FC2ブログ

Latest Entries

歯の中からは治療できないので手術が必要と言われた。

歯ぐきを切り開き根の先の病巣を取り除く手術です。歯内療法は、歯の頭の方から歯の中を進んで治療しますが、それでは届かない位置に病巣がある場合、歯の外から治療せざる得ません。これを「外科的歯内療法」と言います。様々な術式があり、歯ぐきに膿【うみ】がたまっている時に、歯ぐきを切開して膿を出す緊急処置も含まれていると、あつみ歯科医院では考えています。その中で、最も一般的なのが「歯根端【しこんたん】切除術」です。対象になるのは、根の先に大きな膿の袋があったり、顎の骨が溶けていたりする場合、かぶせ物やその土台が外せず、しかも壊したくない場合、歯の根が折れている場合等、通常の根の治療より患者の負担が大きいので、あくまで、通常の根の治療が出来ない場合に選択されます。術後半年から1年は定期チェックが必要です。手術は、大がかりなものではありません。局所麻酔をして歯肉を切開し、骨を露出させたら、炎症や感染のある組織を、根の先(根尖)と一緒に切除します。根尖の切断面に見える根管【こんかん】を完全に封鎖し、歯肉を縫合して終了です。数日後に抜糸します。翌日から普通の生活が出来ますが、1週間位は顔が腫【は】れます。炎症や感染のあった場所は、数か月で骨に覆われ、治って行きます。ちゃんと骨が再生しているかを確認する為に、術後半年から1年位は定期的なチェックが必要です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



転んで顔をぶつけ、歯が抜けた!植え直しは出来る。

出来る場合もあります。歯が乾燥しない様にして、すぐ歯科医院に行きましょう。交通事故や転倒、激しいスポーツ等で、歯が折れたり、グラグラになったり、抜けたりする事は良くあると、あつみ歯科医院では感じています。そうした外傷歯【がいしょうし】の歯髄【しずい】が残せるかどうかは、折れた場所や折れ方に左右されます。エナメル質がちょっと欠けた位なら、コンポジットレジンで修復出来ます。しかし、折れた所から歯髄が顔を出していたら、抜髄【ばつずい】しなければならない事が多いでしょう。歯の根が損傷した場合も、縦に割れたのか横に割れたのか、根がどれ位残っているのか等で治療方法が違ってきます。怪我からの経過時間も重要です。時間が経つほどに歯髄が生き残る可能性が低くなるからです。歯が完全に抜けたとしても、保存状態が良ければ植え直す事が出来ます。抜けた歯を元の位置に戻し、両隣の歯にワイヤ等をかけて固定するのです。歯髄は死んでしまう事が多いのですが、まだ根が完成していない10代、20代の歯は、残せる事も少なくはありません。抜けた歯は口の中で保存する方法もあります。歯は、速やかに元の位置に戻す程生きる可能性が高くなるので、完全に元の位置に差し戻せるなら、その様に行う事が多いです。それが出来ない時は、可能な限り良い状態で保存しましょう。根に触らず、持つ時は歯の頭の側をつまみます。また、歯が汚れてしまっていても、汚れを拭いたり、水で洗い流したりしないで下さい。根の周囲にある繊維を損傷させない様にする為の方法です。抜けた歯は乾燥させない事が大事です。決して布やティッシュでくるんだりせず、冷たい牛乳(低脂肪乳を除く)の中に入れて保存し、出来るだけ早く歯科医院に行って下さい。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯の神経は取ったはずなのに咬むと痛い。

歯の周りの神経が刺激を感じています。根の先に病気がある可能性もあります。歯根【しこん】の周囲は、歯と顎の骨の間でクッションの役目をする「歯根膜」で取り囲まれています。歯根膜の神経は敏感で、炎症があると、普通に咬んだ位の刺激でも反応すると、あつみ歯科医院では考えています。その為、もう神経は無いのに、歯が痛いと感じるのです。咬んだ時に痛むのは、根の先の骨の中に炎症があるからだと、あつみ歯科医院では考えています。これを、「根尖【こんせん】病変」と言います。歯髄【しずい】と歯根膜は繋がっているので、歯髄の炎症の影響は容易に歯根膜の及びます。根の治療をしても、内容物を取り残すとじわじわ感染が進み、何年も経ってから根の先に病巣をつくるのです。根の治療中には器具が歯根膜に接触しますが、これも痛みの原因になる事があります。炎症が進むと、歯ぐきが腫れて膿【うみ】が出る事があります。膿が歯と歯ぐきの境目から出ているなら歯周病ですが、区別が付きにくい事もしばしばです。膿が溜まった場合は、歯ぐきにお出来の様な物が出来ます。咬むと痛いなら、早めに歯科医院を受診して下さい。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯の神経や根の治療期間中に痛くなった。

軽ければ心配いりませんが、症状が強ければ治療が必要です。歯科医院に連絡してみましょう。歯髄【しずい】は根の先端の穴(根尖孔【こんせんこう】)を通って、顎の骨の中の神経や血管とつながっている為、根の治療を行うと、根管の中の細菌が根から押し出される事があります。すると、体が細菌と闘おうとして免疫反応が起こり、その結果、歯が浮くような感じや、軽い痛みが起こる事があります。こうした症状は、根の先に病巣がある人に比較的良く見られると、あつみ歯科医院では考えています。多くの場合、数日から1週間程度で自然に治るので心配いりません。しかし、ズキズキした強い痛みや、咬むと痛い、歯ぐきが腫【は】れる等の症状があれば、治療が必要です。これは「フレアアップ(急性発作)」と呼ばれる現象で、数%の確率で起こります。応急処置として、根管内を洗浄します。膿【うみ】を出す道を確保するために歯ぐきを切開する事もあります。患者さんには、細菌を殺す為の抗菌薬と症状を和らげる鎮痛薬を内服してもらう事もあります。疲れていると起こりやすいので、治療中や治療後しばらくは、睡眠を十分に取り、体調を整える様にする事が重要だと、あつみ歯科医院では考えています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯の根の治療はレーザーでも出来るの?

治療の一部に併用する事は出来ます。痛みがほとんどないレーザーで、神経や根の治療も出来ればと考える人も少なくないと、あつみ歯科医院では考えています。実際、リーマーファイルで削る代わりに、むし歯治療に用いるレーザーを使う歯科医師もいるようです。レーザーを照射するファイバーを根管【こんかん】の中に入れて、むし歯を削る要領で根管を削って拡大するのです。しかし、この様な使用方法は、一般的に行われていません。レーザーを当てると、その部分にピンポイントで穴が開きます。これを何度も繰り返して一定の面積を削るので、表面がでこぼこしてしまいます。根の治療では感染を防ぐために、治療後の根幹にピッチリと充填【じゅうてん】物を詰める事が重要で、その為には根管の壁が滑らかでなければいけないと、あつみ歯科医院では考えています。レーザーだけでその様に削るのは無理なのです。レーザーには切削【さっさく】、麻酔、止血、殺菌と言う四つの効果があります。根の治療にレーザーが用いられるのは、殺菌作用を生かせる場面です。むし歯治療用とは別の種類のレーザーを、洗浄薬や消毒薬の代わりに使います。根の治療におけるレーザーは、治療の一部に併用する事もあると言う位置づけです。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

CTを使うとどんな利点があるの?

CTは三次元情報が撮れます。歯の神経や根の治療をする歯内療法は、この十数年で大きく変わりました。検査には、CT(コンピューター断層撮影)が導入されています。治療前や、治療中、治療後のCT検査を行う事も出来、根の治療は以前よりもより安全に行う事が出来ると、あつみ歯科医院では考えています。CTで根管【こんかん】の向きを確認。根管は複雑に曲がっている事が少なくありません。二次元のX線写真では画像の濃淡から根管の状態を読み取って、頭の中で立体に再構成するしかありませんでした。根管が、入口から根の先までどんなルートをとっているか、正確にわからなかったのです。しかし、三次元画像が表示されるCTなら、根管のルートを立体的に知る事も可能になるのです。この点が、CTの最大の利点だと考えられています。画像もシャープで、X線写真よりはっきり写し出されます。CTの欠点として良く挙げられるのが、X線に比べて被曝【ひばく】量が多い事です。あつみ歯科医院では、対象者を複雑な症例に限っていますが、心配なら事前にお問い合わせ下さい。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯の神経や根の処置中に起こりやすいトラブルは?

器具が根の先から突き出たり、折れて取り出せない事故は、時々あるようです。治療中の事故で多いのは、器具が根尖孔【こんせんこう】を突き抜けて、顎の骨に届いてしまうケースです。器具は根尖孔から0.5~1ミリの所で止めるのですが、進め過ぎて穴を開ける事があると、あつみ歯科医院では考えています。器具が途中で折れる事故もあります。取り出せない事もあります。器具はステンレス製やニッケルチタン製なので、溶けたり腐ったりする事は無く、根管内に残っていても、歯などに悪影響は及ぼさないと、あつみ歯科医院では考えています。金属が入ったまま充填【じゅうてん】しても、問題はありません。ただ、細菌が残っていたら、折れた器具の周囲に増殖して、根の先に病気を引き起こす原因になります。そうなると、手術が必要になるかもしれません。器具が折れて取り出せない事故は、数%の確率で起こるとされ、ゼロに出来ないのが実情です。この他に、強い消毒薬が顔などに飛ぶ等のトラブルもあります。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

なぜ何枚もX線写真を撮るの?

肉眼で見えない場所なので、写真で治療前の情報収集や治療後の確認を行います。歯の根の治療は肉眼では見えない場所の処置なので、少なくとも治療の前後にX線写真が撮影されます。治療前は、根の本数、根管の長さや形などを知る為、治療後はきちんと充填【じゅうてん】されているかを確かめる為です。大臼歯【だいきゅうし】は根の本数が3、4本あり、一方向からの写真では全容がつかみにくいので、角度を変えて2,3枚撮影する事が多い様に、あつみ歯科医院では考えています。治療中に撮影する事もあります。根管の長さを測る機械は、歯の状態や測定器の電流の状態で誤差を生じる事もあるので、根管の長さを確かめたり、その時点までどれ位削ったかを確認したりする為に使います。写真を撮るのは手間がかかるのに、保険請求出来る保険点数は少ないので、それをいとわず、写真を撮る歯科医師は信頼できると、あつみ歯科医院では考えています。特に、治療後の写真を見せて説明してくれる先生は、間違いなく信頼出来る歯科医師です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯の根の治療はどんな流れで進んで行くの?

抜髄と似ていますが、根管の内容物を除去した後、しっかり消毒を行います。治療前にレントゲン写真を撮って根管【こんかん】の状態を確かめ、むし歯の部分と歯髄腔【しずいくう】の上の象牙質【ぞうげしつ】を完全に取り除きます。ここまでは、抜髄【ばつずい】の手順と変わりません。局所麻酔は必要であれば行われます。歯髄腔の屋根は、内容物の取り残しや消毒の不完全さを招かない様に、丁寧に取り除きます。歯髄腔の壁を少しずつ削って空間を広げ、中の腐った組織や細菌を取り除き、内部を洗います。中が綺麗になると、根管の入り口が見えてくるので、電気的根管長測定器により根管の長さを測って、リーマーやファイルに突き抜け防止のストッパーを付けます。まず、歯髄腔の壁と根管がスムーズにつながるよう、根管の入り口を漏斗【ろうと】状に拡大してから、根管を広げて行きます。1ミリ先に進ませるだけでも1時間以上かかる事もあります。言葉にすれば簡単ですが、曲がったq根管を滑らかに広げるのは至難の業です。壁に段差が出来ると充填【じゅうてん】が上手くいかず、感染の原因になりかねませんし、複雑な形の根管には、器具が届かない事もあると、あつみ歯科医院では考えています。複雑な根管は、1ミリ先に進ませるだけでも1時間以上かかる事もあります。それを、根気良くどこまでやるかで、この治療の成否が決まると言って良いでしょう。その後、内部を洗って、次亜塩素酸ナトリウム等で洗浄、消毒し、ペースト状の水酸化カルシウム製剤等を歯の中に入れて、セメントなどで蓋をします。治療は通常、数回かかるので、1回ごとにこの作業を行います。根管内が無菌になって炎症が鎮まったら、ガッタパーチャを歯髄腔に入れ、隙間をセメントで埋めて、】充填を完了します。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

«  | ホーム |  »

2017-01

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR