FC2ブログ

Latest Entries

歯周病でもブリッジに出来る?

歯の根がやせてブリッジに出来ない事もあります。歯周病のままブリッジにすると症状が悪化して、支えとする歯をいずれ抜く必要が出てくるかもしれないと、あつみ歯科医院では考えています。ですから、ブリッジにする前に、歯周病の治療を優先します。それだけではありません。歯周病の人には、こんな問題もあるのです。歯周病の人は、歯の根の周囲が痩せて、根そのものが露出しています。ブリッジにする為に支えとする歯を削ると、歯髄【しずい】(神経や血管が集まっている所)に接近して、神経の治療が必要となる事があります。又、歯周病患者さんの歯列にはむし歯が少ないと言う傾向もあります。ですから、重度の歯周病の人にはブリッジではなく、取り外しの部分入れ歯をお勧めする事も多いのが現状です。そもそも、ブリッジにする必要が生じた人のほとんどは、むし歯か歯周病で歯を失っています。周りの歯も当然、同じリスクを抱えています。ブリッジを入れた後も、お口のケアを続けましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



ブリッジがグラグラする。

外れかけている、あるいは歯周病の可能性があります。まず考えられるのが、ブリッジがしっかり固定されておらず、外れかけているケースです。支えの歯がむし歯になっていないか、コア(土台)が外れていないか等、歯科医師の診察が必要だと、あつみ歯科医院では考えています。もう一つ考えられるのは、支えている歯が歯周病に侵されているケースです。グラグラしていると言う事は、歯周病がかなり進行している事も考えられます。改善しなければ抜歯もやむを得ず、ブリッジも作り直しとするか、部分入れ歯等別の方法も考えねばなりません。ブリッジにした所は歯周病に成り易く成ります。毎日、きちんとケアするようにしましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

何か所もブリッジにして大丈夫?

力学的に問題がなければ出来ますが、保険の制限もあります。前歯も奥歯も、歯の無い所が幾つかある。その様な場合、何か所もブリッジにする事になります。支えとする歯に、重い負担をかけるのではないかと心配になる人が多いと、あつみ歯科医院では考えています。力学的に問題がなければ、複数個所をブリッジにする事は可能です。ブリッジを作るときに問題となるのは、支えになる歯の強度だけではありません。咬み合う歯の力に耐えられるか、隣り合う歯の状態はどうなのか等、幾つもの要素を考慮に入れながら、ブリッジ等補綴【ほてつ】装置の入れ方を設計していきます。又、設計に問題がないか、レジン(歯科用プラスチック樹脂)の仮歯を作って、試してみる事もあるようです。左右の前歯、左右の奥歯、4か所をブリッジにする事も出来ます。又、上あご、又は下あごの歯を全て一つに連結したブリッジを作る事も可能です。前歯はブリッジで、奥歯が部分入れ歯と言う、複雑な歯の構造をしている患者さんも、沢山おられます。理想的な入れ方は歯科医師と良く相談して下さい。ただし、これもあくまで、構造力学的に問題がなければの話です。ここにブリッジを作っても、直ぐにダメになると判断された場合には、部分入れ歯等別の方法を提案されるでしょう。又、保険適用による制限の問題もあります。ブリッジの場合、保険適用出来るかどうかは、どの歯が何本無いのか、どの歯を支えにするのか等によって、細かく規定されています。場合によっては保険が使えず、部分入れ歯になる事もあります。どの様な入れ方にすれば理想的か、歯科医師に詳しく説明して貰いながら、治療を進めるようにしましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

ブリッジを入れた所が痛い!

神経の炎症や二次むし歯等が考えられます。いくつかの原因が考えられます。まずは、支えにした両側の歯の痛みです。ブリッジにする為には、両側の歯を削らねばなりません。その後等に歯の神経を痛めてしまい、炎症を起こしているのかもしれません。こうした痛みは一過性の事が多い様ですが、長引くようなら神経を抜かねばならない事もあります。次に考えられるのが、支えとなる歯がむし歯になったケースです。ブリッジを被せていると、歯との隙間から歯垢【しこう】(プラーク)が入り込み、むし歯になる事があります。これを「二次むし歯」と言います。この場合も、ブリッジを外して治療する他方法がないと、あつみ歯科医院では考えています。あるいは、ブリッジ周辺の清掃が不十分なため、凹凸部分に歯垢が溜まり、それによって歯肉が炎症を起こしているのかもしれません。放置すると炎症が広がってしまいます。いずれにせよ、専門的な治療が必要です。早く歯科医院に行って診てもらって原因を特定してもらい、適切な治療を受けましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

ブリッジの両側の歯のむし歯が心配!

基本は歯ブラシ、フロス等によるケアが重要です。ブリッジの両側の歯は支えにする為に削られています。ですから、むし歯を心配するのは当然です。それだけではなく、クラウン(冠)を被せているのと同じ状態ですので、歯とブリッジとの微小な隙間に歯垢(プラーク)が入り込む等して起こる「二次う蝕【しょく】(むし歯)」に、注意しなくてはならない環境にあると、あつみ歯科医院では考えています。基本は歯磨き、フロス、歯間ブラシ等によるお口のケアです。歯科医院で治療を受けた時に、歯科衛生士にブリッジ周辺の歯のケアの仕方を教えてもらうと良いでしょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

ブリッジの為に両側の歯を削って大丈夫?

削るのが心配な場合は接着性ブリッジや部分入れ歯、インプラントの選択肢もあります。この治療の最大の難点は、ブリッジを被せる両側の歯を削る必要がある事です。むし歯で歯を失った場合は、両側の歯もむし歯菌に侵されている事が多いので、いずれにせよ削らねばなりません。しかし、両側の歯が健全な場合、それを削るのは抵抗を感じると、あつみ歯科医院では考えています。ブリッジの為に削ったとしても、しっかり口の中をケアして、定期的なチェックを受ければ、問題は少なくなるでしょう。とは言え、加工された歯は天然歯と比べて、寿命が短いようです。そう考えると、出来るだけ歯を削らないに越した事はありません。その様な悩みを克服する選択肢の一つとして登場したのが「接着性ブリッジ」です。これは、支えとなる両側の歯の裏を少しだけ削り、そこに歯科用の接着剤でブリッジを張り付ける方法です。前歯一本の欠損で、両側の歯が健全な場合に限って、2008年から保険が使える事になりました。前処置も含めると3割負担で約2万円です。奥歯等自費診療(保険適用外)の場合は、欠損が1本で5~10万円程度です。向き、不向きを見極めて選ぶ事が、重要です。接着性ブリッジは、歯科用接着剤の使い方に習熟した歯科医師なら、難しい技術ではありません。ただし、むし歯で歯を失った人や、ブラッシングが上手く出来ない人は、口の中に残っている自分の歯の表面から二次う蝕(むし歯)になる可能性が高く成ります。向かないと思われる患者さんには、歯科医師が勧める事は少ないでしょう。接着性ブリッジは従来の方法と比べ、脱落しやすいと言われています。部分入れ歯やインプラントの選択肢もありますので、向き不向きも考えた上選択しましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

ブリッジの料金はどの様に決まるの?

どの歯にどの様な材料を使うかによって変わってきます。保険診療でブリッジを作れるかは、どの歯が何本欠損しているか、複雑な計算を基に保険で決められています。歯が1本だけ欠損している場合は保険内で作る事が出来ます。ですが、2本連続で欠損している場合は保険適用されない事があります。保険内で使える材料も決まっています。前歯には、天然の歯の近い色が出せる硬質レジン(歯科用プラスチック樹脂)でコーティングした物が使えます。ただし、硬質レジンは細かい傷が付き易く、長く使っていると、着色汚れが付いてしまいます。更に、奥歯は、保険内では金属(金銀パラジウム合金等)のブリッジしか作れません。高額だがセラミックのブリッジも作れます。より自然に見せたい人には、金属にセラミックを焼き付けたブリッジ(メタルボンド)があります。天然の歯に近い透明感がある色が出せるだけでなく、表面が滑らかで着色汚れが付きにくい利点があると、あつみ歯科医院では、考えています。前歯だけでなく、奥歯もセラミックにする事が可能です。ただし、自費診療になり、費用が高く成ります。位置や本数によって異なりますが、奥歯が1~2本欠損している場合は15~45万円、何本もの歯が連続して欠損している場合は100万円前後になる事もあります。その場合は、ブリッジ以外の方法も検討してみて下さい。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

ブリッジは、どうやって作るの?

両隣の歯を削ってブリッジを設置したら、かみ合わせを調整します。歯を失った所の両隣の歯を支えにして、橋を架けるようにして人工の歯を作るのがブリッジです。クラウン(冠)と同じように被せるので、先ずは両隣の歯を削らなくてはいけません。通常、両隣の歯は、厚みにして1~1.5ミリ程削り込むので、傷まないように局所麻酔をします。次に、歯型を取って模型を作ります。支えとなる歯だけでなく、その隣の歯や咬み合う相手の歯、歯ぐき等と形状が合わないと、かみ合わせが悪く成ったり、歯肉が炎症を起こしたりする事があるので、配慮してブリッジを、あつみ歯科医院では作ります。また、白い硬質レジン(歯科用プラスチック樹脂)やセラミックのブリッジにする時には、周りの歯と調和した、自然に見える色にする事も重要です一度固定したら、取り外し出来ません。完成したブリッジが歯科医師のもとに届けられたら、いよいよ装着です。ただし、そのまま使えるわけではありません。ブリッジを削って高さを調整し、かみ合わせを調整します。調整が終わったら、歯科用セメントで固定します。通常のタイプだと一度固定すると、入れ歯の様に取り外し出来ません。ですから、違和感のない様に、しっかり調整をして貰って下さい。自分の歯と合うように作られていれば、違和感が少なくかむ事が出来るようになるでしょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

ブリッジのケアの仕方を教えて!

ダミーの歯の下に歯垢が溜まらないよう注意しましょう。ブリッジにした所は、むし歯歯周病に成り易い環境にあります。意外と盲点に成り易いのが、歯が抜けた所に作ったダミーの歯「ポンティック」の下です。この場所と歯ぐきとの隙間に、歯垢【しこう】(プラーク)が溜まる事があるのです。ですから、ここに歯間ブラシ等を通して、歯垢を落とすように、あつみ歯科医院では指導しています。ただ、強くこすり過ぎると歯肉が炎症を起こしてしまう事があります。具体的なブリッジのケアの仕方は、歯科衛生士に尋ねると良いでしょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

ブリッジの材料にはどんな物があるの?

硬質レジンやセラミック製があります。保険診療では、奥歯は、金属(金銀パラジウム合金等)しか使えませんが、前歯には白い「硬質レジン(歯科用プラスチック樹脂)」でコーティングしたブリッジが使えます。ただし、表面が傷つきやすいので、長年使っていると着色汚れがつく難点があると、あつみ歯科医院では考えています。より見た目も良くしたいならセラミックです。透明感のある色味と汚れが付きにくいのが利点です。金属にセラミックを焼き付けた「メタルボンド」が一般的ですが、金属を使わないオールセラミックの物もあります。ただし、セラミックの物は、いずれも保険適用外です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

どんな時にブリッジにするの?

支えとなる両側の歯に負担がかかり過ぎない事が条件です。ブリッジは、歯が抜けてしまった場合に、その両側の歯を支えにして、橋渡しをする様に人工の歯を作る方法です。ブリッジの支えとなる両隣の歯を削る必要はありますが、とても安定性が高く、噛み砕く力も天然歯の6割程度は確保出来るので、補綴【ほてつ】の方法として頻繁に、あつみ歯科医院では用いています。部分入れ歯にする事も出来ますが、咬み心地も見た目も違和感の少ないブリッジが選ばれる事の方が多いでしょう。ただし、ブリッジにするには、条件があります。歯が抜けた場所の両側に、支えとなる歯がないとブリッジに出来ません。例えば、片側の奥歯が奥から3本抜けた場合、その奥には歯がないので原理的に不可能です。また、両側の歯があっても、むし歯や歯周病で弱っていると、ブリッジには出来ません。歯周病で動揺する歯を固定する目的を兼ねてブリッジにする事もありますが、歯周病を治してからにしないと、いずれ支えにした歯も失ってしまうでしょう。3本以上の欠損歯を支えるのは負担が大きい。次に、抜けた歯が何本までならブリッジに出来るかです。2本位までの欠損にしておいた方が良いと、あつみ歯科医院では考えています。ブリッジは、補う歯の本数が多い程、支えになる両側の歯に負担がかかってしまいます。一方、部分入れ歯なら床【しょう】(歯肉と接するピンク色の部分)がありますので、そこでも噛む力を支えられます。補う歯の本数や場所、患者さんの年齢などによっては、部分入れ歯の方が良い場合もあるのです。抜けた歯を補うのにどんな方法が最も相応しいか、歯科医師と相談しながら治療を進めると良いでしょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

«  | ホーム |  »

2017-08

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR