FC2ブログ

Latest Entries

コア(クラウンの土台)には、どんな種類があるの?

見た目を気にする人には自費治療のファイバーコア等があります。虫歯やケガなどで歯の見えている部分(歯冠【しかん】)をほとんど失った場合に、残った歯の根に埋め込み、クラウンをかぶせる土台とするものがコアです。コアには「メタルコア」「レジンコア」「ゴールドコア」「ファイバーコア」等の種類があります。そのうち、保険が適用されるのはメタルコアとレジンコアです。二つとも3割負担の場合、千円以下で作る事が出来ます。銀合金で出来たメタルコアはとても丈夫なので、ほとんど場合に使用可能です。ですが、硬すぎる為、楔の様な効果で歯の根が割れてしまう事があります。こうなると抜歯するしか補法がないと、あつみ歯科医院では考えています。また、セラミックのクラウンをかぶせた場合、金属が透けて歯の透明感が悪くなる事があります。金属アレルギーを持った人にも使えません。セラミックの透明感を保つファイバーコア。レジンコアは、歯科用プラスチック樹脂で作られているので、金属アレルギーの人にも使えます。また、色が白いので、セラミックのクラウンの透明感を損なう事もありません。ただし、プラスチックだけに、強度や接着に問題があります。こうした欠点を克服するために使われるのが、ゴールドコアやファイバーコアです。金合金で出来たゴールドコアは硬すぎないので、歯の根が割れる心配が少なくなります。ファイバーコアは、ガラス繊維強化樹脂で作られており、割れたり折れたりしにくいという特徴があります。また、白いので、セラミックのクラウンでも透明感を損ないません。費用は保険適用外の為全額自費診療です。ゴールドコアとファイバーコアは1本1万~3万円程度です。これにセラミックのクラウンをかぶせると、合計10万円以上にはなります。利点と欠点をよく理解し、歯科医師と相談しながら選びましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



グラグラな歯も差し歯に出来るの?

歯周病を改善させてからコアの治療を行う事になります。残っている歯がグラグラしているのは、多くの場合、歯周病が原因と考えられます。差し歯(コアとクラウン)にしたい歯の根も侵され、歯周組織にしっかり支えられていない可能性が高いと、あつみ歯科医院では考えています。このままの状態でコアを入れ、クラウンをかぶせても、いずれ歯の根を抜かざる得なくなります。ですから、歯周病の治療をした後に、コアとクラウンの治療に進む事が多いです。歯周病が進みすぎて、残念ながら歯を残せない場合もあります。そうなればブリッジや入れ歯等、別の選択肢を考える他ありません。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

コアを歯の根に挿し込んで痛くないの?

神経を取って治療しているので痛く無いはずです。歯の根に楔の様な形のコアを挿し込む訳ですから、痛く無いか心配になる人がいるかもしれません。ですが通常、コアを入れる前に、細菌に感染した神経を取り除く「根管治療」を徹底的に行います。これをしっかりしないと、歯の根に病巣が広がって、歯を抜かねばならなくなり、せっかく入れたコアやクラウンが無駄になると、あつみ歯科医院では考えています。この様に、歯の根の神経を取ってからコアを入れるので痛くありません。にもかかわらず痛い場合は、根管治療が十二分に出来ていない、かみ合わせが悪い等の原因が考えられます。参考文献週刊朝日MookQ&A「いい歯医者」

今は「差し歯」とは言わないの!

いわゆる差し歯はほとんど無くなり、クラウンで治療します。虫歯やケガなどで歯の表に出ている部分(歯冠【しかん】)がほとんど無くなってしまった場合、昔は歯根に穴を開け、芯棒の付いた歯を挿し込む「差し歯」が一般的でした。専門用語で「歯冠継続歯【けいぞくし】(ポストクラウン)」と言います。しかし、今は「差し歯、継ぎ歯」は歯科大学でもほとんど教育されていないと、あつみ歯科医院では考えています。現在は、歯の根に土台(コア)を埋め込んで(支台築造【しだいちくぞう】)、そこにクラウン(冠)をかぶせる方法がとられるようになりました。銀合金の「メタルコア」や歯科用プラスチック樹脂の「レジンコア」は、保険が適用されます。金属製の支台築造はやり直しが困難な場合もあります。クラウンをかぶせるコア(支台歯)を作るには、むし歯に侵された部分などを削って形を整えるか、感染した神経(歯髄)を取り除く根管治療をする必要があります。根管治療を実施した歯に対しては、穴の形に合うように型を取り、それに合わせて支柱となる構造物(支台築造体)を作ります。そして、出来上がった築造体を歯の根に固定してクラウンの土台にするわけですが、この時に歯科用セメントを使います。セメントでくっつけてしまうと、取り外すのは困難です。したがって、やり直しが困難な治療だと思った方が良いでしょう。その上にクラウンをかぶせる訳ですが、いくら高級なクラウンを使っても、土台がしっかりしていなければ長持ちしません。また、クラウンをかぶせた歯は、2次むし歯に成り易いので、十分なケアも必要です。ですから、クラウンを作るときには、知識、技術、経験の確かな歯科医師の下で、治療を受けると良いでしょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

差し歯・入れ歯が壊れた!修理できるの?

出来ますが、強度が落ちる可能性があります。差し歯、ブリッジ、入歯等の補綴物【ほてつぶつ】は、噛む力に耐えられるように作られています。しかし、どんなに頑丈な物でも、欠けてしまったり、折れてしまったりする事はあります。そうした場合、出来れば修理して使いたいという人が多いと、あつみ歯科医院では考えています。それが長年愛用してなじんだ物や、自費(保険外)の高価な物だった場合には特に、そのように思うでしょう。修理できるかどうかは、補綴物の材料や種類によります。保険診療で、前歯の差し歯(クラウン)として使われる「硬質レジン前装冠【ぜんそうかん】」は、金属の中身に白い硬質レジン(歯科用プラスチック樹脂)を張り付けて作られています。したがって、これが欠けたり、剥がれたりした場合は、硬質レジンを追加して補ったり、全体を張り直したりする事が出来ます。作り直した方が、完全に綺麗になります。自費診療の、セラミックのクラウンの場合はどうでしょうか。少し欠けた程度なら、その部分を削ったり、埋めたりして、修理出来ない訳ではありません。しかし、割れたり、外れたりした場合は、ほとんど修復不可能です。次に、入れ歯の場合です。保険診療で作られる入れ歯は、床【しょう】(歯肉にあてるピンク色の部分)がレジンで作られています。ですから、床がひび割れた場合は、そこをレジンで埋める事が可能です。ただし、床が厚くなると言う難点はあると、あつみ歯科医院では考えています。また、部分入れ歯で金属のバネ(残った歯に引っ掛けるための金具)が折れた場合も、金具を入れ替える等して、修理する事は可能です。この様に、差し歯(クラウン)や入れ歯を修理して、大事に使い続ける事は出来ます。しかし、積極的にお勧め出来る事かと言うと、そうでもない時もあります。修理が困難なケースもありますが、「どうしても」と言われれば、修理しない訳ではありません。しかし、修理した部分の強度は、どうしても落ちてしまいます。修理する費用や手間を考えると、特に古くなった物は作り直した方が、患者さん自身にとっても良いと思われる事もあります。自費でも、入れたばかりのクラウンや入れ歯が破損した場合は、保証の範囲内で作り直してくれる事が多いでしょう。ただ、何年も経った物が破損した場合は、「寿命」と諦めるべきかもしれません。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

差し歯や入れ歯の着色が気になる。

新たに作り直すか、汚れの付きにくい材質を選ぶかです。着色汚れが付き易いかどうかは、差し歯(クラウン)や入れ歯に使っている歯の材料によります。前歯を保険診療で治す場合、しっかりした歯の根が残っていれば「硬質レジン前装冠【ぜんそうかん】」と呼ばれるクラウンを使うのが一般的です。硬質レジンは、歯科用プラスチック樹脂の事です。中身は金属ですが、前から見える部分にこの樹脂を張り付けています。天然の歯に近い色合いが出せるので、見た目良く治療ができると、あつみ歯科医院では考えています。しかし、この硬質レジンには欠点もあります。表面に細かい傷がつきやすいので、長く使っていると着色汚れが付くのです。そうなると、残っている歯をしっかりケアしているほど、この歯の汚れが目立ってしまう事になります。硬質レジンは、作り直した方が早いこともあります。比較的新しく、表面に着色しただけなら簡単に落とせますが、長く使った物だと、残念ながら多くの場合、細かい傷の中に着色汚れが染み込んで、きれいに落とせません。汚れが気のなるなら、作り直した方が早いでしょう。保険診療(3割負担)なら、硬質レジン前装冠は1本約5千~8千円で治療できます。汚れを気にして頻繁に作り直すのは感心できませんが、長年使ってくすんでしまった場合は、ケアも兼ねて歯科医師に相談してみてはいかがでしょう。自費診療に成りますが、お金をかけても良いと言う人にはセラミックのクラウンがお勧めです。表面が滑らかなので着色汚れが付きにくく、長年使っても、ほとんど変色しません。ただし、セラミックは硬いけれど割れやすい欠点があります。割れにくいセラミックも登場していますが、高額なのが難点です。自分の価値観やお財布と良く相談して、決めるしかなさそうです。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯を入れないと次々に歯がダメになるの?

早く入れないと入れ歯も難しい状態になる事もあります。奥歯が抜けたけど、まだ噛めるから大丈夫。そんな風に思い込んで、抜けた歯を放置していませんか?早く歯を入れないと、大変な事になります。歯が抜ける場合は、下の奥歯から無くなる事が多いと、あつみ歯科医院では考えています。何故なら、「6歳臼歯【きゅうし】」と呼ばれる第一大臼歯は、子供の頃に生えるのでケアが行き届かず、むし歯に成り易いからです。しかし、片側の奥歯が無くなっても、反対側で噛めるので放置する人も多いようです。するとどうなるでしょう。左下の奥歯が抜けた状態で歯を入れないと、右側の奥歯を酷使する事になり、左右とも下の奥歯の無い状態になる事もあります。すると今度は、前歯で噛む事になり、上の前歯までも無い状態に成ります。歯ぐきが痩せ、入れ歯も安定しません。ここまで来ると手遅れです。歯の無い側が痛めつけられ、歯ぐきがどんどん痩せて行きます。その為、入れ歯を嵌めても安定せず、自費の頑丈な物を作らないと、直ぐ壊れてしまいます。それに、支える歯が少ないので、入れ歯が粘膜に食い込み、痛くて食べる事が困難だという人もいます。こうしtれ、どんどん歯が破壊されて行き、ついには歯の無い状態になります。歯ぐきが痩せてあごの骨が少ないので、インプラントも難しく成ります。こうした悪化は徐々に進むので、気付き難いのです。出来れば定期的なチェックを受けて、口の中が重症化しないよう予防しましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

ブリッジや入れ歯よりインプラントの方が良い?

費用の問題に加え、歯や全身の状態によって変わってきます。抜けた歯を補うのに、ブリッジにするか、それとも思い切ってインプラントにするか・・・。迷う人
もいると、
あつみ歯科医院では考えています。あごの骨に人工歯根を埋め込み、それを土台に上に歯を作るインプラントは、自分の歯の様に違和感が少なく噛む事が出来ます。ただし、問題は費用です。ブリッジなら保険診療で1本1万~1万5千円、総入れ歯(上下どちらか片方)は約1万円で作ることが出来ます。しかし、インプラントは保険が適用されません。10本入れると、高級車が買えるほどの値段になってしまいます。それだけのお金をかけられるかどうかが、まずは選択の分かれ道になるでしょう。インプラントが出来ない人もいます。それに、ブリッジや入れ歯がインプラントに劣るとも言い切れません。抜けた歯が1本だけで、残った歯の状態が良い人なら、保険診療内でも十分しっかりしたブリッジが作れます。それに、インプラントはあごの骨の状態が良くない高齢者には適用が困難です。何故なら、あごの骨の密度は加齢とともに低下し、骨密度が低いと、インプラントをうめる事が難しいからです。また、インプラントは手術をする必要があるので、全身状態が良くなければ出来ません。その人の口の中や全身がどの様な状態か、将来、口の中がどうなっていくか等を総合的に判断しなければ、どれを選ぶか簡単には決められないと、あつみ歯科医院では考えています。インプラントを売りにしている歯科医の下で治療を受ければ、ブリッジや入れ歯の欠点ばかり聞かされるかもしれません。しかし、迷うようなら即決せず、ブリッジや入れ歯を行っている歯科医師等に、セカンドオピニオンを求めてみてはどうでしょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

«  | ホーム |  »

2017-06

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR