FC2ブログ

Latest Entries

入れ歯が臭くてたまらない。

舌に付いた舌苔や口内炎が原因の事もあります。毎日しっかり洗浄していても入れ歯が臭うとすれば、口の中に原因があるのかもしれません。剥がれ落ちた細胞や食べかすが集まった「舌苔【ぜったい】」は口臭の素だと、あつみ歯科医院では考えています。舌の汚れを、歯ブラシや舌ブラシで落としてみましょう。又、体力が落ちている人は、入れ歯を入れると、口内炎が出来易く成ります。その為かも知れませんので、歯科医院で診てもらうと良いでしょう。もし、入れ歯が古くて、臭いがこびり付いているなら、そろそろ作り直しをする時期なのかもしれません。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



入れ歯の洗い方を教えて。

歯ブラシを使い水洗いするだけで十分です。毎日の歯磨きが欠かせない様に、入れ歯も毎日の洗浄が必要です。基本は水洗いで十分ですから、水道の流水下で、歯ブラシを使って、汚れを落としましょう。この時、うっかり落としてしまうと、入れ歯を割ってしまう事がありますので、下に洗面器を置くか、洗面台に水を貯めて洗うか、ステンレスの流し台で洗う事を、あつみ歯科医院ではお勧めしています。義歯用ブラシならもっと効率的に清掃出来ます。寝る前に入れ歯を洗い、タッパに入れて保湿する習慣をつけて下さい。歯磨き剤を歯ブラシにつけて磨くのは、お勧め出来ません。何故なら、歯磨き剤に含まれている研磨剤によって、入れ歯を傷つけてしまうからです。又、熱いお湯で洗ったり、熱湯消毒したりするのも止めて下さい。口の中の形に合わせ、咬み合わせも調整した入れ歯が、変形するかもしれません。残った歯や口の中の清潔も心がけて下さい。市販の入れ歯洗浄剤には汚れを落とす他、除菌やにおいを取る働きがあるとされています。水洗いで十分なのですが、見えない汚れや細菌まで綺麗にしたい、においがどうしても気になる、と言った場合に、補助的に使って下さい。入れ歯や自分の口の中を痛めない為にも、強力な物よりマイルドな洗浄剤の方が無難です。勿論、入れ歯だけでなく、自分の口の中の清潔も心掛ける必要があります。部分入れ歯の人は、残っている歯の歯磨き、フロス、歯間ブラシによるケアを怠らないようにしましょう。又、総義歯で歯が一本もない人も、口をゆすぐ等して汚れを落としましょう。においが気になるようなら、その原因となる舌苔【ぜったい】を歯ブラシや専用の舌ブラシでこすり落としましょう。入れ歯だけを幾ら綺麗にしても、口の中の環境が悪くてはいけません。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

市販の入れ歯安定剤を使っても良いの?

あくまで応急的・補助的に使うものです。総入れ歯は、床【しょう】が歯肉に密着する事で、安定性が得られるように作られています。ですから、本来は入れ歯安定剤が無くても、キチンと咬んだり、話したりする事が出来ると、あつみ歯科医院では考えています。咬み合わせも精密に計算して調整されています。その為、入れ歯安定剤を使うと、歯の咬み合う高さが違ってきます。入れ歯安定剤を使うなら、応急的あるいは補助的に使ってほしいと、あつみ歯科医院では考えています。上手く咬めない、直ぐ外れてしまうと言う場合は、担当歯科医師に調整してもらいましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

総入れ歯が直ぐに外れてしまう。

口の中が痩せて床が合わなくなったのでしょう。総入れ歯の床【しょう】は、口の中の形に合わせて精密に作られており、ピッタリと吸盤の様に吸い付く事で、安定性を得ています。しかし、年齢とともに歯ぐきの土手の部分が痩せて行き、口の中の形が変わるので、床の吸着性が失われてしまうからだと、あつみ歯科医院では考えています。保険の入れ歯であれば、柔らかいレジン(歯科用プラスチック樹脂)を床に加えて、形を調整する事が出来る事もあります。専門用語で、「リライン」と言います。一定の経験が必要な技術ですが、歯科医院にて診察してもらい、相談することをお勧め致します。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

入れ歯を入れると痛い!

床の当たり方が悪いのかもしれません。歯科医院で調整をしてもらう事をお勧めします。入れ歯を使い始めると、誰でも最初は違和感や痛みを覚えると、あつみ歯科医院では考えています。実は、入れ歯が痛む原因の多くが、口の中の粘膜に対する、床【しょう】の当たり方に関係しています。良くあるのが、床の端っこが粘膜に食い込み、痛みが発生するケースです。又、咬み合わせの調整が終わっておらず、特定の所にばかり、咬む力が加わっている場合も、痛みの原因になります。それから、骨が出っ張っている様な所があると、そこにばかり力が加わり、傷む事があります。いずれにせよ、痛みがあると快適に咬んだり、話をしたりする事が出来ません。我慢せず、歯科医院にて調整をしてもらいましょう。年齢とともに歯ぐき(土手)が痩せて、口の中が変形した様な場合も、痛みが出る事があります。これを予防する為にも、定期的に歯科医院を訪れ、入れ歯の具合を見てもらう事が大切です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

30年は入れ歯を持たせたい。

力、熱、」酸、アルカリ等日常生活での刺激で劣化は避けられません。「出来るだけ長く持つ、丈夫な入れ歯を作って。」入れ歯の治療を受ける患者さんの中には、実際に、歯科医師にそう言う人がいます。確かに、保険内であっても1万円以上はかかる入れ歯です。保険外の高価な入れ歯なら、なお更長く持たせたいのは人情だと、あつみ歯科医院では考えています。しかし、物には寿命があります。入れ歯には、咬む力が加わります。その上、熱も加わりますし、酸やアルカリ等の刺激も受けます。ですから、入れ歯を何十年も持たせるのは難しいと言わざるを得ません。年を重ねるとともに、口の中の歯ぐき(土手)は痩せてしまうので、定期的な調節が必要です。放置しておくと、どんどん合わなくなります。又、きちんと汚れを取り、手入れしないと、入れ歯はどんどん劣化していきます。長く持たせたいなら、使用者としての心掛けも大事です。入れ歯は安くはありませんが、毎日使います。そう考えると、決して高くないかもしれません。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

入れ歯にはどんな種類があるの?

金属やシリコン床、磁石で固定させるもの等、保険外なら選べます。入れ歯には、総入れ歯(総義歯)と部分入れ歯(部分義歯)があります。いずれも、「床(しょう)」と呼ばれる歯肉にあてる部分に、人工の歯が乗る形をしています。総入れ歯は、この床が歯肉に吸い付くように密着する事で、固定性を得られる様に作られています。一方、部分入れ歯は、「クラスプ」と呼ばれる金属のバネを残った歯に引っ掛けて、はめ込みます。そうした違いはありますが、いずれも保険内で作る場合には、床にレジンと呼ばれる、歯肉に近いピンク色をした歯科用プラスチック樹脂が使われます。これを「レジン床」と言います。レジン床は、口の中の形が変わった時に修正しやすいと言う利点があるのですが、食べ物の熱が伝わり難く、味気なく感じると言う欠点があると、あつみ歯科医院では考えています。又、部分入れ歯の場合、クラスプが外から見えて、見た目が良くないとと言う難点もあります。様々なタイプの入れ歯がありますが、一長一短もあります。こうした点を気にする人の為に、自費(保険外)で高額になりますが、様々なタイプの入れ歯を作成する事が、可能です。まず、代表的なのが「金属床義歯」です。床が金属なので薄く出来、食べた時に熱が伝わり易い利点があります。ただ、レジン床よりは修正がしにくいと言う難点もあります。費用は使う金属によって異なりますが、20万~50万円程度です。入れ歯を嵌めると痛いと言う人には、柔らかいシリコンで出来た「シリコン義歯」があります。ただ、修理がしにくい、汚れが付き易いと言う問題もあります。費用は10万~20万円程度です。部分入れ歯のクラスプになじめない人には、入れ歯に磁石を付けて、その力で入れ歯を安定させる「磁性アタッチメント義歯」があります。費用は1本の歯につき1万~10万円程度で、別に義歯の代金が必要となります。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

入れ歯を作るのにどれくらい通院するの?

週1回の通院で大体5回位かかります。入れ歯を作るには、まず既成のトレーと呼ばれる道具を使い、患者の口の中の大まかな型を取ります。それを基にもう一度、患者に合わせた個人トレーを作り、口の中を精密に再現した型を作る事もあります。この作業を「印象採得【いんしょうさいとく】」と言います。次に、出来た型を使って患者のかみ合わせを調べていきます。歯が全く無い場合は上下のあごの位置が不安定になっているので、どこの歯を作れば良いか目安をつけるために、あごの位置関係を確認します。この作業を「咬合採得【こうごうさいとく】」と言います。咬み合わせが確認出来たら、赤いロウで作った入れ歯の模型に人工の歯を並べて、患者さんにつけてもらいます。咬合採得で嚙み合わせを確認していても、実際につけてみるとずれている事があるので、この仮の入れ歯(ロウ義歯)を使って、再度調整を/span>あつみ歯科医院では行っています。かみ合わせの調整が出来たら、ロウの部分をレジン(歯科用プラスチック樹脂)で置き換えて、実物の入れ歯を作り上げます。ただし、これで完成ではありません。かみ合わせ、歯の位置、【しょう】(歯ぐきにあたるピンク色の部分)等を微調整します。こうした作業にもある程度の時間がかかります。入れ歯が完成するまでに、週1回のペースで、最低5回の通院が必要と患者さんに話しています。部分入れ歯の場合、残った歯の状態が悪い人は、先にそれを治さなくてはいけませんので、もっと時間や回数がかかります。仮歯の状態で来なくなる人もいる様です。「良い入れ歯」にする為に、最後の微調整まで通院しましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

«  | ホーム |  »

2017-09

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR