FC2ブログ

Latest Entries

小学3年生の娘の歯並びが悪い様に思う。矯正治療を考えた方が良いの?

先ずは歯科医院で診断を受けると良いでしょう。経過観察で良い場合もあります。子供の歯並びが気になる時は、先ずは矯正治療や小児歯科を行っている歯科医院に相談してみましょう。前歯がハの字になる「アグリーダックリングステージ(醜いアヒルの子時代)」の様に、放置しておいても自然に治る可能性が高いケースもあります。一方、不正咬合【ふせいこうごう】(正常な歯並び、咬み合わせから外れた状態)と診断された場合は、治療を勧められる事が多いと、あつみ歯科医院では考えています。重度の不正咬合があると、食べ物を上手く咬む事が出来なかったり、キチンと発音が出来なかったりとかったりという言う問題が起こります。子供のあごは成長期に大きく成り、歯も大人の歯へと抜け替わって行きます。この時期は歯の動きも早いので、矯正治療の効果が大人より短い期間で得られると言う利点があります。急いで治療をする必要性はない事もあります。ただ、日本では矯正治療に対して、子供の理解が得にくいと言う現状があります。矯正装置を付けたがらない事も多いのです。こうした背景から、直ぐに治療を行った方が良いものを除いては、急いでやる必要性はないかもしれません。遅くから始めても、結果に大きな差が出ないものについては、子供や保護者の気持ちを優先して治療を行うと良いでしょう。矯正治療は健康保険が利かず費用が高いので、無理の無い様に計画した方が良いでしょう。ただし、治療をしない場合でも、定期的に経過観察を行っていく事は重要です。それによって、子供の将来の歯並びがより正確に予測出来るようになるからです。この経過ですと、〇歳頃迄に治療を受けるのが望ましいですと提案してもらう事が出来るからです。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



子供に多い不正咬合にはどんなものがあるの?

歯列のデコボコが多く、上顎前突や反対咬合等もあります。最も多いものは、「叢生【そうせい】(歯が凸凹に並んだ状態)だと、あつみ歯科医院考えています。歯が並ぶ場所が狭かった場合等に起こり易く、並びきれない歯が捻転したり、傾斜したり、重なったりします。叢生の中で一番目立つのは犬歯の「八重歯【やえば】」です。骨格性の反対咬合は増える傾向にあります。叢生の次に多いのは上顎前突【じょうがくぜんとつ】です。いわゆる「出っ歯」の事です。上あごの前歯が強く傾斜したり、上あごの歯列そのものが突き出たりした状態を言います。生まれつきの骨格によるものの他に、指しゃぶりが長く続いた場合や、アデノイド肥大や扁桃【へんとう】肥大によって口呼吸が続いた場合、指を咬む癖や前歯に突き出す癖等が影響して起こります。咬み合わせた時に上の前歯と下の前歯が開いてしまう「開咬【かいこう】」も上顎前突と同じような原因で起こります。上顎前突とは反対に、下あごが前に出てしまったものを下顎前突【かがくぜんとつ】(反対咬合【はんたいこうごう】、受け口)と言います。歯並びの問題で起こる見かけの「反対咬合」と、下あごの骨そのものが大きい事が原因で起こる「真性(骨格性)下顎前突」とがあります。開口の場合は矯正治療で歯の移動を行う事で治りますが、下顎前突の場合はこれだけでは治療が難しく、成長が止まる時期を見ながら、下あごの骨を切る手術が必要になる場合もあります。骨格性の下顎前突は、最近の若者に目立つようになってきています。その原因は日本人の身長が伸びた事に由来するようです。下あごの骨は身長と密接な関係にあります。背が10センチ伸びると下あごの骨は6ミリ程度、伸びる事が分かっています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

混合歯列期で治療すれば、永久歯の治療はしなくても良いの?

それが理想です。でも、全ての患者がその様にいくとは限りません。子供の矯正治療は大きく、Ⅰ期(乳歯から永久歯に歯列が変化していく混合歯列期)とⅡ期(永久歯列期)に分けられます。年齢で言うとⅠ期は小学校入学前後から12歳頃まで、Ⅱ期はそれ以降になります。Ⅰ期治療は成長を利用する方法で、子供にとって負担のない矯正装置で治療します。Ⅱ期は基本的に大人の矯正と同じ方法で実施します。歯の生え代わりは身長と深くかかわっています。Ⅱ期治療を考えるうえで大事な要素となる犬歯が生えてくるのは、身長が145~150センチ前後と、あつみ歯科医院では考えています。これをⅠ期、Ⅱ期の境目にするとより正確です。Ⅰ期治療で機能的にも審美的にも満足な結果が得られれば、Ⅱ期治療に進まなくても良くなりそうです。ただし、Ⅰ期は子供にとって成長期でもあり、この段階で「Ⅱ期治療の必要は100%ありません」と言い切る事は出来ません。治療前に的確な診断が必要です。例えば前歯のねじれを気にして受診した子供に対しては、Ⅰ期治療でまず、この部分だけ治します。その後の様子を診て、犬歯が上手く生えてくれば終了ですが、八重歯【やえば】等に成りスペースが足りないと言う問題が出てくれば、希望を聞いた上で、全体の仕上げとしてⅡ期治療を実施する事に成るでしょう。勿論、Ⅱ期が必要かどうかは初診の段階である程度予測出来るので、患者さんにはきちんと説明をします。短期間で適切な治療をして貰う為にも、矯正歯科医師に診てもらいましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

矯正治療をすると成績が上がる事はあるの?

良く咬む事により記憶力改善の効果が期待できます。矯正治療を行う事で咬む力が回復すると全身の健康や記憶力の向上、更に運動機能の改善等色々な面から利点があると、あつみ歯科医院では考えています。動物実験では固形食を与えたネズミと粉末食を与えたネズミで迷路実験を実施、比較した所、硬い固形食を食べさせたネズミの方が迷路を間違える回数が少なかった、と言う報告があります。又、幼稚園児を対象とした比較研究では、良く咬む食事をしている児童はそうでない児童よりも計算能力が高い事が示されています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

I期とⅡ期の治療期間や費用を教えて欲しい。

きちんとした料金が歯科医院によって決まっている事が多い様です。不正咬合【ふせいこうごう】の状態にもよりますが、I期の治療は保定期間を除いて1~2年が平均です。「4年」かかると言われる事もあるようです。色々な歯科医院にて意見を聞いてみるのも良いと、あつみ歯科医院では考えています。治療費は地域等によって差があるものの、Ⅱ期の治療が必要な場合は別料金となりますが、Ⅰ期とⅡ期を合わせた治療費が、Ⅱ期から始めた場合の治療費と大体、同額になる様に設定されている事が多い様です。(70万~100万円位で、抜歯するかしないかによっても差がでます。)「矯正治療のゴールは同じ。」と言う考えからの様です。ただし、この様になっていない所もありますし、治療費の総額には診療代が含まれる所もあれば、そうでない所もあります。小児科の咬合誘導【こうごうゆうどう】は装置にもよりますが、費用はⅠ期治療よりも安価です。その後、矯正治療が必要となって小児科から矯正医に紹介された場合は、紹介先の基準で費用が決まる事もあるようです。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

矯正治療を行う子供は沢山いるの?

親の勧め等で治療を行う子供が増えて来ています。不正咬合【ふせいこうごう】の子供のうち、実際に治療を受けている人数は統計によって差があり、数%~20%位です。未治療の患者さんはまだまだ多いと、あつみ歯科医院では考えています。保護者に矯正治療の経験があり、子供にも積極的に治療を勧めると言うケースも多くいる様です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

なぜ矯正治療に健康保険が使えないの?

続きを読む »

子供の歯の矯正治療はどこが難しいの?

前向きでない子供が多く親や歯科医師のサポートがとても大切です。小学生のうちは親の希望で矯正治療を始める事がほとんどです。この為、子供が治療を理解出来なかったり、前向きでなかったりと言う事が多いのが現状だと、あつみ歯科医院では考えています。この様な場合は開始時期を待つ事を優先します。不正咬合【ふせいこうごう】によって外傷を受けそうな時等、早めの治療が必要な場合は、本人に模型や写真等で具体的に説明して、治療の必要性について理解させた上で進める事が望ましいです。子供目線での治療を考える事が必要です。女の子は綺麗になりたいと言う気持ちがあるので、ある程度は我慢してくれますが、男の子は難しい事が多い様です。高学年からは反抗期に入るので、取り外し式の装置の場合、なかなか付けてくれない、と言う事もあります。こうなると治療の効果も得にくく成ります。親子関係にも影響しますので、治療時期については良く考えた方が良いでしょう。子供の場合は簡便な矯正装置を使う事が多いので、部分的に用いるワイヤ等の痛みは余り起こらないと思われます。それでも、最初は違和感があります。子供の使用装置への気持ちの軽減と言う意味で、最初は少し大きめの装置を使ってみて、嫌がったら小さい物に変更するような工夫をすることもあります。矯正治療は、子供の目線に合わせて説明し、処置する事が必要と、あつみ歯科医院では考えています。但し、子供は普段は歯の事は忘れてしまっているものなので、治療を開始したら過剰に心配する事はないでしょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

矯正治療において親はどんな事に気を付けてあげたら良いの?

矯正装置の管理や仕上げ磨き等、沢山あります。取り外しの出来る矯正装置は、毎日、指示された通りに使えるように親が管理しましょう。又、来院日にキチンと受診させるようにする事も親の大事な役割です。決まった受診日に診療を行わないと、矯正装置の調整が出来ないので、治療期間が延びてしまう事になると、あつみ歯科医院では考えています。又、矯正装置が壊れたら出来るだけ早急に受診するべきです。更に、矯正装置を付けていると歯磨きが難しく、むし歯に成り易いので、子供が上手く磨けない場合は親が仕上げ磨きをしてあげて下さい。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

むし歯の治療は歯科矯正専門医に診てもらえるの?

矯正治療の専門だけの歯科医師はむし歯の治療は行わないので、他の歯科医師と連携します。基本的に矯正装置を付ける前に検診を受け、むし歯があったら直しておきます。装着後にむし歯が見つかった場合は、担当医の指示に従うのが良いと、あつみ歯科医院では考えています。一般的には歯科矯正だけを専門に行っている歯科医師はむし歯の治療を行いませんので、適切な歯科医院を紹介してくれます。「かかりつけ歯科医院を受診して下さい。」と言われる事もあるでしょう。又、矯正を受ける歯科医院に一般の歯科医師がいる場合もあり、その歯科医師から治療を受けられる事もあります。なお、通常は矯正装置を付けたまま治療を行う事が出来る事が多いです。子供の歯科矯正ではむし歯の時に治療が行いやすい様な装置を使う事が多い様です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

«  | ホーム |  »

2018-05

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR