FC2ブログ

Latest Entries

ストレスでむし歯になる事があるの?

唾液の分泌が減るとむし歯菌が活発になります。唾液【だえき】は、口の中の衛生環境を整える働きをしています。口の中のpH【ペーハー】(酸性やアルカリ性の度合いを示す指標)を中性に保つとともに、歯の再石灰化を促したり、殺菌作用によってむし歯や口臭を防いだり出来ると、あつみ歯科医院では考えています。所が、唾液の出が悪くなり、口の中が乾いたり、食べ物が飲み込みにくくなる「ドライマウス」になると、むし歯菌が活動しやすい環境になります。幾つか原因はありますが、ストレスも一因と言われています。ストレス下にいると、活動的な時に優位になる交感神経が働き、唾液が出にくくなるのです。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



好みの飲食物によってはむし歯に成りやすくなる?

糖質はむし歯の、酸性の物は酸食症のリスクがあります。むし歯菌の大好物は、糖質です。甘い物を控えれば、むし歯が全く出来ないと言う事はありませんが、予防につながると、あつみ歯科医院では考えています。ビタミンCやクエン酸等の強酸性の成分が入っている飲食物は、むし歯だけでなく、成人であれば「酸蝕歯(症)」に成る恐れがあります。例えばpH【ペーハー】5.5以下(脱灰【だっかい】が起こる数値)の飲み物を飲んで、そのまま寝れば当然リスクは増大しますが、飲んだ直ぐ後に強く歯磨きをしても、リスクは高まります。飲み物の酸によって、一時的に柔らかくなったエナメル質が僅かですが削り取られるからです。酸蝕歯の兆候は、熱い、冷たい飲み物がしみる様になったり、歯の表面が光沢を帯びたり、内側の象牙質が透けて見える為歯が黄色くなったりします。酸蝕歯は、むし歯や歯周病の予防がしっかり出来る現代人こそなる物です。高齢期のむし歯や歯周病の原因にもなりますので、歯の磨き方や、飲食直後の口ゆすぎ等、意識すると良いと、あつみ歯科医院では考えています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯科治療で使われるレーザーではどんな事が出来るの?

歯を削る等、様々な目的で使われています。レーザー(人工的に増幅した、エネルギーの高い光)は様々な分野で使われていますが、歯科で用いられる主な用途は、次の四つだと、あつみ歯科医院では考えています。①歯を削る。一部保険適用になった「エルビウム・ヤグレーザー」は、むし歯治療に使われます。痛くないむし歯治療に使われます。痛みの少ないむし歯治療の代表的なものですが、通常の削る治療より5~10倍の時間がかかります。②軟組織(歯ぐき等)を切る。歯周病治療などの為、歯ぐき等の軟組織を切る、メス的な役割りをします。①と同じ「エルビウム・ヤグレーザー」を歯周病治療時の歯石除去に使う場合も、一部保険適用になっています。③むし歯の診断。患部に当て、知覚神経の過敏症抑えます。その他、炎症や痛みを緩和する治療法もあります。主な物は3種類です。■半導体レーザー。レーザーポインターとして良く使われます。歯科では、むし歯診断機器等に使われています。■CO2レーザー/ネオジウム・ヤグレーザー。歯ぐき等の軟組織を切る等、メスとして主に使われます。■エルビウム・ヤグレーザー。歯を削るのに用いますが、軟組織切開等、メスとしても使います。歯科用レーザーは広く応用されていますが、奥歯の光の届かない部位等、症状や患部の場所によっては使えない事もあります。担当医と十二分に相談される事を、あつみ歯科医院ではお勧め致します。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

突然の歯痛!応急の痛み止めはどうすれば良いの?

応急処置として冷やす、鎮痛薬服用も有効ですが、一刻も早く歯科医院へ行くのが良いでしょう。基本的には、急性の歯の痛みは冷やすのがお勧めです。腫【は】れているなら、水を含ませたタオルで、痛む付近の頬を外から冷やします。しかし、余りに痛みがひどい時は、何をやっても効果がない場合があります。更には、冷やすと余計に痛くなる事もあるので、注意が必要だと、あつみ歯科医院では考えています。他の応急処置法には、市販の痛み止め(頭痛薬と同じ物)がありますが、余り効かない事もあります。「正露丸」を細かくして詰めたり、「今冶水【こんじすい】」を脱脂綿に含ませて詰めたりするのも良いかもしれませんが、場合によっては余計に痛みが増す場合もあるので注意をして行って下さい。そして、出来るだけ早く歯科医院で診て貰うのが良いでしょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

決まった時間に歯が痛くなる気がする。

夜間や入浴中にむし歯が痛む事があります。むし歯による痛みを大きく分けると、外的刺激(むし歯の穴に物が詰まる、冷たい物等を口に含む)により生じる「誘発痛」と、刺激が加わらないのに生じる「自発痛」とに分けられると、あつみ歯科医院では考えています。自発痛が生じるむし歯の症状で代表的なものに、急性化膿性歯髄炎【きゅうせいかのうせいしずいえん】があります。これは歯髄が感染によって炎症を起こした状態ですが、体温が上昇すると、炎症が増長され、痛みが発生したり強くなったりする事があるそうです。ギリギリの所で自発痛には至っていない状態、、あるいは弱い自発痛のある歯において、体温が上昇すると、痛みが発生、あるいは強くなる場合があります。入浴で体温が上昇するのは理解できますが、入眠事になぜなのでしょうか?。布団の中で温まる事以外にも、睡眠時に優位になる副交感神経の作用によって血管が拡張し、それに伴う体温上昇が関係していると、あつみ歯科医院では考えています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

むし歯の原因菌を無くしたい!

バイオフィルム形成菌を除去し、口の中をリセットする方法があります。歯科衛生士等の専門家が、歯垢【しこう】(プラーク)や歯石着色汚れを除去し、むし歯や歯周病を予防する「PMTC」と言う方法があると、あつみ歯科医院では、提唱しています。これを実施するだけでも口の中の悪玉菌はかなり減りますが、加えて、歯の表面上に生息するむし歯菌などを除去して、むし歯を徹底的に予防しようと言う方法が、3DS【スリーディーエス】(Dental Drug Deliverry System)です。具体的な方法は、まず自分の口の中の細菌の状況を、唾液【だえき】検査等で確認します。歯の表面に住み付く、ミュータンス連鎖球菌等のバイオフィルム形成菌が多い事が判明したら、十分な説明により同意を得たうえで、歯型を取りトレー(ドラッグリテーナー)を作ります。歯面を専用の器具で清掃したのちに、トレーに殺菌消毒剤を塗布し、歯にはめて5分間置きます。これを3日~1週間程度の間隔で2回以上実施し、その間自宅でも毎日ドラッグリテーナーを使い、薬剤で歯を除菌します。2カ月後に再び細菌検査を行い、最初に検査した時に自分の口の中に多くいた、バイオフィルム形成菌が一定量以下になっていれば終了です。次回以降行うかどうかは、唾液検査による細菌の状態によると、あつみ歯科医院では考えています。数値が悪くなければ再度受ける必要はなく、口腔【こうくう】内や歯の悪玉菌優位の状態をリセットする事が目的です。これからの高齢社会に向けて、90歳になっても自分の歯を保ち、健康で過ごす為には、30歳か40歳位から戦略的に歯のケアをして行く必要があります。その為に、トレーを使って、バイオフィルムを形成し歯の表面に住む細菌を除去し、口腔内や歯の状態を一旦リセットするのが目的です。PMTCと家でのケアを行って頂いた上で、3DSを実施すると、高齢になってもかなり歯を残せるはずです。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

むし歯になりやすい歯や場所はあるの?

成人から高齢者は、一度治療した歯や歯間、歯根部に多くなります。一度治療した歯がむし歯になりやすいのは、詰め物やかぶせ物と歯の間に出来た僅かな隙間から、むし歯菌が出す酸やむし歯菌が入り込む為だと、あつみ歯科医院では考えています。歯と歯の間も、実は成人の多くがむし歯になっているそうですが、進行が遅いので発見されず、ある日突然、歯の上の部分(歯冠【しかん】)が割れて、中に穴が空いていたと分かる事が多いようです。高齢者で最も多いのが、「根面う蝕【しょく】」です。この部位は歯磨きが比較的難しく、加齢によって唾液【だえき】が減る、糖質の多い食生活を送っていると言った複合的な理由で、むし歯に成り易いのです。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

詰め物が取れたのに放置していた。

中途半端にくっついているよりマシですが早めの治療が望ましいです。以前に治療した歯の詰め物が、キャラメル等にくっついて取れてしまった経験をした人は多いはず。もちろん直ぐに歯科医院に行って、詰め直して貰えば良いのですが、つい忙しくしてついそのまま放置してしまう人もちらほら見受けられるように、あつみ歯科医院では、捉えています。歯科医師として外れたまま放置しておく事はお勧めできませんが、詰め物が下手にくっついているよりも、取れた方が治療の必要性に早く気が付きますので、まだ良いと思われます。むし歯菌は空気が嫌いな嫌気性菌ですから、接着が劣化していても中途半端にくっついているより、取れて酸素に触れさせる方が状況は良いのです。直ぐに歯科医院に行かないと不自由だと思いますが、良く磨いていれば悪化しない事もあります。また、象牙質【ぞうげしつ】は極細の管が歯髄【しずい】に向かって走っていますが、その間を抜けて入ってきた細菌や酸が、歯髄に向かってどんどん入り込んでしまうと、あつみ歯科医院では考えています。もちろん長期間放っておけば、むし歯菌が侵入してしまう危険性はどんどん高まってしまいます。詰め物が取れてしまったら、なるべく早く歯科医院に行きましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

「歯を抜かないとダメ」と言われた。

歯内療法で治らない、歯周病が進み過ぎている、そんな場合は抜歯も必要です。永久歯を抜歯する2大原因は、進行し過ぎたむし歯と歯周病だと、あつみ歯科医院では考えています。むし歯の場合、自分の歯を守る最後の砦【とりで】が歯内療法です。歯内療法の専門家の多くは、治療後の歯の寿命が短い事が予想出来ても、やはり出来るだけ患者さんの歯の根元を残してあげたいと考えます。それでも抜かざるを得ないのは、歯の根の残りが余りにも少なくて、支台築造【しだいちくぞう】(治療した歯にかぶせ物の土台を作る事)が出来ない場合だと、あつみ歯科医院では考えています。抜歯の判断は、歯科医師によって異なりますので、良く相談して下さい。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

«  | ホーム |  »

2016-10

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR