FC2ブログ

Latest Entries

仕上げ磨きは何歳までするべき?

最もむし歯になりやすい6歳臼歯が生えきるまではやってあげましょう。4,5歳になると子供もかなり歯みがきが上手になってきます。しかし、「6歳臼歯(奥歯)が生えきるまでは、仕上げ磨きをした方が良い」とspan>あつみ歯科医院では考えています。6歳臼歯とは、乳歯の歯並びの一番奥に生えてくる永久歯で、6歳ごろから生え始めるためこの様に呼ばれます。生え始めの時期はちょっとした汚れでも簡単にむし歯になります。また、6歳臼歯は歯の溝が深く複雑です。一番奥に生える事などから歯ブラシが届きにくく、子供だけではまず磨ききれません。実際、永久歯の中で最もむし歯になりやすい歯と言われています。6歳臼歯が生えきった後は、自分できちんと磨けるようになってもらうためにも、子供に少しずつ任せて行きましょう。磨き方に不安がある場合には、小児歯科などで歯科衛生士などに指導を受けると良いと、あつみ歯科医院では考えています。ただし、子供が成長するにつれ、歯みがきをさぼったり、歯みがき後に夜食を食べたり、という機会が増えます。ときどき保護者が確認し、歯みがきを助けてあげることも大切です。子供の歯と大人の歯が入り混じった、「混合歯列期」は、保護者の仕上げ磨きを行う時期から、子供自身1人で磨けるようになる、大事な移行時期です。一本ずつ大人の歯が、増えて行くので、大人の歯だけは、子供自身で磨けるように、訓練して下さい。そうすれば、全て大人の歯に生え換わった時には、仕上げ磨きも、口の中の確認も、保護者がする必要性が無くなるのです。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



学会の専門医なら信頼できるの?

一定の信頼はおけますが実力が保証されているわけではありません。歯科医院を選ぶ目安の一つとなるのが、「認定医」「専門医」などの資格です。医科と同じ様に歯科医にも、歯周病、小児歯科、矯正、インプラントなど、専門分野ごとに学会が設立されており、それらの学会が独自に基準を設けて「認定医」「専門医」「指導医」などの制度を運用しています。そのうち、「口腔【こうくう】外科専門医」「歯周病専門医」「歯科麻酔専門医」「小児歯科専門医」の4つが、「公示で定める基準を満たす」として、厚生労働省から広告できる資格名として認められています。日本歯周病学会の「歯周病専門医」の場合、「認定医」は「3年間研修施設で研修して、基本的な歯周病治療の知識と技量をマスターしたうえで認定医試験に合格」することが求められます。その上の「専門医」になるには「5年間あるいは認定医取得後2年間研修施設で研修して、専門的な歯周病治療の知識と技量をマスターした上で専門医試験に合格」することが求められます。さらに、「指導医」になるためには、「専門医取得後7年間学会および地域での指導的な研修をし、指導医試験に合格」することが必要です。認定医や専門医の資格を持っている事は、専門学会に所属して経験を積み、一定の基準を満たしていると認めているわけですから、歯学部卒業後も自己研鑽【けんさん】を続ける勉強熱心な歯科医師と評価出来るでしょう。ですから、歯科医師を選ぶ重要な目安の一つになると、あつみ歯科医院では考えています。しかし、専門医でなくても良い歯科医師もいます。もっとも、認定医や専門医の資格を持っているからといって、腕が保証されているわけではありません。なぜなら、ほとんどの学会は経験症例の報告書を提出させるだけで、実技試験を実施しているわけではないからです。一定の知識や経験はあるとしても、本当の実力は資格だけでは分からないと、あつみ歯科医院では考えています。また、学会の資格を持っていなくても、腕の良い歯科医師は沢山います。「認定医や専門医の基準を甘くして、資格の欲しい歯科医師を集める手段に使っている」と批判されている学会もあり、こうした反発からあえて資格を取らない歯科医師もいます。患者が安心して歯科医院を選べるように、各学会には信頼される専門医制度の確立が求められると、あつみ歯科医院では考えています。週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

子供も歯みがき粉を使うべきなの?

フッ素が入っているのでお勧めですが、添加物にも注意して下さい。歯みがき粉にはむし歯を予防するフッ素(フッ化物)が入っているので、子供が嫌がらないのであれば使った方が良いと、あつみ歯科医院では考えています。歯科医院に行くと、半年~1年に1回の割合でフッ素塗布をやってくれることが多いですが、フッ素入りの歯みがき粉を毎日使うことで、歯科医院でのフッ素塗布にかなり近いむし歯予防効果が得られる可能性があります。ただし、歯みがき粉には研磨剤や発泡剤、香料などの添加物も含まれています。いずれも多量に飲み込んでしまうと体に良くないです。特に研磨剤は腸粘膜を刺激し、炎症を起こす事もあります。小さいうちはリビングで親が寝かせて磨くことが多いです。歯みがき粉はうがいが上手に出来る様になる年齢からで良いと、あつみ歯科医院では考えています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

都市と地方で歯科医療の差はあるの?

歯科医師の「数」の面では、大きな差があります。歯科医療の「質」を公平に比較する指標はありません。したがって、質の面で都会と地方で格差があるかどうか、はっきりした事は言えないと、あつみ歯科医院では考えています。ただし、「数」の面でみれば、明らかに差があります。歯科医師が最も多いのは東京都で、全国に約9万7千人いるうち約1万5千人(16%)が集中しており、人口10万人あたりの歯科医師数も117.1人と全国トップです。一方、人口10万人当たりの歯科医師数が最も少ないのは福井県で46.8人(全国平均は74.0人)、全県で387人しか歯科医師がいません。島根県(人口10万人あたり51.8人)、石川県(同52.1人)、山形県(同52.4人)等も、歯科医師の「過疎地域」です。こうした地域の歯科医療の「質」が低いと断言できませんが、競争がないために都会より新しい医療が導入されにくいと言うことは出来るかもしれないと、あつみ歯科医院では考えています。なにより、近くに歯科診療所がなくて不便を強いられている人もいる事でしょう。こうした格差を解消するためにも、歯科医師の偏在を解消する努力が求められる所です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯みがきを嫌がるので困っている。

いきなり歯ブラシを使うと子どもはビックリします。徐々に慣れさせましょう。子どもは口の中に物を入れられることを本能的に恐がるものです。3歳位までは歯みがきを嫌がることが多いため、どうすれば磨かせてくれるかは保護者共通の悩みです。いきなり歯を触られてしまうと子どもはビックリします。赤ちゃんのうちから「いつ生えてくるかな?」と口の中を覗いたり、生え始めの歯を触ったりしてあげると比較的スムーズに導入出来ると、あつみ歯科医院では考えています。食べたらうがいをするようなことから始め、だんだんと歯ブラシに慣れさせる事もお勧めです。父親が子どもの歯みがきを担当することや、ご夫婦でお互いに交互に歯ブラシを行ってもらいその行為を子供に見せる事により、子供も一緒になって歯みがきがしたいと思ってもらえるようにするのも、お勧めです。スキンシップには最高だと思います。出来る時だけでもやってあげると、子供は喜ぶと思いますよ。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯医者が余っていると聞いたのですが?

歯科医院が集中する都市部で過当競争が指摘されています。厚生労働省の帖佐によると、1986年に約7万人だった歯科医師数は、2006年には約9万7千人にまで増えました。また、2008年3月末の歯科診療所数は約6万8千軒です。全国のコンビニエンスストアの店舗数が約4万2千軒ですから、これと比べると歯科診療所の多さが実感できると思います。一方、歯科医療費総額は約2兆5千億円で、10年以上横ばいです。その結果、歯科医師1人あたりの収入が減り、過当競争が起こっていると、あつみ歯科医院では考えています。こうした傾向は、歯科診療所が集中する都市部で特に顕著といわれています。歯科医師が増えれば競争原理が働いて歯科医療の質の向上が期待できます。しかし、その反面、収入を増やそうと過剰に診療したり、コストを下げるために安全面や衛生面がおろそかにされたりする心配も出てきます。現実に、保健診療より利幅の大きい自由診療に力を入れる歯科医師が増えていると言われています。歯科医師養成数の調整が議論されていますが、患者側にも宣伝など外面に惑わされず、歯科診療の中身を見極める目を養うことが求められます。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

赤ちゃんの歯はいつごろから磨くべきなの?

糸切り歯や臼歯が生えてきたら歯みがき開始時期です。乳歯は生後8カ月頃にまず下の前歯が生え、それから上の前歯が出てくるのが普通です。離乳食が始まるこの時期から歯ブラシを口に入れて練習をすることを、あつみ歯科医院では勧めています。糸切り歯や臼歯(奥歯)が生えてきたらきちんと歯みがきが出来るようになるべきです。小さい子供は自分では歯を磨ききれないので、保護者が膝の上に頭を載せ、寝かせた姿勢で歯みがきをすると良いでしょう。夜は唾液【だえき】の分泌が少ないのでむし歯になりやすい事が分かっています。寝る前の歯みがきが一日のうちでもっとも重要だと、あつみ歯科医院では考えています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

近所に歯医者が多過ぎて選べない。

外観に惑わされないで下さい。沢山の情報を集めればある程度評判が分かるはずです。全国で開業する歯科医院は増え続けており、88年に約5万件だったのが、08年は約6万8千軒と、この20年間で2万軒近く増えました。最近は都心でも「駅前に何軒もの歯科医院が開業している」という所が増えたようです。歯科医院が増えて患者が医院を選べるようになったのは悪い事ではありません。しかし看板だけでは、中身は分かりません。歯科医院が多いと、かえって「何処を選べば良いか」迷ってしまう人もいると、あつみ歯科医院では考えます。まずは、さまざまな手段を使って、情報を集めてみてはどうでしょうか。最も頼りに出来そうなのが、近所の人たちの口コミです。特に実際に受診した人の話は貴重です。それから、インターネットの情報も役に立ちます。このごろは、ホームページを開設する歯科医院も増えました。また、ネットで患者の評判を集めた「口コミ」サイトもあります。どの方法にも一長一短があり、鵜呑みにするべきではありません。しかし、沢山情報を集めれば、どの歯科医院がどう評価されているのか、ある程度は見えてくるのではないかと、あつみ歯科医院では考えます。外から歯科医院の様子をうかがってみる、という手もあります。しかし、歯科医院はラーメン屋さんとは違います。待合室に患者が少ないと「はやっていないのでは」と早合点してしまうかもしれませんが、しっかりと予約を取って患者を待たせないようにしているだけかもしれません。外観や内装が不衛生な所は良くありませんが、逆に豪華過ぎる所もいかがでしょうか。見た目だけで判断するのは危険です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯医者に腕の差はあるの?

もちろんあります。自己研鑽【けんさん】は個々人の努力に委ねられています。腕(技術)の差があることは、どの歯科医師も認める所です。現在、歯科医師国家試験に実技試験はありません。各学会が設けている専門医・認定医の審査も同じです。もちろん、歯学部で実技のトレーニングを受けますし、卒業後も1年以上の臨床研修が義務付けられています。しかし、その後、どの様に技術を高めて行くかは、個々の歯科医師の努力に委ねられています。臨床研修終了後、ほとんどの歯科医師は大学付属病院や歯科開業医のもとで経験を積んでから開業します。ですが、正式なプログラムがあるわけではありません。本を読むだけでは技術は身に付かないのです。料理人と同じで、先輩の歯科医師の所に勤めて、見習いから修行する必要があると、あつみ歯科医院では考えます。しかも、腕の良い歯科医師のもとで学ばなければ上手くなりません。もちろん、技術だけでなく、知識も必須です。海外で新しい技術を学んで帰る歯科医師や、勉強会や研究会に出席して自己研鑽を続ける歯科医師がいる一方で、観光気分で学会に出かける歯科医師もいるのが実情です。また、歯科医師の腕は経験にも左右されます。一概には言えませんが、多くの歯科医師が「若い歯科医師よりも、年配の歯科医師の方が安心できる。」といいます。歯科医師の腕は技工士が知っています。個々の歯科医師の腕は、歯科技工士が良く知っているととも言われます。歯科技工士は、送られてくる歯型を見れば、腕前はある程度分かります。下手な歯科いだと、かぶせ物(補綴【ほてつ】物)と歯の間に隙間が出来たり、簡単に取れてしまったりします。逆に上手な歯科医師は、目で見えないところも正確に彫り込んできます。歯科技工士に聞けば、どの歯科医師の腕が良いか、ある程度分かるかも知れないと、あつみ歯科医院では考えます。とはいえ、歯科技工士の知り合いがいる人は少ないでしょう。一般の患者が歯科医師の実力を判断する術は、今のところほとんどありません。卒業後も、技術向上を図るトレーニングシステムや、実技審査を取り入れた専門医制度など、患者が安心して歯科医師にかかれる取り組みを行っている所が、良いでしょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

おしゃぶりはしない方が良いの?

かみ合わせの異常が起こりやすいので2歳半までにやめましょう。乳児を泣きやませる時、おしゃぶりを使う人は多いかもしれません。おしゃぶりは、母親の育児ストレスを軽減する有効な手段の一つといえますが、長い間使うと歯に問題が起こりやすくなるので注意が必要だと、あつみ歯科医院では考えています。おしゃぶりを長期間使っていると、「開口【かいこう】」(口を閉じても、前歯や側方の歯が上下でかみ合わない)などの異常が出てきます。乳歯が生えそろう2歳半から3歳過ぎまで使用していると異常が起こりやすい事が分かっていますので、少なくとも2歳半までに使用をやめた方が良いでしょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

«  | ホーム |  »

2015-07

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR