全く同じ効果が得られるとは、断言出来ません。ホワイトニングの薬剤で歯質が致命的なダメージを受けたり、歯の健康に影響する程もろくなったり、と言う心配は少ないでしょう。ホワイトニング剤を使うと、一時的にエナメル質は溶け出すものの、唾液に含まれるカルシウムで再石灰化される程度であると確かめられています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

薬剤が歯や体に悪くないか心配なのですが?

炭酸飲料につけるより歯の損傷は少なく体への害も心配ありません。ホワイトニングで使われる薬剤のうち、過酸化尿素は歯周病の治療で殺菌目的に使用されていたものです。過酸化尿素はオキシドールとして知られている様に、傷の洗浄や殺菌に使われてきました。薬剤の歯への損傷を心配する人もいますが、歯を炭酸飲料につけた時よりも、ホワイトニングの方が損傷は少ないと、あつみ歯科医院では考えています。薬剤を飲み込んでも、薬剤の量が少ない、唾液【だえき】と混ざって薄まる、体内の酵素で分解されるので、心配はありません。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

ホワイトニングをすると知覚過敏になるの?

軽いケースも含めれば半数位が経験しますが直ぐに治まります。むし歯でないのに冷たいものが歯に凍みたり、歯ブラシ等が当たるとキーンとした痛みが走ったりするのが知覚過敏です。エナメル質や象牙質が削れていたり、象牙質に通じる管が露出したりして、神経が刺激を受け易い状態になっていると起こります。程度の差はありますが、ホワイトニングをした患者さんの三分の一から半分位に知覚過敏がでると、あつみ歯科医院では考えています。でもそれは歯の神経にダメージを与えるようなものではありません。大抵の場合、数分~数時間で治まる事が多い様です。知覚過敏の痛みを和らげる薬剤を扱っている歯科医院もあるようです。心配な場合は事前に確認しておくと良いでしょう。治療前のケアで予防・軽減も可能な場合もあります。知覚過敏が心配な人は、ホワイトニング治療の2~3週間前から、知覚過敏用の歯磨き剤を使っておくと良いでしょう。知覚過敏用の歯磨き剤に含まれているフッ素、乳酸アルミニュウム、硝酸カリウム等が、象牙細管を塞いだり、神経の興奮を抑え、予防になるはずです。ホームホワイトニングの途中で知覚過敏になっても、治療の継続は十分に可能です。トレー装着の時間を短くし、装着する間隔を開けて痛みをコントロールしながら自分のペースで進められます。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

ホワイトニングが出来ないのはどんな人?

カタラーゼの無い人や妊娠中・授乳中は避けた方が良いでしょう。遺伝的に、カタラーゼと言う酵素を持っていない人は出来ません。ホワイトニングは過酸化水素と言う薬剤を使って、歯を漂白します。健康な人は過酸化水素を分解するカタラーゼと言う酵素を持っているので、これが体内に入っても問題がありません。しかし、「無カタラーゼ症」の人は体内に入った過酸化水素を分解出来ないので、体内に薬剤が残ってしまうのです。トラブルの報告はありませんが、妊娠中や授乳中は心身ともにデリケートなので控えた方が良いと、あつみ歯科医院では考えています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

ホワイトニングはどこの歯医者でも出来るの?

施設は増えましたが同じレベルの治療が受けられるとは限りません。少し前までは「贅沢【ぜいたく】な治療y」と言う印象があったホワイトニングです。でも最近は、気軽に受けられるようになり、ホワイトニングが出来る施設も増えました。但し、どの施設でも同じレベルの治療が受けられるとは限らないと、あつみ歯科医院では考えています。と言うのも、ホワイトニングは自費治療(保険外診療)の為、歯科医院ごとに料金設定が出来ます。その為経営の観点から、高い売り上げが見込めるホワイトニングに参入する歯科医院が多い様です。ホワイトニングを手掛ける歯科医師は増えたのですが、技術力には差がある事もあります。患者さんの要望に応える為には、専門知識とある程度の経験が必要です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

«  | ホーム |  »

2019-01

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR