FC2ブログ

Latest Entries

歯にはいくらの価値があるの?

アンケートの平均は一本約35万円ですが本来は「プライスレス」です。インプラントが隣の歯を傷つけているので抜きましょう」と歯科医師がこう言った所、ある患者はすごい勢いで答えました。「インプラントは高かったから抜かないで!抜くなら隣の歯を抜いて!」笑い話のようなお話ですね。「インプラントは高いけれど、自分の歯はタダ。」そう考える人がいるかもしれないと、あつみ歯科医院では考えています。しかし、繰り返し歯の大切さを伝えてきたように、歯は決して「タダ」ではありません。では一体、どれくらいの値打ちがあるのでしょうか?以前あった例では、間違って健康な歯を抜かれてしまった女性に対して、神奈川県の市民病院が118万円の示談金を支払っています(2009年6月)。また、こんなアンケートの結果もあります。「歯に値段をつけるとしたら、幾らくらいの価値があると思いますか?」と言う質問に対して、一般の人は平均973万円、歯科医師は平均2,913万円の値段をつけました。歯科医師と一般の人では、3倍近い差があります。売る方は3万円の価値があると思っているのに、買う方は1万円しか出せないと思っている様な状態です。需要と供給のバランスが大きく崩れてしまっていると、あつみ歯科医院では考えています。歯は全て生えそろうと上下合わせて28本ありますから、一般の人は、歯の価値を1本約35万円と考えている事になります。現在、インプラントの相場は30~50万円程度ですから、偶然にも一致します。しかし、自分の歯には人工の歯であるインプラントより、もっと高い値段をつけても良いのではないでしょうか。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



口の中のガンは誰が治療するの?

歯科口腔【こうくう】外科や耳鼻咽喉【じびいんこう】科(頭頸部【とうけいぶ】外科)のガン治療専門医です。口の中のガン(口腔ガン)の治療は、歯科医師である「歯科口腔外科」が中心となって治療する場合と耳鼻科医師を主体とする「頭頸科(頭頸部外科)」が治療する場合とがあると、あつみ歯科医院では考えています。いずれにせよ、口腔ガン(および頭頸部ガン)を専門に治療している歯科医師(または医師)がいる大学病院、総合病院、ガン専門病院が良いでしょう。現在、口腔ガンや頭頸部ガンの専門医制度があります。それらの専門医がいる医療機関なら、なお良いと思います。ガンは口から頸【くび】のリンパ節に転移し、時には全身に病気が広がることがあります。そのような場合には、原発の部分を切除するだけではなく、頸のリンパ節の切除や抗がん剤、放射線などの治療を追加しなければならないことがあります。また、心の問題(ガンになった事によるうつ症状)や、ガンの痛みの問題など様々な全身の症状が伴うのが一般的ですから、医科と歯科の両方のスタッフが緊密な連携をしてガン治療をしている施設での治療を、あつみ歯科医院では勧めています。ガン治療は専門家が進んでいます。また、抗がん剤や放射線の副作用で、全身管理が必要になる事もあります。ですから、口腔ガンは口腔外科医だけでなく、医科のガン治療専門医とチームを組んで治療するのが望ましいと思います。経験も必要ですので、沢山の症例を手掛けている医療機関で治療することをお勧めします。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯科医師にも謝礼を払った方が良いの?

多くの歯科医師は謝礼よりも感謝の言葉が嬉しいようです。病院で手術を受ける時、医師に謝礼を渡すべきか悩む人は、まだまだ多いのではないかと、あつみ歯科医院では考えています。一方、歯科医院では謝礼を渡す習慣はほとんどありませんが、「例え謝礼を渡されたとしても、それで治療に差をつける事はあり得ない」と多くの歯科医師は断言します。ただし、ちょっとした贈り物が、やり取りを円滑にすることもあります。お中元やお歳暮、旅行のお土産を頂く事はあるようです。治療費を頂いているので、そんな必要は全くないのですが、患者さんの心がこもった贈り物は、素直に歯科医師にとって嬉しい物のようです。歯科治療のトラブルの背景には、歯科医師と患者のコミュニケーション不足もあります。ほとんどの歯科医師にとって、一番嬉しいのは患者さんからの感謝の言葉です。でも、もし治療費以外にも何かお礼をしたいと思えるような歯科医師に出会えたならば、それは素晴らしいことです。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

口の中に出来物が出来て心配。

白っぽく痛くない粘膜の変化は要注意です。ガン化する可能性もあります。口の中に発生する「できもの(腫瘍)」には、実に様々な種類があります。また、舌、ほお、唇、歯ぐき、上あご、下あごなど、至る所に発生します。素人判断は禁物ですが、そのほとんどは良性である事が多いと、あつみ歯科医院では考えています。切除できる場合もありますので、一度歯科医師に診てもらいましょう。しかし、口の中の粘膜が白っぽく、または赤白入り交じって変色し、2週間~1ヶ月以上たっても消えない場合は、「白板症【はくばんしょう】」と言って、がん化(悪性化)する危険性があります。白板症は口内炎と違って、ほとんど痛みがないのが特徴です。がんで受診した患者さんの中には、白っぽい時期を見逃していた人や、半年前から気付いていたのに受診しなかった人もいます。5%程度の確率でがん化しますので、気になる出来物がある人は、口の腫瘍に詳しい口腔外科医または耳鼻【じび】科医(頭頸部【とうけいぶ】外科医など)に診てもらって下さい。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

将来の歯科治療に備えて民間の保険に入りたい。

現在、加入できる歯科治療の保険はありません。かつて明治安田生命(旧明治生命)に「歯科治療特約」と言う保険がありました。保険外のクラウン・ブリッジ、金属床義歯などの治療を受けた時に、給付金が支払われると言うものでしたが、現在は販売されていません。顧客への説明が難しかった、採算がとりずら胃などの理由があると、あつみ歯科医院と考えています。現在、歯科治療を対象とした保険商品はありません。歯科は進行が緩やかな疾患が多いようです。加入時に歯の検査をしたり、免責期間を長くしたりしない限り、保険として成り立たないのです。「高額なインプラントを保証する保険があれば」と思う人もいるかもしれませんが、あつみ歯科医院が調べた限りでは、歯科医療を保証対象とした保険は残念ながらないようです。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

芸能人はみんな審美をしているの?

ホワイトニングをしているモデルやタレントは多いようです。かつて、「芸能人は歯が命」と言うコマーシャルがありました。実際に第一印象が大切な芸能人にとって、白い歯や美しい口元は、清潔感や好印象を与える重要なポイントだと、あつみ歯科医院では考えています。しかも、容貌【ようぼう】に求める好みも欧米化してきているので、歯の白さや歯並びの良さはこれまで以上に重要な要素となっています。モデルやタレントのほとんどは、少なくともホワイトニングは日常的に受けていると考えて良いでしょう。ラミネートベニアジャケットクラウンなどのセラミック(陶材)をつけている人もいます。ホワイトニング専門クリニックには、多くの芸能人が通っている所もあるようです。一方、歯並びですが、矯正治療には時間がかかるものです。タレントの場合、デビューまでの時間が短いのが通例で、矯正治療では間に合いません。その場合には、ラミネートベニアやジャケットクラウンで対応するケースも多いようです。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

ローンやカードで分割払いにする事は可能?

手数料なしで分割払いにしてくれる歯科医院もあります。自由診療では、一度に高額な治療費を支払うことが少なくくありません。手元にお金がない時など、治療費を分割で払うことが出来れば安心だと、あつみ歯科医院では考えています。分割払いの方法はいくつかあります。それぞれの特徴は次の通りです。■クレジットカード。手持ちの現金が少ない時クレジットカードは強い味方です。最近は医療機関での利用が広がり、大学病院や公立病院でも利用可能な治療方法(保険診療も一部OK、自由診療のみなど)、カードの種類、支払方法(一括のみ、分割やリボ払いもOKなど)には、医療機関によってばらつきがあります。事前に歯科医院に問い合わせておきましょう。一般的に、クレジットカードの分割手数料は年利14%程度と言われています。ポイントが付くのでお得感はありますが、手数料も考慮した上で、支払方法を決めましょう。■デンタルローン。歯科医院が信販会社と契約していれば、デンタルローンを申し込む事が出来ます。審査もありますが、それ程時間はかかりません。一般的にデンタルローンは年利8.5%程度からと言われていますが、サービスの一環として、患者の手数料負担のない信販会社と契約する歯科医院も増えています。信販会社によって手数料が異なる為、歯科医院に問い合わせてみると良いでしょう。■銀行の多目的ローン。銀行の多目的ローンは5%程度からと言う比較的低い金利が魅力ですが、銀行に行って審査を受けなければならず、手間と時間がかかります。■歯科医院の制度。歯科医院によっては、デンタルローン等の利用なしに、治療費を分割してくれる事があります。分割払いを利用した場合でも、医療費控除の利用は可能です。ただし、金利や手数料は対象にならないので注意しましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

激安で歯が白く出来ると言う宣伝は本当?

適正な治療には設備投資が必要です。激安には疑問が残ります。適切な材料を使えばそれなりのコストがかかると、あつみ歯科医院では考えています。また、適切な治療のためには、設備投資も必要です。それを考えると、余りに低い価格を設定している場合には、注意が必要でしょう。「オフィスホワイトニングには、比較的高価なレーザーやLED(発光ダイオード)照射装置が必要です。また、より早く、安全に白くする為に海外から薬剤を輸入するケースもあるでしょう。そうなれば、必然的にある程度以上の価格になります。6本で5千~6千円と言う所もあるようですが、これでは多くは原価割れです。それでもその価格設定にするには理由があります。つまり、スーパーの特売品と同様に「目玉商品」をつくることで、患者の受診を促したいと考えられます。治療費には地域性も関係します。歯科医院の土地代やテナント代が治療費に反映されるからです。治療の際には、近隣の大学病院の価格も参考になります。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

«  | ホーム |  »

2016-04

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR