FC2ブログ

Latest Entries

矯正装置とはどんなものなの?

歯を動かす為の装置です。ブラケットを使うのが一般的です。歯を理想的な位置に動かす為に欠かせない矯正装置。一般的に必要な装置の種類には、次の様な物があります。■ブラケット 一本一本の歯の表面に、歯科用接着剤で直接貼る付ける矯正装置です。ワイヤを通す為の溝が付いています。ブラケットは一般的な金属製の物以外に、セラミックやジルコニアセラミック等非金属製の物もあります。金属製ブラケットは目立ちやすいですが、丈夫で他の素材の物に比べて低価格です。歯と装置の境目が分かり易く、歯磨きがし易いと言う特徴があると、あつみ歯科医院では考えています。セラミックブラケットは、半透明で目立ちにくいと言う利点がありますが、金属製の物よりも破損し易くなります。ジルコニアセラミックブラケットは、耐熱性セラミック素材で白くて目立ち難く、強度はセラミックよりも優れています。いずれも金属製の物よりも、価格が高めの場合が多いでしょう。■ワイヤ ブラケットの溝にはめて、歯を動かす金属線です。大きく分けて断面が丸い「ラウンドワイヤ」と四角い「レクタンギュラーワイヤ」の2種類があります。細いものから太いものまで様々な種類があります。治療の過程で必要に応じて、ワイヤを使い分けて行きます。■結紮線ワイヤをブラケットに結び付ける為の細い金属線です。ワイヤとブラケットが結紮線によって結び付けられて、初めて歯に力がかかります。結紮線の代わりに「モジュール」と言う輪ゴム状の高分子化合物を使う事もあります。目立たないグレーやベージュの他、最近は矯正装置を付けている事を楽しみたいと言う人向けに、カラフルなタイプもあります。通院の度に交換するので、その時の気分や季節に合わせて色を変える事も出来ます。■口腔【口腔】内ゴム 上下の顎のかみ合わせを良くする為のゴムです。直径5ミリ~1センチの大きさです。治療の段階に応じて採り入れ、使用しない人もいます。取り外しが出来、歯磨きと食事の時は、外します。歯並びや咬み合わせが治ったら、矯正装置とは別に動かした歯を安定させる為のリテーナー(保定装置)を付けます。取り外し出来るタイプの物が多いですが、固定式の物もあります。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



矯正治療で歯を削ると言われた。

歯の凸凹の程度が軽い場合等に削る事があります。余り多くはないですが、矯正治療でも歯を削る事があります。最も多いのが、歯の移動終了後、リテーナー(保定装置)を歯科医師の指示通りに装着しなかった為に、歯並びの凸凹が少し出て来てしまった様な場合です。歯の幅を少しだけ削り、フッ素を塗って歯質を強化します。その上で透明のマウスピース型の装置を被せ、歯の位置を調整して行きます。健康な歯を削ると言うと抵抗を感じる人が多いかもしれませんが、むし歯の治療とは違い、歯と歯の間に金属のヤスリをかけて、僅かに歯を移動させる為の隙間を作る程度です。ですから、治療によってむし歯に成る事はありません。又、歯を移動させる隙間を作る為、歯を抜く代わりに少しずつ削る事もあります。但し、歯を一本抜いたのと同じ位のスペースを作るのは難しく、歯を削るだけで矯正治療が出来るケースはかなり限られろと考えた方が良いでしょう。抜かない事にこだわり、本来の矯正治療の目的を達成出来ない事もあるので注意が必要です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

むし歯や歯周病を治してから矯正した方が良いの?

続きを読む »

歯を抜かずに矯正を行いたい!

抜かずに矯正すると口元が前に出っ張ってしまう事があります。歯を抜くかどうかは、歯の凸凹の量、唇の形等から総合的に判断します。成長期の子供の場合、顎の成長発育を利用して顎を拡大する方法がありますが、成長期が終わると、顎を拡大するのは難しくなり、内側に歯が収まりきらない可能性が高くなると、あつみ歯科医院では考えています。そもそも、凸凹の歯並びは、顎の大きさに対して歯が大きい為に起こります。ですから、抜歯をして歯を動かす隙間を作る必要があるのです。抜歯をせずに治療すると、凸凹だった歯並びは整っても、無理やり収め様とした為に、口元が前に出っ張ってしまう事もあるのです。治療後しばらくは問題がなくても、将来的に口元が前に出て来る可能性もあります。又、土台の骨を超えて外側に歯が並ぶ事になり、歯ぐきが下がる事もあります。つまり矯正治療によって、歯周病の状態を作り出してしまうのです。大人で歯を抜かなくて良いのは、元々歯の本数が少なかったり、歯が抜けていて、無かったりするケースがほとんどです。欧米では、歯を抜かない場合が多いですが、それは日本人に比べて上あごと下あごの奥行きが長い為、歯の並ぶスペースに余裕があるからです。骨格や歯の生え方は人それぞれです。全ての人が歯を抜かなくて済む事は、あり得ません。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

インプラントやブリッジがあっても矯正治療は出来るの?

治療出来ますが、ブリッジや入れ歯は作り直す必要があります。インプラントがあっても、矯正治療は可能です。他の歯をどれだけ動かすかを計算して治療を勧めていきます。インプラントを埋める前なら、矯正歯科医院で埋める位置を決めてもらいましょう。ブリッジや部分入れ歯がある場合は、「一度外した方が良い」かもしれないと、あつみ歯科医院では考えています。外して仮歯を作ってもらい、矯正治療で歯並びが整ってから、もう一度作り直してもらう事をお勧めします。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

芸能人の歯並びは何故綺麗なの?

裏側に装着する見えない矯正治療をしているのかも。芸能人が矯正装置を付けたままでいるのを見る事は、ほとんどありません。それなのに、いつの間にか、歯並びが整っているのは、歯の裏側に矯正装置を付ける「裏側(舌側【ぜっそく】矯正」と言う治療を行っている可能性があると、あつみ歯科医院では考えています。ただし、この方法は舌に装置が当たるので、話し難くなる事等があります。もう一つ考えられるのが、歯を全体的に削り、見た目を良くするクラウン(冠)を被せる方法です。これだと、短期間で歯の色や形、歯並びが綺麗になります。ですが、咬み合わせまでは改善しません。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

欧米では矯正治療が当たり前なの?

むし歯や歯周病予防への意識が高い為、広く普及しています。米国では子どもが生まれると、矯正治療の為に積立貯金を始める家庭が少なくありません。日本と異なり、一般治療も高額なので、むし歯歯周病予防の為に、矯正治療を行うのです。又、国の政策としてむし歯の撲滅を掲げている北欧では、3人に1人の割合で、矯正治療を経験しています。この様に、予防歯科が進んでいる欧米では、矯正治療もその一環なのです。欧米で矯正治療が普及している理由は、他にもあります。日本人は頭蓋骨【ずがいこつ】の奥行きが狭い「短頭型」ですが、欧米人は「長頭型」です。上あごと下あごの奥行きも広いので、歯の並ぶスペースに余裕があり、歯を抜かないで治療出来るケースが多いと、あつみ歯科医院では考えています。この事が、矯正治療に対するハードルを下げているとも言えるでしょう。日本人は矯正装置を恥ずかしいと感じる人が多いかもしれません。しかし欧米では、装置を付けている事は教養がある事の証ともとらえられ、歯並びが悪い事こそが恥ずかしいとされています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

矯正治療で肩こりや頭痛が治ると聞いた!

肩こりや頭痛の原因が咬み合わせの悪さにあれば治る事もあります。食べ物を噛み砕く時には、頬の辺りにある咬筋【こうきん】や側頭【そくとう】筋等の咀嚼【そしゃく】筋を使います。正しい位置で咬めていないと、左右の咀嚼筋の使い方のバランスが悪くなり、一部の筋肉に負担がかかる事があると、あつみ歯科医院では考えています。これが、肩こりや頭痛を引き起こす原因になる事があるとされています。その場合は、正しい位置で咬める様になれば、肩こりや頭痛の解消につながる事もあるでしょう。ただし、肩こりや頭痛がかみ合わせと関係があるかどうかは、科学的に立証されていません。これらの症状は頸椎【けいつい】や脳に原因がある事もあります。自己診断せず、医療機関で診察を受けて下さい。矯正治療を行う大きな利点は、むし歯歯周病の予防です。歯磨きが行い易く成り、唾液【だえき】の流れも良く成ります。「8020【はちまるにいまる】達成者(80歳になっても自分の歯が20本以上残っている人)」のべ300人を調査した所、ほとんどの人は、咬み合わせが良かったそうです。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

矯正治療で歯に悪影響が出る事はないの?

続きを読む »

«  | ホーム |  »

2018-07

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR