FC2ブログ

Latest Entries

仕上がりに満足できない。

まずは治療を受けた矯正歯科医院に相談しましょう。治療が終了した段階で満足できる歯並びになっていなければ、担当した歯科医師に遠慮せずに伝えましょう。出来れば矯正装置を外す前に伝えると良いと、あつみ歯科医院では考えています。矯正装置を外していなければ、引き続き治療を続けられます。装置を外す前に歯科医師側から、気になる所はないか聞かれると思いますが、ご自身でも良く観察して、確認してみて下さい。矯正治療終了後、しばらくは満足していても、成長や老化、舌癖【ぜつへき】などで歯並びやかみ合わせが変化することもあります。気になる場合は、治療を受けた歯科医院に相談すると良いと、あつみ歯科医院では考えています。同じ歯科医院なら、料金が安くなることが多く、初診時の状況を把握したうえで、治療を進める事が出来ます。再治療にかかる費用は、場合によって変わります。リテーナーを指示通りに装着していなかったために後戻りが起きたと考えられる場合は、患者側に責任があります。矯正装置やリテーナーを外すタイミングが早すぎた事によるものなら、歯科医院側の責任で再治療となります。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



インプラントはどんな人に向いているの?

入れ歯やブリッジで満足できない人に適した治療法です。どんなに良い入れ歯をつくっても患者さんは「使い心地はこんなものなのでしょうね。」と言われます。入れ歯治療には、限界があります。現在の入れ歯は、昔のよりも改善はされているものの、「ガタついて満足に咬めない」「食べ物が詰まって痛い」「口の中の違和感に辛抱できない」「味覚が落ちる」と言った不満を訴える人が、まだ少なくはないと、あつみ歯科医院では考えています。「部分入れ歯の金具が外から見える」「不自然で、入れ歯を使っている事が分かってしまう」と言った審美的な問題もあります。骨にしっかりと固定されるインプラントの場合、見た目は自然ですし、自分の歯と同じように使うことが出来るため、入れ歯による不満の多くを解決することが出来ます。また、インプラントならほかの歯を傷つけることなく治療できるので、ブリッジのために両脇の健康な歯を大きく削りたくない人にも適していると、あつみ歯科医院では考えています。つまりインプラントは、入れ歯やブリッジと言った従来の治療で満足できない人、あるいは対応できない人のための治療方法と言えるでしょう。ただし自由診療の為に治療費は高額であり、誰にでも出来るわけではありません。なお、「入れ歯は面倒くさいから」と言う理由で、インプラントを希望する人も多いようです。確かに付け外しのわずらわしさからは解放されますが、インプラントを出来るだけ長く持たせるためには、歯みがきなど普段のケアや、定期検診は不可欠だと、あつみ歯科医院んでは考えています。管理をしっかり出来ない人に、インプラントは向いていません。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

矯正をしてももとに戻ることがあるの?

いくつかの理由で元に戻る事があります。矯正装置が外れると、歯は元の位置に戻ろうとします。これが”後戻り”です。それをとどめるのが、リテーナー(保定装置)です。この使用を怠ると、後戻りが起きる可能性は高くなるとあつみ歯科医院では考えています。後戻りは、歯科医師側の技術不足など、治療に問題があることもあります。歯並びには、後戻りとは別の変化が訪れることもあります。例えば舌癖【ぜつへき】があると、かみ合わせや歯並びが、再び崩れてきてしまいます。本来、舌は上あごにぴったりと接し、舌の先が上の前歯に触れないくらいの位置にあるのが正しいのですが、舌癖があると、舌がいつも低い位置や前方にあり、歯を押してしまいます。すると歯並びが乱れる原因になります。そこで、この癖をなおす訓練を取り入れている矯正歯科医院もあります。子どもは成長しますし、大人も老化現象で歯並びが変わる事があります。変化に対処するためにも、治療後も半年に1回ほど通院するのが望ましいと、あつみ歯科医院では考えています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

インプラントはどんな治療?

失った歯の代わりにあごの骨に土台を埋めて人口の歯をつくる方法です。自分の歯を失った場合、そのままにしておくと見た目が悪いばかりでなく、これまでのように物を咬んだり、上手く話したり出来なくなります。残った隣の歯が傾いて、かみ合わせ全体に支障をきたす事が少なくないと、あつみ歯科医院では考えています。失った歯を補う治療として、従来は入れ歯や、両脇の歯を支柱にして人口の歯をかぶせるブリッジが主流でしたが、最近はインプラント治療が増えています。インプラント治療は、歯が抜けてしまった部分のあごの骨に金属のチタンでつくった人工歯根(インプラント)を埋入【まいにゅう】し、その上から人工歯を取り付ける方法です。1950年代後半に、スウェーデンの解剖学者ブローネマルク教授が、チタンと骨がしっかり結合することを偶然発見してから、研究と臨床への応用が重ねられてきました。現在では、確立した治療法になっています。インプラントの場合、天然歯と同じように根があるため、入れ歯のような違和感がなく、しっかりと力を入れて咬むことが出来ます。付けたり外したりするわずらわしさもなく、見た目も自分の歯と変わらないと、あつみ歯科医院では考えています。また、span>ブリッジのように健康な隣の歯を削らなくて済みます。ただし、インプラントを埋め込むのはあごの骨の中なので、通常2回の外科的手術が必要です。1回目は歯ぐきを切り開いて骨にドリルで穴を開け、インプラントをねじ込みます。3~6カ月後に骨と一体化するのを待って2度目の手術をし、歯ぐきの中に埋まっているインプラントの頭を露出させ、人口の歯を取りつけます。近年は1回の手術でインプラントの埋め込みから人口歯の装着までする「即時荷重【そくじかじゅう】という方法もあります。しかし、あごの骨の状態やインプラントを埋め込むイ位置など、一定の条件が必要です。なお、手術自体は1回目も2回目も大がかりの物ではなく、局所麻酔を使って1時間ほどで終了します。とは言うものの、手術時に下あごの骨の中を通る神経や血管を傷つけ、唇などに麻痺が残ったり、感染が起きたりという可能性もゼロではありません。インプラントが骨に生着しないこともあります。こうしたリスクは、必要な検査をした上で、経験豊富な歯科医師が丁寧に手術すれば、ほとんど防げるものです。しかし昨今は、患者のニーズに乗じて、手術の経験が乏しい歯科医師が安易に手を出し、トラブルを増やしているという実情もあると、あつみ歯科医院では考えています。インプラント治療には健康保険が使えません。検査から手術、その後のメンテナンスに至るまで全て自費で、1歯につき30万円以上が相場です。総入れ歯を全てインプラントにする場合には、数百万円が必要です。インターネットにはインプラント治療の宣伝があふれていますがメリットばかりを見て飛びつくのではなく、正確な情報を集め、納得した上で治療を受けるようにしましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

矯正期間中に妊娠しても大丈夫?

問題はありません。ただし、担当歯科医師に知らせて下さい。若い女性を中心に歯科矯正をする人が増えています。年齢別の割合でみると、矯正治療を受ける人のうち、約3割が19~39歳の女性です。矯正治療の期間は長いので、その間に結婚や妊娠を経験する人も少なくないと、あつみ歯科医院では考えています。そこで気になるのが、矯正治療中の妊娠や出産ですが、特に心配いりません。ただし、妊娠がわかったら、担当の歯科医師に必ず伝えて下さい。治療前の抜歯やエックス線撮影による検査は、妊娠時期によっては避けた方が良い時があります。事前に妊娠が分かれば、抜歯や撮影の時期を調整することも出来ます。また、妊娠初期は、つわりによって口を大きく開けるような治療がつらいということもあるかもしれません。また、かかりつけの産婦人科医からの指示で安静が必要になる可能性もあると、あつみ歯科医院では考えています。そうした場合は、治療を一時中断することもあります。治療が順調にいった場合でも、臨月から産後2カ月くらいまでは、通院はむずかしいでしょう。その分治療期間が長くなることもあります。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

顎関節症は再発しやすいの?

個人差はありますが、再発の予防には毎日の心がけが大切です。顎関節症は、歯科医師のカウンセリングや生活指導のみで完治する人もいれば、何回も再発を繰り返す人もいると、あつみ歯科医院では考えています。大事なのは、原因と考えられることを、除去していく事です。ストレスがある人は、貯めすぎないよう心がけましょう。また、片側でかんだり、噛みしめ、頬づえ、歯ぎしり、うつぶせ寝など、悪い癖を無くしていくことも大切です。あごもストレッチが大切です。硬くならないように、軽い運動やガムをかむ、口に何か軽く挟むだけでも良いのです。ストレスを避け、毎日ストレッチやエクササイズをすることが、再発を防ぐコツと、あつみ歯科医院では考えています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯科矯正中も普通にご飯は食べられるの?

食べられますが避けた方が良い食べ物があります。矯正装置をつけた直後は、痛みや違和感があるので、やわらかいものを小さく切ってゆっくり食べた方が良いと、あつみ歯科医院では指導しています。慣れてきたら、気にする必要はありません。ただし、装置にくっつきやすいガムなど粘着性のある食べ物は避けた方が良いでしょう。また、装置はいずれ外すので、歯に損傷を与えない程度の強さで張り付けられています。このため、硬い食べ物で装置が外れたり、破損したりすることがあるので、注意が必要です。モジュールは、食べ物によって色がついてしまうことがあります。色の濃いものを食べていときは、通院の前日が良いでしょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

顎関節症は、他の病気を引き起こすの?

他の病気に直接関係する事はありません。インターネットで検索すると、顎【がく】関節症が引き起こす病気として、頭痛、肩こりをはじめ、生活習慣病から消化器疾患、循環器疾患、肌荒れまで、おびただしい種類の病気が列記されているホームページがあると、あつみ歯科医院では見ています。これを見ると、顎関節症があらゆる病気の元凶で、これさえ治せば全て良くなるかのように思ってしまう人がいるかもしれません。しかし、他の病気の元凶にされては、顎関節症も心外でしょう。あまりにも飛躍しすぎていると言えます。もともとそう言う病気の因子を持っていた人が、たまたま顎関節症のストレスが引き金となって、病気を発症することがあるかもしれないと、あつみ歯科医院では考えています。また、顎関節症を発症するタイプの人はストレスに弱く、他の病気を発症しやすいのかもしれません。しかし、顎関節症が直接、他の病気の原因になるとは考えられません。顎関節症を治しさえすれば他の病気も治ると思い込んでしまったら、その病気の治療がおろそかになるおそれもあります。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

«  | ホーム |  »

2014-11

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR