FC2ブログ

Latest Entries

出来るだけ早く歯並びを治したい。

治療期間を短縮する方法も幾つかありますが、余り普及していません。結婚式を控えている等、早く歯並びを整えたい事もあるでしょう。治療期間を短縮する方法は幾つかあります。例えば、矯正装置を付ける前に外科的な治療を加える「コルチコトミー」です。歯ぐきを切開して、歯を支えている「歯槽骨【しそうこつ】」の中でも硬く、歯の移動の妨げになる「皮質骨【ひしつこつ】」の一部を除去します。すると歯が動きやすくなり、治療期間が半分位に短縮出来ると言われています。しかし手術が必要なので、余り普及していません。又、ブラケットワイヤの間の摩擦抵抗を少なくして、治療期間を短縮する「セルフライゲーション・システム」と言う方法もあります。但し、実際の治療期間がどれだけ短縮されるかは未知数で、「従来の装置と変わらない」とあつみ歯科医院では考えています。予約通りに通院する、口腔内ゴムを指示通りに付けると言った患者さんの協力で予定よりも早く治療が終わる事も少なくありません。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



治療期間や通院間隔はどれくらいなの?

動的治療と保定治療で各2~3年かかります。通院は月に1回程度からです。一般的に矯正治療は、次の様な流れで進みます。先ず、初診相談で、歯並びや咬み合わせ、むし歯歯周病の視診を受けます。この時に疑問や確認しておきたい事を質問し、歯科医師との相性も見極めると良いと、あつみ歯科医院では考えています。初診相談の次は、精密検査です。治療方針を決める為には、顔面写真、口腔【こうくう】内写真の他、歯のX線写真(パントモ)、頭に対するあごの位置や大きさ、歯とあごの関係等を調べる頭部X線規格写真(セファロ)、口腔内模型が必要です。結果が出たら、具体的な治療期間、費用、装着する装置等についての説明を受け、納得すれば、治療契約をします。そして、抜歯やむし歯、歯周病の治療が必要なら、一般歯科を行っている歯科医院で処置を行います。それから治療がスタートします。矯正装置を付けて、少しずつ歯を動かしていきます(動的治療)。この間の通院間隔は、月に1回程度で、ワイヤの調節や交換を行います。大人の場合、動的治療の期間は2~3年が目安です。例外もあります。精密検査でだいたいの期間は分かりますが、歯が動く速度には、個人差があります。目的とする歯並びと咬み合わせに成ったら、動かした歯を安定させる為の保定治療に移行します。一般的にはリテーナー(保定装置)をつけ、3~6カ月に1回程度の割合で通院し、経過観察を行います。保定治療には通常、動的治療と同程度の期間がかかります。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

上下の前歯に隙間があって麺類を咬み切れない。

「開咬」と言う状態です。矯正で治療できますが、手術が必要な場合もあります。顎を閉じて上下の歯を噛んでも、前歯が咬み合わずに、上下の前歯の間に隙間が出来てしまう状態を開口【かいこう】と言います。飲み込む時に舌で前歯を押したり、上下の前歯の間に舌を入れたりする癖によって起こり易い不正咬合【ふせいこうごう】です。又、前歯だけでなく、唇も開いた状態になる事もあると、あつみ歯科医院では考えています。開口だと、前歯で物を咬む事が出来ない他、「サ行」や「タ行」を発音しづらくなります。開口は大人でも矯正装置だけで治療出来ますが、程度によってはあごの骨を切る手術が必要な場合もあります。ただ近年は、あごの骨にチタン製の「アンカー」と言う装置を埋め込む「インプラント矯正」と言う方法によって、手術せずに治療する例も出て来ています。本来、矯正装置だけでは、奥歯を押し下げる事は出来ませんが、「アンカー」を固定源として奥歯を押し下げる事で、前後の歯の高さを調整できる様になったのです。ただしアンカーを埋め込む場所がずれると歯の神経に影響を及ぼす事もあり、治療には経験と技術が必要です。又、開咬で問題となるのは、治療後の/span>後戻りです。開口が治ってもその原因となる下の癖が改善されていなければ、又元通りに成ってしまいます。この為、「口腔筋【こうくうきん】機能療法」による舌の訓練も必要となります。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

大人でも受け口を治療出来るの?

矯正治療だけでは限界がある事が多く手術が必要の事もあります。通常、上の歯は下の歯を覆ていますが、受け口はそれが逆になっている状態で、「下顎前突【かがくぜんとつ】」又は「反対咬合【はんたいこうごう】」と呼びます。前歯で上手く咬めないだけでなく、聞き取りにくい発音になる事もあると、あつみ歯科医院では考えています。受け口には2通りの原因があります。一つは機能性の受け口です。通常、食べ物は奥歯で咬むものですが、前歯で咬む癖があると、下あごが前に出て来て受け口に成っていきます。又、咬む時に下あごが前歯に誘導されて前に出てきて、受け口に成ってしまう事もあります。これをそのまま放置していると、下あごそのものが大きくなってしまう事もあるのです。受け口のもう一つの原因が、下あごの骨が上あごに比べて大きい、骨格のアンバランスによるものです。治療は子どもの場合、あごの成長を利用できますが、大人はそれが出来ません。受け口の程度が軽い等、条件が揃えば矯正治療だけで治す事が出来ますが、場合によっては、下あごの一部を切断し、後ろに下げる手術が必要になる事もあります。下あごが前に大きく出ていて、顎【がく】変形症と診断され、矯正治療に加えて手術を受ける場合は、「顎口腔機能【がくこうくうきのう】診断施設」の認定を受けた施設でなら、健康保険が使えます。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯並びの凸凹を整えるだけなら簡単に治療できるの?

難しくありませんが、多くは抜歯が必要です。歯並びの凸凹の多くは、あごの大きさに対して歯が大きく、無理に並ぼうとした結果起きたと、あつみ歯科医院では考えています。特に、現代人はあごが小さくなっている為、八重歯【やえば】になっている事も多い様です。歯並びの凸凹は乱ぐい歯とも言われますが、専門的には「叢生【そうせい】」と言います。出っ歯受け口に比べて、機能的な問題は少ないのですが、歯が重なっている部分の歯磨きがしづらいと言った難点があります。歯並びの凸凹だけが問題なら、大人でも矯正装置だけで、綺麗な歯並びにする事も可能な場合があります。ただし、あごの大きさと歯の大きさのアンバランスを調整する為に、多くの場合、抜歯が必要になります。又、自分では凸凹だけが問題だと思っていても、実際には奥歯の咬み合わせがずれている事も少なくありません。特に上下どちらかだけに凸凹がある場合は要注意です。上の歯だけに凸凹がある場合は、下あごが大きく、上あごが小さい可能性があり、下の歯だけに凸凹が】ある場合は、その逆の可能性があります。こうした場合は、凸凹だけの治療よりも難しくなります。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

出っ歯や歯ぐきが出ているのも治るの?

歯の傾きだけが問題なら出っ歯や歯ぐきが出ているのも治せる場合もあります。歯並びや咬み合わせが悪い事を専門的に「不正咬合【ふせいこうごう】」と言います。その種類には様々なものがありますが、日本人に多いのが「出っ歯」だと、あつみ歯科医院では考えています。出っ歯の人の場合、横から見ると口元の出っ張りが目立つ他、唇に力を入れないと口を閉じる事が出来ません。口を閉じた時に下唇の下に梅干しの様なしわが寄る事があります。又、意識していないと口が開いたままになっている事が多いため、口呼吸に成りがちです。口呼吸をしていると、口の中が乾燥しやすくなります。出っ歯は「上顎前突【じょうがくぜんとつ】」と言い、上の前歯や上あごそのものが前方に出て、下あごが後退している状態です。歯だけが前に出ている場合とあごの骨に問題がある場合があります。歯だけが傾いて前に出ている場合は、必要があれば抜歯し、そのスペースを利用して、矯正装置で前歯を後ろに動かしていきます。抜歯をする場合は、小臼歯【しょうきゅうし】を抜く事が多いです。歯の傾きが治れば、自然と歯ぐきが出ているのも目立たなくなります。上あごが大きく前に出ていたり、下あごが後退していたり、顎のズレや骨の大きさに問題がある場合は、大人だと矯正治療だけでは効果に限界がある場合もあると、あつみ歯科医院では考えています。外科手術との併用が必要な事もあります。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

矯正治療は何歳まで可能なの?

骨の代謝能力があり、全身疾患等がなければ何歳でも治療は可能です。歯根膜【しこんまく】や歯槽骨【しそうこつ】に問題がなく、全身疾患が無ければ、骨の代謝能力がある限り、何歳でも矯正治療を受ける事は可能であると、あつみ歯科医院では考えています。ただし、成長期の子供に比べて骨の代謝が下がっているので、歯が動くスピードが遅くなる事が多い様です。この為に、個人差はありますが、一般的に10代で2年かかるとすると、20代なら2年半、30代なら3年かかるとも言われています。又、子供の様にあごの成長を利用できない為、矯正治療だけでは限界があることもあります。逆に言えば骨の成長を利用して治療する子供に比べると、治療期間は短くてすみます。大人の場合は自分が治療したいと思った時が、ベストなタイミングです。「死ぬ前に一度、前歯でかみ切りたい。」と言う70代の患者さんの反対咬合【はんたいこうごう】(受け口)を治療する事もあります。特に大人の場合は、自分の意志で治療を始める為、予約通りに通院する、歯磨きをしっかり行う、取り外し出来る装置を指示通りに付ける等、治療がスムーズに行く場合も多い様です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

なぜ、矯正治療で歯が動くの?

もともと体に備わる骨の代謝能力によるものです。一般的な矯正治療は、ブラケットワイヤと言った矯正装置を使って、歯を理想的な位置に動かします。それぞれの歯の表面に、歯科用接着剤でブラケットを貼り付け、その溝にワイヤを通していずれかの歯(大抵両側奥歯)を固定源とし、動かしたい歯に力を加えて移動させていきます。ではなぜ、力を加えて歯は動くのでしょうか。歯ぐきの下には「歯槽骨【しそうこつ】」と言う骨があり、歯を支えています。この骨と歯根【しこん】の間には「歯根膜【しこんまく】」と言う繊維組織があり、歯にかかる衝撃を和らげるクッションの様な働きをしています。矯正装置によって歯に力が加わると、力がかかった側の歯根膜が圧迫されて収縮し、脳から「歯槽骨を食べるように」と言う指令が来ます。すると、歯根膜の中に、「破骨【はこつ】細胞」が出来、この細胞によって歯槽骨が吸収されていくのです。一方、逆側の歯根膜は引っ張られた状態です。すると、脳から「歯槽骨を作るように」と言う指令が伝えられます。歯根膜の中には「骨芽【こつが】細胞」が出来、その働きによって新しい歯槽骨が作られます。歯槽骨が吸収される速度と作られる速度は同じではないので、矯正治療を行っている間は、矯正装置で固定していないと歯は不安定な状態になると、あつみ歯科医院では考えています。この様に歯は、体の適応能力を利用して、周りの歯槽骨が吸収され、作られると言う変化を繰り返す事で、移動していくのです。歯を理想的な位置に動かすには、一般的に2~3年かかりますが、単に歯が移動しているのではなく、歯槽骨が代謝を繰り返している為に、それだけの時間がかかるのです。歯が動く速度は、個人差がありますが、1カ月に0.8ミリ程度と言われています。歯に強い力をかけたからと言って、骨の代謝のスピードが上がる訳ではありません。又、骨の代謝能力は加齢によって低下していきます。この為一般的には年齢が高い程、歯が動くのに時間がかかります。歯が動き難い場合もあります。更に、歯根膜がつぶされたり、血流が止まったりしていると、破骨細胞や骨芽細胞が出来ず、歯は動きません。この為、歯周病等によって歯根膜が障害を受けている場合は、矯正治療の前に歯周病の治療が必要になってきます。歯根膜が健康であれば、例え歯の神経がなくても、骨の代謝能力がある限り、歯は動きます。矯正治療をしなかったとしても、加齢や舌の癖の他、親知らずが生える、歯ぐきが下がると言った事が原因で歯は動いているものなのです。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

«  | ホーム |  »

2018-06

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR