FC2ブログ

Latest Entries

ブリッジをすすめられたが歯を削りたくない。

なぜすすめたのか、理由を歯科医に確かめましょう。ブリッジは支えとなる両端の健康な歯を削り、歯の寿命を縮めるといわれ、治療をためらう人も少なくありません。ブリッジをすすめる理由を歯科医に説明してもらい、納得できなければ、セカンドオピニオンを求めるのも方法だと、あつみ歯科医院では考えています。支えとなる歯の表面(エナメル質)だけを削り、接着用レジンを用いて接着する接着ブリッジという方法もあります。装着可能かどうか、歯科医に相談しましょう。参考文献週刊朝日MOOKQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



「歯垢【しこう】」と「歯石」はどう違う?取り方も違うの?

歯石は自分では取れません。専門家の助けが必要です。歯垢(プラーク)は、口内で繁殖した細菌が水に溶けにくいネバネバした物質とともに歯の表面に付着したもので、いわば細菌のかたまりだと、あつみ歯科医院では考えています。歯の表面や歯と歯の間などに、白いネバネバしたものがついていませんか。それが歯垢です。歯垢は歯にへばりついているので、口をすすぐだけではとれませんが、歯みがきで取り除けます。歯垢をそのまま放置していると、唾液【だえき】中のカルシウムやリンと結びついて石灰化していきます。それが歯石です。この中には細菌の死骸【しがい】がたくさん含まれています。歯石の表面は軽石のようにザラザラしているため、その上にさらに歯垢がつきやすく、歯周病が進行する原因となると、あつみ歯科医院では考えています。歯石になってしまうと歯ブラシだけでは取り除けませんので、歯科医師や歯科衛生士による専門的な歯石除去が必要になります。スケーラーと呼ばれる器具を使って、歯の表面や歯ぐきの内側についた歯垢や歯石を取り除くもので、歯周病の初期治療として重視されています。参考文献週刊朝日MOOKQ&Aでわかる「いい歯医者」

ブリッジにするか部分入れ歯にするかどう決めるの?

抜けた歯の位置や患者の要望などによって決めます。ブリッジの長所は、支えとなる両端の歯と一体化させて固定するため、安定感が出て違和感が少なくなる点です。しかし、支える両端の歯を削って文字通り橋を架けるようにかぶせ物をしますから、健康な歯を削ることになると、あつみ歯科医院では考えています。歯を削るのを避けるなら、部分入れ歯を選択することになります。また、連続で三つ以上の歯が抜けている場合や、一番奥の歯がかけた場合は、ブリッジはできないので、部分入れ歯になります。日常管理の仕方も違います。部分入れ歯は取り外して洗浄できますが、自己管理が不可欠だと、あつみ歯科医院では考えています。一方、ブリッジは固定されているので普通の歯みがきですみますが、ブラッシングを雑にすると支えの歯が傷みます。参考文献週刊朝日MOOKQ&Aでわかる「いい歯医者」

治療はいつ始める?セルフケアも可能?

歯肉炎の段階がベスト。プラークコントロールで予防も心がけましょう。何度も繰り返すようですが、歯周病で歯を失わないためには早期発見・早期治療が大切であると、あつみ歯科医院では考えています。ということは、歯ぐきが赤く腫れたり、歯みがきのときに少し出血したりする歯肉炎の段階で治療を開始するのがベストです。ただ、この段階では自覚症状がないことも多いので、「自分で気づくかどうか自信がない」という人は、1年に1回ぐらい定期的に歯科医院に通い、歯ぐきの状態をチェックしてもらうと良いと、あつみ歯科医院では考えています。そうすれば、早め早めの処置が可能です。セルフケアの基本はやはり歯みがきです。おそらく「プラークコントロール」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。これは、歯周病の直接的な原因となる歯垢【しこう】(プラーク)の増殖を抑えるということです。歯みがきの目的も、このプラークコントロール。歯周病の直接的な原因となるプラークを除去することで、歯周病を予防しようというわけです。プラークコントロールは歯周病の予防に欠かせないと同時に、主要な治療法でもあることを知っておきましょう。参考文献週刊朝日MOOKQ&Aでわかる「いい歯医者」

さし歯・入れ歯に寿命はあるの?

3年・5年・10年ともいわれますが、使い方やメンテナンス次第です。「さし歯・入れ歯は一生ものではない」と認識して欲しいと、あつみ歯科医院では考えています。これは、さし歯・入れ歯自体の耐用年数のみならず、使う人自身のあごの状態をはじめ、口の中の変化にともなって、少しずつ合わなくなっていく場合があるからです。しかし、細かい故障や不具合に気づいたら、その度に補修することで、寿命を延ばすこともできます。一般的には、保険適用の入れ歯よりも自由診療の入れ歯のほうが、使っている材質などの面で耐久性や機能性に優れていると、あつみ歯科医院では考えています。ですが、保険適用の入れ歯でもm扱い方によっては、5年・10年ともたせる人はいます。入れ歯やさし歯は人工物ですから、さし歯や入れ歯自体の素材による耐久性にばかり頼ることなく、半年に一度くらい、歯科医院で検査とメンテナンスをしてもらうことを、あつみ歯科医院では勧めています。使用している本人も日常的な手入れを怠らず、ていねいに扱うことが少しでも長く寿命を延ばすことになると、あつみ歯科医院では考えています。

歯周ポケットとは?どうしてできるの?

歯と歯肉の間の溝のこと。歯周ポケットの深さは進行度の目安となります。歯周ポケットとは、歯(歯根)と歯肉(歯ぐき)の間にできる溝のことをいいます。健康な歯茎は、歯と歯肉がぴったりと密着しているので、溝が浅いのですが、歯周病で歯ぐきが腫れると歯肉が盛り上がって歯から離れるので、歯周ポケットは深くなっていきます。歯周ポケットができると喜ぶのが、歯周病原細菌です。この細菌は酸素が嫌いなので、空気を避けてポケとの中に入り込み、炎症が歯肉の奥深くまで広がると、あつみ歯科医院では考えています。すると、さらにポケットは深くなり、歯周炎に進行していくのです。したがって、歯周ポケットの深さは歯周病の進行度をはかる目安になると、あつみ歯科医院では考えています。歯周ポケットの深さは「ポケットプローベ」と呼ばっる器具であつみ歯科医院では、測定します。ポケットの深さは一つひとつ違うので、通常、数カ所のポケットの深さを測定します。1~2ミリ:健康な歯ぐき。健康な歯ぐきでも通常、1~2ミリぐらいの溝があり、歯肉溝と呼ばれている。3~4ミリ:歯肉炎(経度歯周病)。歯肉が腫れて、歯周ポケットが多少深くなる。5ミリ以上:歯周炎(重度歯周病)。歯肉の腫れが大きくなるため、歯周ポケットはさらに深くなる。参考文献週刊朝日MOOKQ&Aでわかる「いい歯医者」

いい差し歯・入れ歯の条件とは?

いい差し歯・入れ歯とは自分に合うもの。最後は自分で判断しましょう。かめる、話せる、違和感が少ない・・・。いい差し歯・入れ歯の基準は様々ですが、どんなにいい差し歯・入れ歯であっても異物であることに変わりはありません。また、同一素材の差し歯・入れ歯を使用しても、満足度には個人差があり、差し歯・入れ歯の条件は一概には語れないと、あつみ歯科医院では考えています。歯、あご、舌、顎【がく】関節、筋肉の連携がしっくりくる、かみ合わせやかみ合わせの高さが適切、口へのぴったり感、あごや口の粘膜との相性、かんだ時の筋肉や舌の動きが考慮されている、かみ切り、すりつぶし時のあごの動きを考慮した形で作られている、力学的に正しく設計されているなど、専門的に挙げていけば、「いい歯」の条件はたくさんあると、あつみ歯科医院では考えています。しかし、実際には装着する本人の評価がもっとも大切です。外れない頑丈なものより、無理な力が加わった時、外れる物の方が残っている歯にとってよかったり、硬すぎるものをかんだら割れたりするくらいのものの方が、脳や粘膜への衝撃が少ないかもしれないです。患者様の要望や体への影響を考えて、柔軟に作られたものが、いい差し歯・入れ歯ともいえます。カタログや各歯科医院のホームページなどに記載されている入れ歯の機能や長所・短所などは、あくまでも最大公約数的な意見です。それらの意見をうのみにすることなく、口の中を診断してもらい、相談しながら自分に合うものを作ってもらいましょう。また、入れ歯のぴったり感は、一発勝負とは考えないほうがいいでしょう。入れ歯は人工物です。そして、いれた本人にしかその装着感はわからないと、あつみ歯科医院では考えています。できるだk具体的に入れた時の感覚を伝え、入れ歯を使う本人と、歯科医の二人三脚で調整しながら合わせていくのが理想です。参考文献週刊朝日MOOKQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯周病と口内炎は関係があるの?

基本的に無関係ですが入れ歯や歯周病や歯みがきが引き金になることも。口内炎とは、口の中の粘膜にできる炎症を総称した病名です。口の中の粘膜ならばほおや唇の内側、歯ぐき、舌など、どこにでもできます。原因も誤ってかんでしまった時などにできる口の中の傷、口の中の衛生状態の悪さ、ビタミンなどの栄養不足、体力の低下やストレス、ウイルスやカビの感染などさまざまです。口内炎になると潰瘍【かいよう】ができて痛かったり、食べ物や飲み物がしみたり、会話が不自由になったりしますから、結構辛い病気と、あつみ歯科医院では考えています。同じ口の中に生じる病気ということで、歯周病と口内炎の関係が気になる人もいるでしょう。この二つの病気は基本的に関係ありません。ただし、入れ歯や矯正器具の不具合から口腔【こうくう】粘膜が傷ついたり、むし歯や歯周病などで口の中の衛生状態が悪かったりしたときも口内炎になることがありますから、まったく無関係とは言い切れにと、あつみ歯科医院では考えています。このような場合は原因となっている入れ歯などの調整、むし歯や歯周病の治療が必要です。なお、口内炎の治療はどの科で受けたら良いか迷うこともあるでしょうが、専門は口腔外科です。覚えておきましょう。参考文献週刊朝日MOOKQ&Aでわかる「いい歯医者」

さし歯と入れ歯の種類を教えて!

素材によって種類があり保険適用と保険外のものがあります。「さし歯」とは、取りはずしがきかない固定タイプの人工歯のことをいい、広くは「ブリッジ」「クラウン(かぶせ物)」「インプラント」も含まれます。通常は、残った歯の根を生かして人工の歯をいれたものをいいます。神経を抜いた穴をきれいにした後で、①そこに芯棒をたて、②プラスチックや金属で土台をたて、③芯棒に人工の歯をかぶせたのが「さし歯」です。さし歯には、材料によって保険が使えるものと、保険外(自由診療)になるものがあります。歯と同じ色の材料では、硬質レジン(プラスチック)、セラミック、ハイブリッド型レジン(プラスチックとセラミックの中間的な性質のもの)などがあり、硬質レジンは上下とも前歯6本分(切歯、犬歯)までは保険が適用されますが、セラミック、ハイブリッド型レジンは自由診療になります。次に「入れ歯」ですがこれは取り外しのできる「義歯」の総称です。入れ歯(義歯)には、「総入れ歯」と「部分入れ歯」があります。総入れ歯は文字通り、歯が一本もない人のための入れ歯です。歯の部分と、歯ぐきの粘膜と接する床【しょう】の部分でできています。総入れ歯は大きく分けると「金属床義歯」と「レジン(プラスチック)床義歯」があるとあつみ歯科医院では考えています。金属床は内側が金属の板で、薄いので(0.7ミリほど)、食べ物の温度が伝わりやすく、食事をしても違和感が少ないようにできています。材料はチタンなどで、自由診療(一部保険からの負担あり)になります。保険適用のレジンは、固くないので加工しやすく、修理もしやすいのが利点ですが、壊れやすく、厚み(3ミリほど)があるのが欠点だと、あつみ歯科医院では考えています。部分入れ歯は部分的に失った部位に入れる義歯です。残っている歯に「クラスプ」というバネをかけて、収まるように配置します。抜けた部位や本数によって実にさまざまな形態のものがあると、あつみ歯科医院では考えています。このほかに保険外では、総入れ歯、部分入れ歯ともに多種多様な選択肢があり、歯科医師とよく相談すべきだと、あつみ歯科医院では考えています。参考文献週刊朝日MOOKQ&Aでわかる「いい歯医者」

«  | ホーム |  »

2013-10

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR