FC2ブログ

Latest Entries

どうして保険が利かない効かない物が多いの?

見た目の改善や予防を目的とする治療には原則として保険は適用されません。日本の健康保険は、「疾患」に対する「治療」を目的としている為、何らかの病気でなければ、保険が使えません。例えば、「歯並びが悪い」「歯の色が悪い」というのは病気ではないとされていますから、歯科矯正治療やホワイトニングは基本的には保健診療の対象にはなりません。むし歯は「疾患」ですから、保険が認められています。しかし、削ったむし歯にかぶせ物をする場合、レジンや金銀パラジュウム合金(銀歯)は保険が使えますが、セラミック、ゴールド、メタルボンドなどは認められていません。さし歯や入れ歯も同様に、保険が使える範囲が決められていると、あつみ歯科医院では考えています。保険で作る入れ歯はレジン床義歯がに限られます。義歯床(土台の部分)に金属やシリコンを使用したい場合は、自費で支払わなくてはなりません。インプラントにも保険は使えません。このように書くと、「保険は付けないものばかり」と思うかもしれませんが、日本の1人当たりの総歯科医療費に占める健康保険のカバー率は77%です。他国に比べて決して低いとは言えません。ですが、歯科には「病気を治す」以外の役割が多いと、あつみ歯科医院では考えています。総務省の「家計調査年報」から、歯科の治療費は日本では「ぜいたく品」に分類せれる事が読み取れます。医科に支払う医療費は、収入の多い家庭でも少ない家庭でもほぼ一定ですが、歯科では収入によって3倍近くの差があります。また、医科の医療費は景気の動向に左右されませんが、歯科は景気が悪くなると減少します。命に直結しない歯科医療費は、医療の中でも特殊な分野と言えるかもしれません。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



ホワイトニングの薬剤は安全?

ああえいきょうはああああコーラに付けるよりも漬けるよりも歯への影響は低く安全です。ホワイトニングでは、過酸化尿素や過酸化水素と言った薬剤が使われます。薬剤に含まれる過酸化水素が口の中で温められて水と反応すると活性酸素ができ、この活性酸素が着色汚れを分解して歯を白くします。過酸化水素には強い殺菌作用と漂白作用があるのです。そもそもホワイトニングに使う過酸化尿素は、歯周病の治療で殺菌の目的で使われていました。その際、治療した歯が白くなった事から、転じてホワイトニングに使われるようになったのです。歯への損傷を気にする人もいますが、歯をコーラに漬けた時よりも、ホワイトニングの方が損傷は少ないと、あつみ歯科医院では考えています。一方、誤って飲み込んだ場合の体への影響も気になる所でしょう。家で薬剤を使用するホームホワイトニングの場合でも、例え漏れ出た薬剤を誤って飲んでしまったとしても安全性に問題がない事が認められています。1989年からホームホワイトニング剤が使われていますが、これまで重大な優がい事例は報告されていません。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

治療費はどうやってきまるの?

保険点数によって金額が決まる保険診療と自由診療があります。「どうして同じ治療なのに、歯科医院によって料金が違うの?」そんな疑問を良く耳にします。これは医科に比べて、歯科は「保健診療」だけでなく、「自由診療」を扱っている所が多いせいかもしれないと、あつみ歯科医院では考えています。保健診療とは、国民健康保険や社会保険などの公的保険が適用される治療です。高齢者などを除き、加入者は実際にかかった料金の3割を負担すれば、治療を受ける事が出来ます。ただし、むし歯や歯周病など、病気の治療には適用されますが、インプラント、歯科矯正治療、審美歯科治療など、病気の治療の範疇【はんちゅう】を超える医療行為には、例外を除き適用されません。保険診療の治療費は実施した治療内容に応じて「保険点数」が細かく決められており、それらが加算されて料金が決まります。医療機関は患者に請求した以外の金額を、「診療報酬」として各保険の審査支払機関に請求します。保健診療なら治療費は全国同一になります。保健点数は全国同一ですから、都会の一等地にある豪華な歯科医院でも、地方の小さな歯科医院でも、全く同じ内容の治療を保健診療で受ければ、治療費は同じになるはずです。しかし、実際には保健診療でも、「あそこは高いけれど、ここは安い」と感じる事もあるでしょう。その理由の一つとして、診断や治療方法が歯科医師によって異なる事が挙げられると、あつみ歯科医院では考えています。同じむし歯の治療でも、「少し削れば大丈夫」と考える人もいれば、
大きく削らなくてはならない」と考える歯科医師もいます。また、保険点数は削り方や削る部分によって細かく決められているのです。
自由診療の治療費は保健治療費の3~10倍です。一方、公的保険が適用されない治療の事を「自由診療」「自費診療」「保険外診療」などと言い、患者が全額負担する事になります。治療内容が制約される保険診療と違い、自由診療なら歯科医師の裁量で治療することが出来、治療費も自由に設定することが出来ます。最近は保健診療を実施せず、むし歯や歯周病などの治療も含め、全て自由診療でする歯科医院も増えて来ているようです。「うちは設備も立地も良いので家賃が高いので、その分治療費を高くしよう」と考える歯科医師もいれば、「私は腕が良いから、その分高い治療費を貰っても良いはず」と考える歯科医師もいるでしょう。また、「治療費を少しでも安くして、沢山の患者さんに来て欲しい」と考える歯科医師もいるかもしれません。一般的に、自由診療の治療費は保健診療の3~10倍になると言われています。どんなに高額な治療費であっても、患者が納得しているのであれば問題ありません。ただし、自由診療の割合が高くなると、患者の経済力によって治療格差が生まれると言う問題が出てきます。医療費や保険制度について、患者側も関心を寄せたいものです。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

ホワイトニングが出来ない人はいるの?

大きなむし歯や歯に亀裂があると、そこから薬剤が歯の内部に入り込んでしまうのでホワイトニングは出来ないと、あつみ歯科医院では考えています。妊娠中や授乳中も控えた方が良いでしょう。更に、遺伝病の一つである無カタラーゼ症<の人は、ホワイトニングをしてはいけません。健康な人はカタラーゼと言う過酸化水素を分解する酵素を持っていますが、この病気の人にはほとんど無く、ホワイトニングの薬剤である過酸化水素水が分解出来ずに残ってしまうからです。ホワイトニングをしても効果が期待できないケースもあります。一つは、/span>エナメル質象牙質【ぞうげしつ】の形成が不十分な歯です。ホワイトニングをしてもムラになってしまいます。また、金属イオンによる変色もホワイトニングが効きません。テトラサイクリン系の抗生物質による変色の場合には、変色の程度によってホワイトニングの効果があるケースとないケースがあります。薄い黄色や薄いグレーの着色ならばホワイトニングが可能ですが、濃い色の変色は白く出来ません。歯科医師に良く確認しましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

子供なのに歯の色が黒ずんでいる。

外傷、薬、歯の病気、様々な原因があり治療法も異なります。歯が黒ずむ原因は様々ですが、その一つとして「外傷」によるものがあると、あつみ歯科医院では考えています。歯をぶつけたり、ケンカなどで殴られたりした拍子に歯の神経が死んでしまうと、その部分だけ黒ずんでしまうのです。時間が経ってから変色が起こる事も良くありますが、気付いた時点で受診する事をお勧めします。神経の損傷の程度によって治療法が異なる為、歯科医師と良く相談して下さい。また、テトラサイクリン系の抗生物質の副作用によって、歯が変色する事もあります。母親が妊娠中に服用した場合は、子供の乳歯に表れ、子供が服用した時場合には永久歯に表れます。薬剤に含まれる蛍光粒子が紫外線を吸収して、次第に歯が暗褐色になってくるのが特徴です。ホワイトニングなど審美的な治療によって解決できます。エナメル質形成不全によるものもあります。歯の外側にあるエナメル質の形成が、様々な原因で先天的に障害される病気で、歯の一部に表れるものから全体に及ぶものまで様々だと、あつみ歯科医院では考えています。歯の色全体が成長とともに変色し、表面がざらざらしてくるのが特徴です。エナメル質形成不全のある歯は硬さが十分ではなく、物を食べると歯がしみるなどの問題が起こります。しかし、詰め物やかぶせ物などで対処できます。気になる色については審美的な治療で改善する事が可能です。食べ物による色素沈着の良くあります。歯ぐきから3分の1くらいの所に変色が起こるのが特徴です。歯みがきで取れない場合は歯科医院でクリーニングしてもらうと良いでしょう。ただし、茶渋によって出来た色素沈着はむし歯予防効果がありますので、「余り気にしない方が良い」と言う意見もあります。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

ホワイトニングはどうやるの?

家庭でするものと歯科医院で実施するタイプがあります。美白歯みがき剤を使った歯みがきや、歯科医院でのクリーニングなどで落とせるのは、歯の表面に付いた着色汚れです。自分の歯が持つ本来の白さにする事は出来ますが、それ以上の白さにする事は出来ないと、あつみ歯科医院では考えています。しかし、最近ではより白い歯になりたいと希望する人が増えています。そんな人にお勧めなのがホワイトニングです。ホワイトニングは、エナメル質象牙質の黄ばみを薬剤で漂白し、自分の歯を削ることなく本来の歯の色よりも白くする治療法です。漂白には、過酸化水素水や過酸化尿素などの漂白作用がある薬剤が使われます。ハワイトニングと言っても幾つか方法があり、大きく「ホームホワイトニング」「オフィスホワイトニング」「ウォーキングブリーチ」の三つに分けられます。ホームホワイトニングは、歯科医師の指導を受け、薬剤と専用の器具を使って自分で歯を白くする方法です。比較的低い濃度の過酸化尿素と言う薬剤を使うのが特徴です。この場合、まずは歯科医院を受診し、ホワイトニングが出来る状態かどうか、口の中を確認します。もし、可能であれば、歯に薬剤を持続的につける為のマウスピースの形をしたホワイトニングトレーを作ります。これが出来上がるのが大体受診の1週間後以降です。その際にもう一度歯科医院を受診して、ホワイトニングトレーと漂白用の薬剤を受け取り、後は自宅で1日1~2時間、薬剤を入れたマウスピースをはめて歯を漂白するのです。薬の濃度が低いので、歯は徐々に白くなっていきます。大体2~4週間で自分でも白くなった事がわかるようになると、あつみ歯科医院では考えています。ホームホワイトニングの特徴は、徐々に白くしていく為歯の透明感が損なわれることなく白く仕上がるところです。早く白くするならオフィスホワイトニングです。一方、オフィスホワイトニングは、歯科医院でレーザーなどの光を使って薬剤を急激に反応させて歯を白くする方法です。通常、比較的高い濃度の薬剤が使われます。治療後、直ぐに白くなるので、早く歯を白くしたい人に向いています。オフィスホワイトでも、歯を確認することから始めます。むし歯歯周病がなければ、まずは歯の色を測定します。その後、薬がより浸透しやすいように、歯の表面をクリーニングして汚れを取り除きます。薬剤の濃度が高いので、歯ぐきに直接薬剤が付かないよう、保護用のジェルを塗ってカバーし、歯の表面に漂白用薬剤を塗ります。それから、レーザーやLED(発光ダイオード)などの光を照射し、薬の漂白反応を促します。直ぐに白くなるのが利点ですが、透明感がやや少ないマットな(光沢のない)白い色に仕上がることがあります。その為、通常はまずホームホワイトニングを勧め、変色が強い場合にオフィスホワイトニングを併用しています。通常のホワイトニングでは白く出来ないタイプの変色もあると、あつみ歯科医院では考えています。例えば、歯髄【しずい】を抜いた後の歯の変色です。そうしたケースでは、歯の裏側から歯の内部に漂白剤を注入して歯を白くするウォーキングブリーチを行います。気になる価格の目安は、ホームホワイトニングがホワイトニングトレーと薬剤のセットで3万5千~5万円程です。オフィスホワイトニングは、1本当たり1回1,500~5千円です。ウォーキングブリーチは、1本当たり1回1,200~3千円です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

子供が転んで歯が抜けた!どうすれば良い?

牛乳か歯の保存液に入れすぐに歯科医院に行きましょう。転んで歯が抜けても、その歯を持っていけば「植え直し」出来る場合もあります。直ぐに歯科医院を受診することを、あつみ歯科医院ではお勧めします。歯の根が乾かないように、牛乳か歯の保存液に入れて持参するのが理想的です。これらの溶液の中では歯の細胞の生存率が最も高いという結果が出ています。どちらもない場合は、子供の保護者が口の中に歯を含んだまま持参すると良いでしょう。歯を水道水で洗うのは絶対に良くありません。神経や歯根膜等が損傷して、植え直しが難しくなってしまいます。泥などが付いたままでも構いません。歯が欠けてしまった場合の処置も同じです。状況にもよりますが、自分の歯を接着出来る場合もあります。また、抜けたり欠けたりしなくても、歯がグラグラしたり、ひびが入っていたりするなら、歯科医師に診てもらいましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

審美歯科ではどういうことをするの?

口元を綺麗にするための治療をする所です。審美歯科を一言で言うと、「口元を綺麗にし、機能を改善する為の様々な治療を実施する」歯科の事です。ですから、「歯を白くしたい」「歯の形を綺麗にしたい」「歯ぐきを綺麗にしたい」「歯並びを綺麗にしたい」「咬み合わせを整えたい」と言った要望に応えるのが、全て審美歯科だと、あつみ歯科医院では考えています。「歯を白くしたい」のであれば、いくつかの方法があります。例えば、クリーニングもその一つです。また、漂白効果のある薬剤を使い、本来の自分の歯の色よりも白くする「ホワイトニング」もあります。歯の表面に人工物を塗って白く見せる「マニュキュア」もあります。ある程度自分の歯を削り、歯を白くする方法なら次の二つが代表的です。「ラミネートベニア」は、歯の表面を薄く削り、そこに人工材料を張り付けると言うものです。むし歯などでラミネートベニアが出来ない場合には、削った歯の上にセラミック製のクラウンをかぶせる「ジャケットクラウン」が良いでしょう。これらの方法を使えば、「歯の形を綺麗にする」事も可能だと、あつみ歯科医院では考えています。一方、「黒ずんだ歯ぐきを綺麗にしたい」なら、薬剤やレーザーで歯ぐきの表面を処理し、黒ずみの原因であるメラニン色素を取り除く事が出来ます。歯周病などで歯ぐきが下がった場合ケースでは、自分の口の組織を移植する、「歯肉形成術」で改善できます。「歯並びを綺麗にする」方法は、主に二つに分けられます。一つは矯正治療です。矯正治療は自分自身の歯を生かして並びかえる事が出来るのが利点ですが、時間がかかると言う課題があります。短期間で治療したいなら、もう一つの方法として人工的なかぶせ物であるラミネートベニアやジャケットクラウンによる治療になります。この場合、歯を削らなくてはなりません。審美歯科を実施する歯科医院は、それぞれ得意分野があるものです。自分が望む分野ごとに、治療実績の多い施設を選ぶようにしましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯が折れた所が化膿している。

外傷後は感染を起こす事があるので適切な処置が必要です。外傷で歯を失った場合、残っている歯根に感染が起こって化膿【かのう】してしまう事があります。怪我をした時に泥や汚れが口の中に入る事が引き金になると、あつみ歯科医院では考えています。歯が折れた時は、歯科医院できちんと処置してもらうことが大切です。歯ぐきなど口腔【こうくう】内の様々な所に感染が起こる事もあるので、きちんと治療を受ける方が良いです。外傷ではなく歯が自然に抜けた場合は、化膿する可能性はかなり低いですが、一度歯科医師に診断してもらうことをお勧め致します。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

«  | ホーム |  »

2015-12

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR