FC2ブログ

Latest Entries

女性の方が歯周病に成り易いの?

女性ホルモンが大好きな歯周病菌がいます。歯周病の原因となる菌の中には、女性ホルモンを栄養源として繁殖する細菌もいます。この細菌は、女性ホルモンのバランスが変わるたび活動を活発にします。ホルモンバランスは思春期、生理中、妊娠中、そして更年期に大きく変動しますから、この時期は注意が必要だと、あつみ歯科医院では考えています。思春期に歯肉炎があると、口の中の炎症がひどくなることがあります(思春期性歯肉炎)。妊娠中も「妊娠性歯肉炎」と言って、歯ぐきの腫【は】れがひどくなる人が増えます。一方、閉経を迎える更年期は女性ホルモン(エストロゲン)の減少に伴い骨粗鬆症【こつそしょうしょう】が進行して歯槽骨【しそうこつ】の吸収が進んだり、歯ぐきの皮が剥け易く成る「慢性剥離【はくり】性歯肉炎」が起こり易く成ります。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



虫歯になりやすい人は歯周病になりにくい?

その傾向はありますが両方かかる可能性も否定出来ません。歯の表面にべったりと付いている歯垢「しこう」(プラーク)は、数百種類もの細菌の共同住宅のようなもので、むし歯菌も歯周病菌も一緒に暮らしています。そう考えると、歯垢がタップリついている人は、むし歯歯周病の両方に成り易そうですが、意外なことにどちらか一方にしか、かからない事が多いと、あつみ歯科医院と考えています。むし歯の細菌は、プラークの中で産を出して歯を溶かします。歯周病の細菌はその酸を嫌う傾向があるので、むし歯菌が優勢になると歯周病菌はおとなしくなるのでしょう。しかし、むし歯の多い人は歯周病にならないと言う事ではなく、プラークが多い人はどちらも発症する可能性があります。また、むし歯菌に感染しやすい体質、逆に歯周病菌に感染し易い体質と言う違いもあるようです。いずれにせよむし歯とも歯周病とも無縁でいたいものです。日々のブラッシングと食生活をきちんと見直して、歯垢のない口腔内を目指しましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

口呼吸だと歯周病に成り易い?

口の中が乾くとプラークが付き易い口内環境に成ります。人間は鼻でも口でも呼吸出来ますが、本来は鼻で呼吸する生き物です。口呼吸をしていると、ウィルスや病原菌に感染しやすい、口腔内が乾燥して唾液【だえき】が減る等の問題が起きてきます。歯周病にとっても、口呼吸は大敵です。口の中が乾燥する為、細菌を含んだ歯垢【しこう】(プラーク)が粘着力を増し、歯の表面にくっつき易くなります。また、唾液が減るので、口の中の自浄作用が低くなり、細菌の活動も活発になると、あつみ歯科医院では考えています。口呼吸が習慣に成っている人は、アレルギー性鼻炎などで鼻が詰まり、鼻呼吸しにくくなっている事があります。まずは口を閉じて鼻だけで1分間呼吸してみて、「苦しい」と感じたら、耳鼻咽喉科を受診しましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯周病が気に成ってキスできない!

感染する可能性は極わずかです。でも、嫌われない様に口の中は清潔にしておく事が望ましいでしょう。歯周病の原因となる細菌は口の中にいるので、キスをすれば相手の口の中に入って行く事は確かです。だからと言って、歯周病が写ると言う事はそんなに多い事ではありません。確かに歯周病は感染症の一つですが、そう簡単には感染するとは、あつみ歯科医院では考えていません。キスに限らず、コップやスプーンの使いまわし等でも細菌がうつる可能性はあります。しかし、それが歯周病として発症する為には、口の中に留まって増殖し、ある程度の量にまで数を増やす必要があります。増える前に唾液【だえき】で洗い流され、排泄【はいせつ】されるのが普通です。勿論、うつされた方の歯に歯垢【しこう】(プラーク)がびっしり付いていれば、細菌がそのまま繁殖する可能性はあります。そのような事のない様に、毎日丁寧にブラッシングして、歯垢を取り除く様にしたいものです。いくら感染しにくいと言っても、歯周病がひどく成れば口臭も強くなります。「キスはイヤ」と思われない為にも、口の中は清潔に保ちましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯周病が原因で親が総入れ歯になった。歯周病は遺伝するの?

遺伝の影響はありますが、こまめにケアすれば予防は可能です。同じような生活習慣でも、歯周病に成り易い人、成りにくい人がいます。それは歯周病に成り易い遺伝子が受け継がれるからかもしれません。免疫がどれだけ働くかは、遺伝に左右されると考えられています(先天的因子)。一方で、歯周病が発症するかどうかどうかは、その人の生活習慣や置かれている環境にもさゆうされる(後天的因子)と、あつみ歯科医院と考えています。後天的因子に気を付けていれば、歯周病を予防する事は可能です。親が歯周病だからと言って諦めず、こまめな歯磨きで予防に努め、歯科医師や歯科衛生士によるチェックも定期的に受ける事が大切です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯周病に成り易い人はいるの?

口の中の環境だけでなく免疫力や生活習慣病が大きく関係します。歯周病に成り易い人には、大きく分けて二つの傾向があります。一つは、歯垢【しこう】(プラーク)が貯まりやすい等、口の中に問題がある事です。もう一つは、全身の抵抗力が弱っている事です。■口の中の環境が悪い人。ナンバーワンは、歯磨きをしない人です。磨き方がいい加減な人や口内の清潔に興味がない人は、歯垢がどんどん溜まります。食生活も重要で、歯垢の基に成る甘い物、唾液【だえき】が出にくい柔らかい物ばかりを食べている人も要注意だと、あつみ歯科医院では考えています。栄養が偏り抵抗力が落ちます。歯ぎしりを良くする人は」歯周組織に負担をかけるので、歯周病を悪化させます。他に、口呼吸をする人、歯並びの悪い人にもリスクがあります。■抵抗力が弱まっている人。歯周病最大の危険因子は喫煙です。たばこを吸っていると歯周病にかかり易く、治りにくくも成ります。また、糖尿病を患っている人、肥満の傾向がある人は全身の抵抗力が弱く、歯周病を悪化させる事が知られています。ストレスが多い人、生活が不規則な人も抵抗力が落ちて歯周病にかかり易くなります。異常の様な危険因子のある人は、生活習慣病を見直しましょう。歯周病は細菌による感染症ですが、一方で生活習慣病と言う側面もあります。口の中の細菌を幾ら取り除いても、生活習慣病を変えなければ歯周病は必ず襲ってきます。歯周病に成りにくい生活を送る事は口の中だけでなく、体全体の健康に大いに役立つ事も確かなのです。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯周病と食生活は関係があるの?

甘い物の摂取は歯周病の原因となるプラークを厚くします。歯周病の原因は歯についた歯垢【しこう】(プラーク)ですが、歯垢を最初に作るのはむし歯の原因菌として知られるミュータンス菌です。食べ物の中のショ糖(砂糖の主成分)をエサに歯垢を作り、そこに後から歯周病原細菌が棲み付くのです。原因となる細菌が口の中に入り込んだとしても、成熟したプラークが無いと歯周病には成りにくいと、あつみ歯科医院では考えています。プラークを分厚く成熟させるのは、甘い食べ物や飲み物です。甘い物を良く口のする人と、そうでない人のプラークを比較すると、前者の方がネバネバが強力で、歯ブラシでも取れにくいのです。世界保健機構(WHO)は、ショ糖の摂取限度を1日の摂取カロリーの10%以内にするように提言しています。これは糖尿病等全身の病気の予防の為ですが、歯周病にも深い関係があります。脂肪分の取り過ぎも問題で、免疫力を低下させ、歯周病が広がり易い口内環境を作ります。栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯周予防の歯磨き剤は使うべき?

使うべきかどうかは、歯科医師等に相談してみましょう。歯磨き剤の有効成分は効果が穏やかな医薬部外品なので、歯周病を治す訳ではありません。歯磨きが上手になると、歯垢【しこう】(プラーク)が落ちたかどうかが感覚的に分かるようになる事が多いですが、歯みがき剤の清涼感はその感覚を鈍らせる事が多いと、あつみ歯科医院では考えています。ステイン(着色汚れ)を除去し、フッ素は歯質を強化します。仕上げに少しだけ歯磨き剤を使い、必要な成分を取り入れるツールとして使う事は有効だと考えています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

«  | ホーム |  »

2017-04

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR