FC2ブログ

Latest Entries

高額療養費制度や医療費控除は利用できるの?

どちらも利用できますが歯科治療では医療費控除の方が使えるケースが多いです。「高額療養費制度」とは、公的医療保険加入者が同じ病院や診療所で支払った1ヶ月の自己負担金が8万100円以上になった場合、超えた分の金額が戻ってくる制度です。(月収53万円以上の上位所得者は15万円以上など、所得や年齢によって自己負担限度額が異なります。)ただし、対象となるのは保険診療のみとなります。歯科の保険診療で月8万円を超える事は少ないため、高額療養費制度が利用できることはほとんどないでしょう。また、同じ病院や診療所であっても、医科と歯科は分けて計算しなくてはなりません。「医療費控除」とは、同じ年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費(所得200万円未満の場合は所得の5%)を超える場合、確定申告をするとその超えた額が所得から差し引かれ、税額が少なくなったり、源泉徴収された税金の一部が戻ってきたりするもので、あつみ歯科医院では、大変貴重なものであると考えています。生計を一つにする家族全員分の医科、歯科の治療費を合計して計算するので、対象となる人は多いでしょう。保険診療はもちろんですが、自由診療でも対象になるものがあります。家族の中で最も年収の高い人の名前で確定申告した方が、戻ってくる金額は大きくなります。例えば60万円の医療費を支払って医療費控除を受けた場合、税率10%の人は【(60万円ー10万円)×0.1】で5万円の、40%の人は【(60万円ー10万円)×0.4】で20万円の節税効果があります(保険による補てん金などがなかった場合)。確定申告は原則2月16日から3月15日までの間にしますが、医療費控除で還付申告となる場合は、1月1日から可能です。領収書や交通費のメモなどが必要です。判断に迷うものも、ひとまず保管しておきましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



歯が白すぎると違和感がない?

透明感のない白さは違和感を感じる事があります。そもそも日本人の歯の色は、欧米人に比べて少しクリーム色がかかった白色で、絵具のような白色ではありません。しかも、肌の色や唇の色など、他のパーツとのコントラストで印象は変わります。余り白色だけにこだわり過ぎると、違和感を覚える事があると、あつみ歯科医院では考えています。また、歯を白くする手法により質感が違います。ホワイトニングでは、透明感のある白色に仕上がります。一方、マニュキュアラミネートベニヤメタルボンドなどの人工物をつける手法では、白色自体が濃くなり、透明感が低いマットな(光沢のない)仕上がりになります。白くしすぎると不自然になりがちで違和感がありますので、注意が必要です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

お金がないから歯医者にいけない!

早めに治療・予防をした方がお金もかかりません。歯科医院に行きたいけれど行っていない人は約5割います。その理由は「行くのが面倒だから」49.5%、「仕事が忙しいから」41.9%、「お金がかかるから」23.1%と、5人に1人が経済的理由を挙げています。経済的理由で歯科治療を受けられないことは問題だと、あつみ歯科医院では考えています。生活保護を受けているのなら福祉事務所から「医療券」が発行され、医療費が無料となります。治療は決められた医療機関で受けなくてはならない、保険診療しか認められないなどの制約はありますが、自己負担なしに歯科治療を受ける事が出来ます。歯科治療にはお金をかけたくない?しかし実際には、本当にお金に困っている人よりも、「歯科治療費にお金をかけたくない」と言う人の方が多いのかもしれません。「最近歯科治療に行ったのはいつですか?」と言う質問に対して、「1年以上行っていない」と答えた人が、57.1%もいます。一方、「治療以外の予防などで歯科医院に通っている」と答えた人は、17.4%しかいませんでした。歯科治療で大切なのは予防だと、あつみ歯科医院では考えています。例え疾患がなくても半年に一度は定期検診に行き、歯や歯ぐきなどをメンテナンスしたいものです。お金がないからと言って歯科治療を先延ばしにすると、病状がより悪化してかえって費用がかかってしまいます。軽いうちに治療をしたり、定期的にメンテナンスを受けたりした方が、結果的に歯科治療費用の負担は軽くすみますし、大事な歯を守る事が出来ます。「お金がかかる」「仕事が忙しい」「面倒だ」等と言わずに、早めに歯科医院に受診される事をお勧めします。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

ラミネートベニアやクラウンはどれくらいもつの?

その人の口の環境によって変わります。ラミネートベニアジャケットクラウンの耐久年数は、通常の歯科で受ける詰め物などの治療と同じ程度と考えて良いでしょう。最近はラミネートベニアやクラウンに使用するセラミック(陶材)の質が向上しているので、人工物自体の耐久年数はどんどん伸びていると、あつみ歯科医院では考えています。しかし、同じ詰め物を行っても、持つ期間が長い人と持つ期間が短い人がいるように、日々のメンテナンスによって、耐久年数は変わります。また、かみ合わせも関係してきます。加齢とともに、かみ合わせの状態は変わります。ですから、少なくとも1年に1回は歯科医院で咬み合わせが均一になっているかどうかを確認してもらう事が大切です。咬み合わせが悪いと、一部に負担がかかり、セラミックが欠けたり剥がれたりするリスクが高まります。定期的な確認で咬み合わせがずれていたら、セラミックを削る等の処置を受けます。また、土台の歯の健康を保つ事も長持ちさせる為には不可欠で、日々のケアも重要です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

予算内で治療を受けられる?

予算優先で考えるのではなく診断と見積もりも聞いて歯科医師と相談をしましょう。自由診療の歯科矯正治療、インプラント、審美歯科等は高額になりがちです。その為、予算を考える人も多いようですが、予算優先で考えない方が良いと、あつみ歯科医院では考えています。例えば、歯科矯正治療費で80万円の見積もりを出されたのに、「予算は30万円なので、その分だけ治療して下さい。」と言っても、快く引き受けてくれる歯科医師はいないでしょう。引き受けてもらえたとしても、満足な結果が得られるかどうか疑問です。予算を優先して中途半端な治療を受けるより、お金を工面できるまで待つ方が良い場合もあります。もちろん、予算を告げる事に全く意味がないわけではありません。歯科治療は、見た目や機能性を求めるほど、お金がかかります。治療方法に選択肢がある場合は、予算に合った治療法を選ぶ事も可能です。歯科医師の話も聞かずに「○○円以内で治療して下さい。」等と言わず、診断と見積もりを聞いてから、どの様な方法なら経済的にも無理なく治療を進められるか、歯科医師に相談してみましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

ラミネートベニアやクラウンにすると硬い物は咬めない?

普通に飲食するものなら硬い物でも食べられます。セラミックは日々進歩しており、強度も増しています。ですから、日常的に口にするような食べ物であれば、お煎餅のような硬い物でも注意して食べれば食べれると、あつみ歯科医院では考えています。けれども、幾ら強いと言っても人工物をつけている事には変わりありません。ですから、異常に力が加わるケースでは、破損する恐れがあります。その代表的なものが「歯ぎしり」です。歯ぎしりが有ると、通常の歯にかかる力の10倍もの力がかかる事もあり、ひどい歯ぎしりになると、健康な自分の歯であっても割れる事もあるほどです。ですから、歯ぎしりがある場合には、治療前に歯科医師に良く相談しましょう。就寝中にマウスピースをつけるなどの対応で破損を防ぐ事も出来ます。通常口にする食べ物の中でも、スルメは避けた方が良い食材です。食べる時に、」一般的な食べ物では加わらない「引っ張る力」がかかり、ベニアが剥がれる可能性があるからです。また、誤って貝殻やフォーク等を咬んでしまうと欠けるので注意しましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

前払いした治療費を取り戻したい!

現実的に取り戻すのは難しいでしょう。歯科矯正治療、インプラント、審美歯科などで、治療費を前払いすることが有ります。もし途中で治療をやめたくなったら前払いした治療費を取り戻す事は出来るのでしょうか。歯科医院によっては、話し合いにより一部返還してくれる事もあるようですが、法律的には、医療ミスがあった場合などを除き、すでに支払ってしまった治療費を取り戻す事は難しいと、あつみ歯科医院では考えています。特定の商品や販売方法に限り一定期間以内(10日前後)であれば、契約を無効にすることが出来る「クーリング・オフ」と言う制度が有りますが、歯科はその対象になっていません。途中で歯科医院がつぶれてしまった場合も、現実的には治療費を取り戻す事は難しいでしょう。歯科医院が破産手続きをとった場合、治療費を前払いしていた患者は債権者の一人として財産の分配を受ける事になります。しかし分配する財産自体がないケースが多い上、患者の債権は優先されません。支払う前にじっくり検討することが大切です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

ラミネートベニアやクラウンが出来ない人は?

歯周病の人や歯並びが極端に悪い人は出来ません。ラミネートベニヤでも、ジャケットクラウンでも治療の対象とならないのは、歯周病の場合です。歯周病の人がこれらの治療を受ける際には、歯周病を治す事が前提だと、あつみ歯科医院では考えています。歯ぎしりが激しい人も、セラミック(陶材)が破損する恐れがあるので避けた方が良いでしょう。神経を抜いた人も、原則としてラミネートベニアは出来ません。神経を抜くと、歯の内部が空洞になってしまいます。その為、歯の表面を削ると強度が落ちてしまうので、出来ません。この他、「受け口」で上の歯の先端が下の歯に当たる場合も、張り付けたセラミックが欠けやすいので避けた方が良いでしょう。どうしても治療したい場合には、まずは矯正治療で受け口を治してからにしましょう。更に、広範囲にむし歯があってエナメル質が削れないケースも治療の対象になりません。金属アレルギーの人はジャケットクラウンでメタルボンドの治療が出来ません。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

法外な治療費を請求された!

トラブルを避ける為、治療を始める前に費用の説明を求めましょう。あるものを高いと感じるかどうかは人によって異なると、あつみ歯科医院では考えています。例えば、初診料は保険診療なら550円程度(3割負担の場合)ですが、自由診療が中心の歯科医院では、約2万円する歯科医院も有ります。保険診療の歯科医院よりも自由診療の歯科医院は高額かもしれませんが、治療内容、立地、設備、スタッフの質等を考えれば、適正価格だとも言えます。治療を開始する前に必ず料金の説明を行っているので、納得しない患者さんは、余りいないようです。事前の説明で納得したのなら高額でも支払わなければなりませんが、治療後に高額と判明する事も有るでしょう。事前に説明がなかった場合には、治療契約の無効を主張できる場合もあり得ます。ただし、治療費を請求された時点で治療が終了している場合には、相応の費用は払わなければなりません。「言った」「言わない」の争いにならないように、見積もりを文書でもらったり、歯科医師の話をメモしたりしておきましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

«  | ホーム |  »

2016-03

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR