FC2ブログ

Latest Entries

健康保険は使えるの?

保険が使えるのは消炎鎮痛剤とスプリント療法です。痛み止めの消炎鎮痛剤やあごの筋肉を保護するスプリント療法は、健康保険が使えます。ただし、顎【がく】関節症は、ストレスとの因果関係が強く、精神的な要素が症状を悪化させているケースも多いため、カウンセリングには保険が利かないため、治療費が全額自己負担になってしまう場合があると、あつみ歯科医院では考えています。そのほかの治療法にも、保険が使えない物があります。さらに、顎関節症を治すために歯を削ったり、矯正治療をしたりした場合は、その料金も加算されていきます。ですから、治療を始める前に、どのように治療を進めて行くのか、担当歯科医師や医師にきちんと話し合い、治療費の見積もりを確認することを、あつみ歯科医院では、お勧めしています。顎関節症を治すために歯の治療が必要になった場合、保健点数を稼ぐため、やたらと削ったりかぶせたりする歯科医がいるという話もあるようです。納得出来る説明をせずに、すぐに歯を削ろうとか、矯正治療をしようと言い出す歯科医師は、避けた方が賢明なようです。週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



治療期間はどれくらい?

治療しないですむ場合や、数か月、数年かかるなど個人差があります。顎【がく】関節は、痛みなどの症状の改善を待ってから、抜本的な治療をします。歯科の治療が必要な場合もあれば、生活の改善を指導されろだけの場合もあると、あつみ歯科医院では考えています。中には病気が自然消滅してしまうような人もいるのです。どれくらいで痛みが引くのか、完治するのかなど、不安な事も多いと思いますが、その都度、「医科医師と相談しながら気長に治していく」といった心構えが良いと、あつみ歯科医院では考えています。そのためには、初診時に適切な診断をして貰うことが重要です。この時の治療計画によって、完治するかしないか、治療期間が長引くかどうかが左右されることもあります。治療が長引いてしまうのは、心理的な面も大きいようです。あまり神経質にならず、病気とゆっくり付き合って行くという精神的なゆとりを持つのが大事だと、あつみ歯科医院では考えています。週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

矯正のゴムは何のためにかけるの?

上下の歯のかみ合わせを調整するためです。かみ合わせを良くするために、治療の仕上げとして使うのが、口腔【こうくう】内ゴムと呼ばれる直径5ミリ~1センチの輪ゴムです。矯正治療の目的には、歯並びを綺麗にするだけではなく、上下の歯を適正な位置でかみ合うようにすることも含まれると、あつみ歯科医院では考えています。かみ合わせのずれに応じて付けるのが、口腔内ゴムで、ワイヤにかけてずれを補正していきます。これは主治医の説明を聞いた上で、患者が自分でかけるものです。食事と歯みがきの時以外は、基本的には付けたままにしておきます最初のうちは、違和感がありますが、徐々に慣れてくると、あつみ歯科医院では考えています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

矯正を途中で止めるとどうなるの?

治療前の状態まで戻る事は少ないですがあと戻りは起こります。どこまで治療が進んでいたのかにもよりますが、多かれ少なかれ後戻りは起こると、あつみ歯科医院では考えています。抜歯をしたなら、それによって失った健康な歯、既に支払っている費用、それまでに費やした時間を考えると、治療を中断するのは避けたい事です。痛みを我慢できない、矯正装置が目立つのがいや、といった場合は担当の歯科医師にきちんと伝えましょう。転勤などの引越しで、通院できなくなることがあるかもしれません。その場合は、担当の歯科医師に伝えると、転居先の矯正歯科医院を紹介してもらえるかもしれません。矯正歯科医師の間では、治療が円滑に引き継がれるように連携している場合もあります。転医の際は、顔や歯の写真や口腔【こうくう】内模型、X線写真(セファロ、パントモ)をそろえてもらいます。また、治療費が前払いの場合は、進行状況に応じて採算し、返金してもらいましょう。返金されない歯科医院もあるようです。こうした事態を避けるためにも、治療を開始する前に、転居の際は費用を返してもらえるか、転居先の歯科医院を紹介してもらえるのか聞いておきましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

顎関節症は、手術をする場合もあるの?

関節の癒着等症例によりますが極めてまれです。顎【がく】関節症に関して言えば、手術をする症例は極めてまれで、最後の手段だと、あつみ歯科医院では考えています。大学病院の専門外来でも手術をするのは1%程度だといいます。手術をすることになるのは以下のような場合です。滑膜【かつまく】の炎症が慢性化していて治らないとき。局所麻酔によりチューブで薬物を注入する関節空【かんせつくう】内洗浄療法で、炎症の原因となっている物質を洗い流します。関節軟骨と関節円板がくっついているとき。レントゲンで関節軟骨と関節円板の癒着【ゆちゃく】が見つかった場合に、耳の前を2ミリ程開け、関節鏡視下で癒着部分を切り離し、顎関節が動きやすいようにする手術を実施すると、あつみ歯科医院では考えています。他にも手術をする症例はありますがまれです。なかには、顎変形症と勘違いして、手術の必要がsると心配しているようですが、顎関節症と顎変形症は違う病気です。顎関節症の場合は、手術をすることはほとんどありませんので、余り心配せずに歯科医院や口腔【こうくう】外科を受診して、治療法について相談して下さい。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

矯正装置は一時的に外しても大丈夫?

2週間程度なら外しても大丈夫です。矯正装置は、2~3年は装着していなければならないので、、その間に結婚式などで一時的に矯正装置を外したい事もあるかもしれないと、あつみ歯科医院では考えています。装置は一時的に外す事は出来ますが、その間の動きが止まる他、意図しない方向に動いてしまうこともあり、治療が遅れてしまいます。これを最小限に抑えるために、取り外せるリテーナー(保定装置)を装着し、かみ合わせや歯の位置がずれないようにしておきます。結婚式なら、前日までに装置を外し、リテーナーを作ってもらいます。式の間はリテーナーを外しても問題ありません。ただし、矯正装置を何度も付けたり外したりすると、歯が損傷するので、避けた方が良いとあつみ歯科医院では考えています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

鍼灸【しんきゅう】や漢方で治せるの?

原因除去にはなりませんが痛みを取るという対処療法としては重要です。顎【がく】関節症は、原因がなかなか特定できず、あいまいな診断をされるケースもあると、あつみ歯科医院では考えています。そんな時には、つい通常の医療以外の方法に頼りたくなりがちです。その気持ちはわからないではありませんが、自己流の治療をしているところもありますので、安易に飛びつかず、慎重に考えて欲しいとあつみ歯科医院では考えています。ただし、東洋医学の中には、痛みを和らげるなどの対処療法として有効な治療法もあります。歯ぎしり食いしばりに効果があるとされている漢方や、食いしばりによって起きた全身症状やストレスをやわらげる鍼灸、血の巡りを良くして筋肉をやわらげる生薬の温熱パックのような治療法もあります。これらの治療法によって、心身ともに癒され、完治する事もないとは言えません。ただし、マッサージや指圧、整体は、筋肉に損傷を与えうことがあり、余り顎関節症の専門医の多くは話します。もし、漢方や鍼灸を試してみたいと思うなら、東洋医学に詳しい歯科医師に相談した方が良いとあつみ歯科医院は考えています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

矯正装置で舌やほおが傷つく。

矯正用ワックスで皮膚を保護する方法があります。矯正装置を付けている間は、頬の内側や舌と装置がすれて、口内炎や小さな傷が出来ることは珍しくないと、あつみ歯科医院では考えています。特に矯正装置をつけ始めたころは、粘膜が異物に反応しやすくなっています。ただし口内炎は、矯正装置だけではなく、歯みがき不足やかみ合わせの不具合、偏った食生活、ストレス、睡眠不足なども原因になるので、矯正装置だけが原因とも限りません。矯正装置がすれて痛みがある場合、かかりつけの矯正歯科医師に相談して処置してもらうほか、矯正用ワックスという樹脂を分けてもらうことも出来ます粘膜に当たっている装置の上にかぶせるように張り付ければ、皮膚がこれ以上傷つくのを防ぐことが出来ると、あつみ歯科医院では考えています。ワックスは飲み込んでも害のないものですが、食事の時には外しておきましょう。出来てしまった口内炎などの炎症は、塗り薬や軟膏【なんこう】でも良くなります。口の中にワイヤが刺さっている場合は、細菌に感染することもあるので、すぐに矯正歯科医師に診てもらいましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

認知行動療法とはどんな治療法なの?

自分で病気を自覚しその原因を遠ざけていく治療法です。セルフコントロール(セルフマネージメント、セルフケア)、自己暗示療法などもほぼ同じ意味です。つまり自己管理によって、顎【がく】関節症の原因を取り除いていこうと言う治療法です。仕事中に無意識のうちに歯を噛みしめていたり、上下の歯が触れている事があると、あつみ歯科医院では考えていますが、そんな時は口の状態を意識して、ちょっと休憩するのです。例えば、オフィスでパソコンに向かっている人であれば、パソコンの画面に何か目印をつけて、そこに目がいったら口の中の状態を意識すると良いと、あつみ歯科医院では考えています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

矯正装置に違和感がある。

一時的なものですが長く続くようなら歯科医師に相談をすると良いでしょう。矯正装置と言う異物が常に口の中にあるのですから、慣れないうちは違和感があるのも仕方がないかもしれません。ただし、装置をつけている間ずっと感じているものではなく、慣れてしまえば付けている事を忘れてしまうほどだと、あつみ歯科医院では考えています。歯の表面に矯正装置を付ける場合は、話しづらくなる事はほとんどありませんが、裏側に付ける場合は、当初「サ行」や「タ行」、英語では「Th」が発音しにくくなります。1~2カ月たつと、徐々に慣れてくるでしょう。矯正装置を付けている間よりも、リテーナー(保定装置)を付けている期間のほうが、発音はしづらくなると、あつみ歯科医院では考えています。また、ワイヤは温度によって、スプリングが変化する特性があります。このため、熱いお茶を飲んだ時などは、ワイヤが締まったように感じ、冷たいものを飲んだ時は、ワイヤが緩んだように感じることもあるようです。違和感が長く続くようなら、歯に強く力をかけ過ぎている可能性もあります。一度、矯正歯科医に相談してみましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

«  | ホーム |  »

2014-09

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR