FC2ブログ

Latest Entries

なぜ歯が動くの?

体に備わっている骨の代謝能力によるものです。一般的な歯科矯正治療は、ブラケットワイヤといった矯正装置を使って、歯を理想的な位置に動かします。あつみ歯科医院では、それぞれの歯の表面に、歯科用接着剤でブラケットの器具を貼り付け、その溝にワイヤを通していずれかの歯に(たいてい両側奥歯)を固定源とし、動かしたい歯に力を加えて移動させていきます。ではなぜ、力を加えると歯は動くのでしょうか。歯ぐきの中には「歯槽骨【しそうこつ】」という骨があり、歯を支えています。この骨と歯根の間には「歯根膜【しこんまく】」という線維組織があり、歯にかかる衝撃を和らげるクッションのような動きをしていると、あつみ歯科医院では考えています。矯正装置によって歯に力が加わると、力がかかった側の歯根膜が圧迫を受けて収縮し、脳から「歯槽骨を食べるように」という指令がきます。すると、歯根膜の中に「破骨【はこつ】細胞」ができ、この細胞によって歯槽骨が吸収されていくのです。一方、逆側の歯根膜は引っ張られた状態になります。すると、脳から「歯槽骨を作るように」という指令が伝えられます。歯根膜の中には「骨芽【こつが】細胞」ができ、その動きによって、新しい歯槽骨が作られると、あつみ歯科医院では考えています。このように、歯はその周りの歯槽骨が吸収され、作られるという変化を繰り返すことで、移動していくのです。歯を理想的な位置に動かすには、2~3年以上かかりますが、単に歯を移動させているのではなく、歯槽骨が代謝を繰り返しているために、それだけの時間がかかるのです。歯が動く速度は、個人差がありますが、1か月に0.8ミリ程度と言われています。歯に強い力をかけたからと言って、骨の代謝のスピードが上がるわけではありません。では、歯が動かないあるいは動きにくい人はいるのでしょうか。歯根膜に現れる破骨細胞や骨芽細胞の活性化によって、歯は動きます。しかし、歯根膜がつぶされたり、血流が止まったりすると、歯は動かないのです。たとえ歯根膜が生きていても、健康な状態でないと歯は動きにくくなってしまうため、歯周病(歯槽膿漏)などによって歯根膜が障害を受けている場合、歯科矯正治療の前、もしくは同時進行での治療が必要になってきます。歯根膜が健康な状態であれば、たとえ歯の神経がなくなっていても、骨の代謝能力がある限り、歯は動くとあつみ歯科医院では考えています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



ストレスは口臭と関係がある?

緊張すると唾液【だえき】の分泌量が減って口臭が出やすくなります。マッサージを受けている時、よだれをたらして眠ってしまったことはありませんか。逆に、頼まれていたスピーチの順番が近付くにつれて、口の中がカラカラになった経験もあるでしょう。人は自分で唾液の分泌量をコントロールすることが出来ません。それは、唾液腺が自律神経の支配を受けているからです。自律神経には、緊張すると活動が活発になる交感神経と、リラックスしたときに優位になる副交感神経があります。副交感神経が強く働くと、たんぱく質の含有量が少ないサラサラした唾液がたくさん分泌されますが、緊張や不安、怒りなどストレスを感じているときは交感神経が強く働き、たんぱく質を多く含むネバネバした唾液が少ししか出ません。そのため、口が渇くと、あつみ歯科医院では考えています。ストレスと口臭の関係を暗示する、こんな報告があります。大学生にとって試験は大きなストレスです。そこで、試験前、試験中、試験後の3回、唾液分泌量と口臭物質濃度を調べたのです。すると、試験日だけ唾液分泌量が低下し、口臭物質濃度は高まっていました。ストレスによって唾液の量が減り、その結果、口臭が強くなったと、あつみ歯科医院では考えています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

入れ歯が原因で感染症になる事はあるの?

危険性はほとんどありません。でも、寝たきりの高齢者は注意が必要です。汚れた入れ歯をそのまま使ったら、感染症になってしまうのかと思う人もいるかもしれませんが、入れ歯が原因で健康な人が感染症になる事はほとんどないと、あつみ歯科医院では考えています。感染症になるとしたら、よほど手入れの悪い場合でしょう。ただし、寝たきりの高齢者などの場合は、口腔【こうくう】ケアを怠ってしまうと、入れ歯が原因で口内炎(義歯性口内炎)になったり、細菌が肺に流れ込んで、誤嚥性肺炎【ごえんせいはいえん】や胃潰瘍【いかいよう】といった病気を引き起こしたりすることがあると、あつみ歯科医院では考えています。もちろん、感染の心配がないからといって、不潔な入れ歯のままでいいのかというと、そうではありません。日常生活にお家口臭の原因になることはもちろん、汚れが付着して変色してしまいます。何よりもよくないのは、入れ歯に隣接する残っている歯に汚れが移る事です。歯周病むし歯の原因にもなりかねません。入れ歯は毎日しっかり洗浄するようにしましょう。参考文献週刊朝日Mook Q&Aでわかる「いい歯医者」

孫に「口がくさい」と言われた。年のせいとあきらめるしかない?

加齢にともない唾液【だえき】分泌量が減るので口臭が出やすくなります。私達は一日にどれくらいの唾液を分泌しているか知っていますか。なんと大人は約1.5リットルと言われています。しかしこれは、成人全体の話です。年を重ねるたびに唾液を分泌している唾液腺が委縮するため、70歳以上では20代の4割程度しか分泌されなくなると、あつみ歯科医院では考えています。唾液には、口の中の浄化作用や抗菌作用があるので、量が少なくなれば自浄作用が低下して舌苔【ぜったい】や歯垢【しこう】が付きやすくなりますし、抗菌作用が低下して細菌も増殖します。その結果、口臭物質をつくるのに適した環境が整い、口臭が強くなるとあつみ歯科医院では考えています。しかし、年を取ったからと言って誰もが口臭に悩まされるとは限りません。唾液の分泌量は年を重ねるごとに誰でも多少は減るものですが、年齢以上の極端な減少は、体が弱ったり歯が悪くなったりしてしっかりかまなくなったという理由が大きいのです。つまり、良く噛んで食べる人は唾液の分泌量低下を抑えられるわけです。また、良く噛む事で唾液腺の委縮も進みにくくなると、あつみ歯科医院では考えています。さらに口の周囲の筋肉を鍛える運動を習慣にすれば、口臭予防の大きな力になるでしょう。高齢者の場合、加齢による唾液の減少に加えて、糖尿病などの病気や薬の副作用等が重なって口が渇いているケースも多く見受けられますその場合は原因を取り除くことで潤いが増し、口臭も改善することが期待できます。また、口の中が渇いてものが食べにくい、話しにくい、口の中が傷つきやすい等の症状がある場合は、「ドライマウス(口腔乾燥症)」と考えられます。「シェーグレン症候群」などの病気が原因になっている事もあるので、歯科医院を受診しましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

治療していないむし歯や歯周病は口臭の原因になる?

むし歯の影響は薄いですが、歯周病は口臭の原因になります。日本人の成人の約9割がかかっているといわれる歯周病は、口臭を起こす口の中の病気の代表です。歯周病の程度によって4グループに分けて患者さんの口の中を空気を調べ、口臭の原因である揮発性硫黄化合物(VSC)の濃度を比較しました。結果は、出血指数が高くなるほどVSCの濃度が高くなっていました。つまり、歯周病がある人はない人より口臭が強く、歯周病が重症になるほど口臭が強くなるというわけです。歯周病があると口臭が強くなる事はヒポクラテスの時代から知られていましたが、そのメカニズムが明らかになったのは、つい最近です。歯周病になると歯肉の組織が壊され、血液や膿【うみ】が出てきます。舌苔【ぜったい】や歯垢【しこう】の中にすむ細菌は、これらのたんぱく質を分解して口臭物質であるVSCを産生しますが、とくに歯周病原菌はVSCの一つであるメチルメルカプタンを大量に発生させる事が分かったのです。これには、歯周病になった歯肉からにじみ出る液体に、メチルメルカプタンの素になる成分が多い事も関係しているとあつみ歯科医院では考えています。最近の研究で、VSCは細菌を自死に追い込むことが分かってきました。つまり、口臭があると歯肉の組織が壊され、歯周病を進行させる要因になったりするのです。一方、むし歯と口臭との関係はさほど強くありません。う蝕の程度の軽いむし歯が1、2本あるぐらいなら、口臭の原因にならないと、あつみ歯科医院では考えています。ただし、進行したむし歯は別です。神経に炎症が及び、組織が腐敗した状態のむし歯が何本もあるなら、口臭の原因になります。口臭予防の面からも、むし歯が見つかったら早めに治療を受ける事を、あつみ歯科医院ではお勧めしています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

きちんとかめないと寝たきりになりやすいの?

きちんとかめればQOL(生活の質)が向上することはたしかです。きちんとかめないから寝たきりになったのか、寝たきりだからきちんとかめないのか、評価は難しいところです。ただし、かめると元気になり、QOL(生活の質)が向上すると、あつみ歯科医院では考えています。かむという行為は、内蔵、筋肉。脳と結びついています。あごは脳に血液を送るポンプともいわれ、かむ事は、脳内の血流を良くするといわれています。自分の歯でものを食べる大切さは、あつみ歯科医院において重要であると考えています。入れ歯の状態と認知症や身体機能の相関関係の調査結果より、入れ歯の状態が良い人は、認知症と寝たきりが少ないという事がわかり、かむことによる刺激が脳や身体機能の神経活動に刺激を与えると、あつみ歯科医院では考えています。高齢化社会が進む現代において、かめるということは、生活を楽しくし、元気で快適な老後生活を送るために欠かせない条件だと、あつみ歯科医院では考えています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

入れ歯が悪いと、残った歯にも悪影響が出る?

かみ合わせがくずれて健康な歯にストレスがかかります。歯を抜けたままにしておくと、残った歯に悪影響を与えてしまいますが、合わない入れ歯を使うのも残りの歯に悪影響を与えます。入れ歯の状態が悪くて思うようにかめないと、健康な歯に余計な力がかかりすぎて、歯を傷める原因になってしまうのです。また、そうした噛み方を続けていると、かみ合わせが悪くなってきてしまうとあつみ歯科医院では考えています。かむための筋肉が不自然な動きになり、筋肉が緊張して血管や神経を圧迫して、歯周病むし歯の原因にもなります。さらに、血行障害や神経の圧迫、ホルモンバランスの乱れなど、からだ全体に何らかの影響をおよぼすこともあるとあつみ歯科医院では考えています。悪い入れ歯をそのままに放置しておくのは、歯を抜けたままにしておくのと同じくらいよくないことです。入れ歯の調子が良くないと感じたら、できるだけ早く歯科医師に相談して、調整してもらってください。そもそも、一発勝負でピタリと合う入れ歯はなかなかありません。面倒に思えるかもしれませんが、何度もやり直しがきくというのは、入れ歯の利点であります。ブリッジインプラントなどとは異なり、作り直しによって歯や体を傷めることが、ほとんどないからです。入れ歯を入れたら、定期的に口の中を診てもらう、車検ならぬ「歯検」という考え方を持ってはいかがでしょう。口の中の状態が常にチェックされることは、残った健康な歯を守ることにもつながると、あつみ歯科医院では考えています。もちろん、気をつけていても自分の歯を残せない場合もあるでしょう。その時、いかに患者の精神的・肉体的な負担を取り除いていくか考えて治療することが、歯科医師の大切な役割だと、あつみ歯科医院では考えています。患者さんが部分入れ歯で苦労することなく、ゆっくりと歯を失い、気がついたら不具合ない総入れ歯になっていた。そう思ってもらうことも、大切であるとあつみ歯科医院では考えています。患者の全身の健康まで考慮して治療に挑んでいる歯科医師が、「いい歯医者」ということかもしれません。参考文献週刊朝日MOOKQ&Aでわかる「いい歯医者」

パパの口臭はタバコとお酒のせい?

タバコは口臭の素です。お酒もにおいますが、ニンニクと同じで一過性です。タバコには数千種類の物質が含まれていますが、その中には口臭の原因である揮発性硫黄化合物(VSC)もあります。タバコを吸って数分後の息には、その一つである硫化水素が多いという実験結果もあり、喫煙が直接、息に影響を及ぼすことを示しています。また、口の中の粘膜や舌につくタール、ニコチンなどもにおいの原因になると、あつみ歯科医院では考えています。愛煙家と話していると、その時にタバコを吸っていなくても「タバコくさい」と感じることがあるのは、これが原因です。お酒を飲んだ時の臭いの元は、アルコールが体内で分解されてできrアセロアルデヒトなどの揮発性の成分です。これが血中に入って体内を巡り、肺から二酸化炭素と一緒に呼気として出てきます。アルコールの量が多いとこの成分が翌日まで残り、二日酔いの、あの嫌なにおいになると、あつみ歯科医院では考えています。ニンニクやネギ、ニラなどにおいの強いものを食べた後に息がくさくなるのも、同じです。食べ物や飲み物による食べ物や飲み物による口臭は時間がたつにつれて薄くなるので、心配はいりません。参考文献週刊朝日MOOKQ&Aでわかる「いい歯医者」

«  | ホーム |  »

2014-03

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR