FC2ブログ

Latest Entries

乳歯のむし歯は永久歯にも影響するの?

注意が必要です。永久歯が出てこない等不完全になる可能性もあります。乳歯はいずれ抜けるから、むし歯になっても大丈夫。こう思うのは大きな間違いです。永久歯に生え換わる時期には乳歯の根(歯根)が吸収され、次に生えてくる永久歯を誘導すると、あつみ歯科医院では考えています。この大事な歯根がむし歯に侵されると、永久歯が出てこなかったり、不完全な歯になってしまったりすることがあります。乳歯には永久歯が生えてくる場所を確保する役割があります。むし歯の治療で乳歯を抜いたり、乳歯をもとの形に修復することが困難なほど大きなむし歯を作ったりすると、隣り合った歯が寄ってきます。すると、永久歯が顔を出すスペースがなくなり、正しい方向に生える事が出来ず、咬み合わせも悪くなります。乳歯のむし歯の周囲はむし歯菌だらけです。生えたての永久歯はただでさえ弱いのに、そんな所に出てくるとなれば、「オオカミの群れに羊を放す様なものです。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



インプラントで医療事故があると聞いた。

死亡事故も起きています。リスクがあることも忘れないで下さい。大学病院等のインプラント外来には、他院で手術に失敗した患者が多く訪れています。訪れる患者は年々増えているようです。事故の中で特に多いのは、手術時に下あごの骨の中を通る神経を傷つけ、唇に麻痺が残るケースです。また、上あごの骨が足りない状態でインプラントを埋め込んだために、上顎洞【じょうがくどう】という空間にインプラントが突き抜けるという事故も多いと、あつみ歯科医院では考えています。‘07年には、手術中に動脈を傷つけられて大量出血した女性患者が死亡する事故も起きています。手術前にCT(コンピューター断層撮影)であごの骨の形態を把握すれば、事故の大部分は防げたはずです。インプラントの成功率は95%以上です。一見すると非常に高い数字ですが、その裏で泣いている患者もおり、実態は表に出てきません。医療事故に遭わないようにするために、患者側は甘い誘い文句に惑わされずに、技術力が高く良心的な歯科医師を選ぶことが大切です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

むし歯にさせたくない。親は何をすれば良いの?

続きを読む »

インプラント治療当日、仕事や運動は出来るの?

傷と骨を早く治すために注意点がありますが、仕事も運動も原則出来ます。通常のインプラント手術であれば、手術当日からいつもとほぼ変わらない生活が出来ると、あつみ歯科医院では考えています。デスクワークや家事なら大丈夫です。食事は術後3時間くらい経てば、手術した部分を使わないように注意しながら食べることが出来ます。ただし、口の中で気をつけて欲しい事が一つあります。手術した場所には血の塊(かさぶた)が出来て骨を覆い、傷口の治りや骨の再生を早めてくれます。うがいをする時は傷を刺激しないように気をつけ、水泳は口に水が入るので4日間ほど控えましょう。深酒、サウナも1週間は我慢して下さい。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

寝たきりの人や口のケアの方法を知りたい。

一日1回、5分の口腔【こうくう】ケアシステムの実施が効果的です。要介護者は自分自身で口腔ケアが出来ないため、口の中が不潔になりがちだと、あつみ歯科医院では、考えています。高齢者は飲み込む機能が低下している事も多く、誤嚥【ごえん】性肺炎のリスクも高まります。歯ぐきから細菌が血管に入り、敗血【はいけつ】症を引き起こすこともあります。予防には、一日1回5分で誰でも要介護高齢者の口を清潔に出来る様に考案された、「口腔ケアシステム」が、お勧めです。まず、口腔ケア用スポンジに水で薄めたうがい薬をつけて歯と粘膜を優しくこすり、歯垢【しこう】や食べかすを除去します。次に、柔らかい歯ブラシで舌を数回なぞり綺麗にします。その後、うがい薬をつけた電動歯ブラシで歯を磨き、誤嚥させないようにうがい薬でうがいをします。他人の歯を磨くのはとても難しいのですが、先端が円形の電動歯ブラシは方向性を気にせずにブラッシング出来るので他人でも上手に磨けると、あつみ歯科医院では、考えています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

手術が痛そう。痛くない治療は出来るの?

局所麻酔をするので痛みは最小限ですみます。術後も心配ありません。歯ぐきを切る、ドリルで骨に穴を開ける、インプラントをねじ込む、インプラントの手術は、何とも痛そうです。実際は、局所麻酔をしたうえで手術をするので、痛みを感じる事はほとんどありません。普通の歯科治療とほぼ同じと、あつみ歯科医院では考えています。しかし局所麻酔の場合、意識がはっきりしているので、「骨を削る音やインプラントを骨に埋め込む音などが聞こえて怖い」と言う人もいます。そこで不安を和らげるために、ぼーっとリラックスした状態になる静脈内鎮静法を併用する事もあります。術後の痛みもそれ程心配する事はない様です。局所麻酔が切れる時に痛みを感じる場合が多いので、術後に鎮静剤を服用してもらっています。その後は大半の患者さんが鎮静剤を飲まなくてすんでいます。部位や範囲にもよりますが、腫【は】れや出血もほとんどありません。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

口のケアでインフルエンザや肺炎が防げる?

肺炎は防げます。インフルエンザについては今後の研究待ちです。口腔【こうくう】ケアで口の中の細菌の数を減らすのは、肺炎を防ぐ有効な方法です。要介護施設で口腔ケアを実施すると、入所者の誤嚥【ごえん】性肺炎の発症率が減少したという研究があり、その後も続々と同様のデータが出ています。食べ物や唾液【だえき】を飲み込む力が弱くなった高齢者や体力の弱っている患者は、細菌を含む唾液や食べ物を誤って気管に入れてしまい「誤嚥性肺炎」を発症することがあり、それが死亡の原因にもなります。しかし、口の中を清潔に保てば、そのリスクが抑えられると、あつみ歯科医院では、考えています。一方、インフルエンザについても、口腔ケアで発症が抑えられると言う報告がありますが、まだ今後の研究成果の集積を待たなければ効果があるとは言い切れない状況です。とはいえ、体の入り口である口内の細菌数を減らして悪いわけはありません。お口の清潔を心がけましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

手術室がなくてもインプラントの手術は出来るの?

手術室があるのが理想です。ただし衛生管理を徹底すれば通常の診察台でも大丈夫です。インプラント治療の成功を左右する要素の一つが、手術時の感染対策だと、あつみ歯科医院では、考えています。感染予防には、出来るだけ細菌の少ない衛生的な環境で手術をすることが大切です。専用の手術室や完全個室のような、外部と遮断できる空間を備えていれば理想的です。しかし、インプラントだけでなく一般診療もしている歯科医院はスペースを確保するのは難しく、手術室がない場合が多いでしょう。手術室がなくても、①他の患者との接触が少ない最も奥の診療台を選ぶ、②手術をする前に診療台をしっかり消毒する、③院内に患者が少なく、比較的埃の立たない時間を選ぶ、④器具類を使い捨てにする   など衛生管理を徹底すれば、感染リスクの少ない手術が出来ると、あつみ歯科医院では、考えています。インプラント治療をする歯科医院を選ぶうえで、「衛生管理がきちんとしていること」は大切なポイントですが、手術室の有無に着目するのではなく、手術する歯科医師が衛生管理に対して高い意識を持っているかどうか見極める事が重要でしょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯科にも人間ドックはあるの?

歯科人間ドックでむし歯や歯周病のリスクを判定できます。医科では盛んに実施されている人間ドックですが、歯科でも人間ドックが広がっています。むし歯は、悪化してしまったら削るしかない病気だと、あつみ歯科医院では考えています。治療をしても、元の健康な状態には戻らないのです。また口の機能は全身の健康を支えています。その意味では、歯科における人間ドックの意義はとても重要です。「歯医者は歯が痛くなったら行く所」と思っていた人も多いでしょうが、予防に優る治療はありません。健康を保つため、ぜひとも歯科人間ドックを受けてもらいたいものです。歯科人間ドックでは、あご、顔面、首(頸部【けいぶ】)、口の中などを検査します。施設によってメニューは様々ですが、一般的なものでは、「口腔【こうくう】検査」「X線検査」「歯並びとかみ合わせの検査」「磨き残しの検査と基本的な歯みがきの練習」「むし歯菌と唾液【だえき】の検査」からなります。口腔検査では、歯や歯ぐき、舌の状態を診ます。これにより、むし歯や歯周病といった一般的な疾患ばかりでなく、がんや全身疾患からくる口腔内の症状などをチェックすることが出来ます。またX線検査により、目に見えない骨の腫瘍【しゅよう】や、顎【がく】関節の状態を診る事も出来ると、/span>あつみ歯科医院では考えています。また、十分な説明や口腔ケアに関する指導を受けられる点も歯科人間ドックの利点と言えるでしょう。磨き残しの状態から、セルフケアでの弱点を分析してもらえ、上手にケアするやり方を教えてもらえるので、口の健康の維持にはぴったりです。また、口臭や歯並び、歯の色が気になる場合などには、オプションでその他の検査が受けられます。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

«  | ホーム |  »

2015-05

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR