FC2ブログ

Latest Entries

大人の歯磨きで注意するポイントは?

歯周病を意識して丁寧に歯垢を取り除きましょう。子どもがむし歯になり易いポイントは、奥歯の咬み合わせ面、歯と歯の間だと、あつみ歯科医院では考えています。歯が生えかけている子供の場合、歯の石灰化がまだ不十分で、柔らかい状態です。又、歯磨きが上手に出来ていない事も多く、むし歯の予防がとても大切です。しかし、大人の場合は、石灰化も十分で歯は硬く、食後に分泌される唾液【だえき】によって、奥歯の咬み合わせ面の汚れの多くは洗い流されています。その為、子どもの時程、奥歯がむし歯に成る事を気にかけなくても良いのです。親知らずが上下のどちらか一方にしか生えていない場合はむし歯に成り易いので、大人でもしっかり」意識して奥歯を磨く必要があります。でも普通は、奥歯のかみ合わせ面をそんなに一生懸命ゴシゴシと磨かなくても大丈夫です。大人の場合はむしろ、歯の裏側や、歯と歯ぐきの間に溜まる歯垢【しこう】(プラーク)を丁寧にきちんと取り除いて、歯周病予防を心がけるようにして下さい。歯並びが悪い人や咬み合わせが悪い人は特に歯周病になり易いので、意識して丁寧に磨いて下さい。又歯周病予防を意識して歯磨きをする時は、歯と歯ぐきの間の汚れが掻き出し易い、毛先が細くなっているタイプの歯ブラシを選ぶと良いでしょう。甘いものをダラダラ食べない。もちろん子どもだけでなく、大人もむし歯予防を心がける必要があります。ケーキ等の甘い物は、食後のデザートとして食べるのであればOKです。しかし、30分おきに甘い物をちょこちょこと食べたり、糖分の入った飴をなめたり、砂糖入りのコーヒーや清涼飲料水、スポーツ飲料等を仕事机に置いてダラダラと飲み続けたりするのは避けましょう。口の中にいるむし歯菌に、常に餌をやり続けている事になってしまいます。
スポンサーサイト



フロスを使うと歯ぐきが下がらないの?

正しく使えば大丈夫です。歯ぐきの山部分には当てない様にしましょう。デンタルフロスを使って、歯ぐきが下がる事は少ない様です。しかし歯の先端から歯ぐきに向かって一気に押し入れたり、歯ぐきの中央の山部分をゴシゴシ擦ったりすると、歯肉を傷つけるので気を付けてもらいたいと、あつみ歯科医院では指導しています。デンタルフロスを歯間に入れる時は、フロスを少し斜めにして、のこぎりを引くように、ゆっくりスライドさせながら通します。そして、歯と歯ぐきの境目に沿って、ゆっくり擦り上げるようにして使いましょう。又、フロスと同様に歯と歯の間を掃除する歯間ブラシは、サイズ選びが大事です。サイズが小さ過ぎると汚れが取れず、逆に大き過ぎると、歯ぐきを傷つけます。歯間ブラシは、歯と歯の間の隙間の大きさに応じて、数本を使い分けると良いでしょう。歯間ブラシを最初に使う時には、歯科医師歯科衛生士に自分に合ったサイズを選んでもらいましょう。歯間ブラシにも歯磨き剤を付けると、より効果が出る場合があります。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

«  | ホーム |  »

2018-10

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR