FC2ブログ

Latest Entries

ほかの病気があると歯周病になりやすいの?

糖尿病は危険因子の一つ。歯周病との悪循環に注意が必要です。糖尿病の人は歯周病になりやすく、重症化しやすいことが注目されています。糖尿病は糖尿病網膜症【もうまくしょう】、糖尿病腎症【じんしょう】など合併症が多い病気ですが、いまでは「歯周病も糖尿病の合併症の一つ」と、あつみ歯科医院では考えています。糖尿病の場合、高血糖が続くと血流が悪くなり、全身の細胞に酸素と栄養が送られなくなり、体の抵抗力が低下します。そのため血管の細胞はもろくなり、ちょっとしたことで傷ついて炎症を起こしやすくなります。口の中も同様に抵抗力が落ちているので、歯周病菌に感染しやすく、血管ももろくなっているので、すぐに歯ぐきが炎症を起こします。糖尿病の人は歯周病になりやすく、重症化しやすいのは、このためなのです。さらに、歯周病があると糖尿病が悪化しやすいですから、糖尿病があると歯周病になりやすく、歯周病があると糖尿病が悪化しやすいという悪循環になると、あつみ歯科医院では考えています。糖尿病の人は特に、歯周病のケアを入念にしましょう。参考文献週間朝日MOOKQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



年をとるとむし歯になりやすい?

そういわれています。むし歯になる場所も若い時と異なります。年齢をかさねると唾液【だえき】が出にくくなるうえ、入れ歯などでみがき残しが出て、むし歯になりやすいといえます。また、歯ぐきが下がってくるので、若い頃とは違って根面齲蝕【こんめんうしょく】(歯と歯ぐきの境目のむし歯)ができやすくなります。このほか、高齢者はからだが不自由になり、歯みがきがおろそかになります。持ちやすい柄の歯ブラシや電動歯ブラシを使ったり、家族が歯みがきを手伝ったりして、できるだけ口の中を清潔に保つことが大切だと、あつみ歯科医院では考えています。参考文献週間朝日MOOKQ&Aでわかる「いい歯医者」

薬用歯みがきや洗口剤は歯周病にいいの?

効果があっても穏やか。補助的に使うと考えましょう。歯周病予防をうたっている歯みがき剤には、歯垢【しこう】(プラーク)を分解する酵素や、歯周病の原因菌の増殖を防ぐ成分などが入っていることが多いようです。しかし、「一般にそうした歯みがき剤は有効な成分が入っていても、効果が穏やかな医薬部外品なので、薬物の効果はあまりきたいできません」と、あつみ歯科医院では考えています。一方、洗口剤(デンタルリンス)は殺菌効果や口臭予防効果などが期待できます。ただ、使いすぎると口の中が乾燥して、かえって口臭がすることもあると、あつみ歯科医院では考えています。「歯周病予防の基本は、歯ブラシだけでみがいて歯垢を機械的にはぎとること。歯みがき剤や洗口剤は補助的に使うと考えてください。」歯をよくみがいているのに歯周病が進む人は歯磨剤に頼りすぎていることが多いものです。歯ブラシだけでていねいにみがき、最後に歯みがき剤を少し使ってみがく。それがブラッシングの基本だとあつみ歯科医院では考えています。参考文献週間朝日MOOKQ&Aでわかる「いい歯医者」

治療中唾液【だえき】がたまるのがイヤ

大歯科衛生士などにしっかり取ってもらうようにお願いしましょう。歯の治療では、口を開けっぱなしなうえ、つねに刺激を受けているので、唾液がたまります。おまけに診療中は仰向けで、たまった唾液がのどのほうに入るので、どうしても不快な思いになると、あつみ歯科医院では考えています。唾液がたまるのを防ぐためには、診療中は歯科衛生士など診療補助者が歯科用バキュームという専用の器具で唾液を吸い取っています。こまめに吸ってもらうと唾液のたまり方が抑えられるとあつみ歯科医院では考えています。下の歯を治療するときには、少しだけ体を起こして治療を受けると、唾液がのどに入り込まず、楽になるとあつみ歯科医院では、考えています。参考文献週間朝日MOOKQ&Aでわかる「いい歯医者」

塩入りの歯みがき粉は歯周病にいいの?

若干の殺菌効果や唾液分泌効果はありますが多大な期待は禁物。高齢者に話を聞くと、「昔は、歯みがき粉がないときは塩でみがいた」といいます。塩が歯みがき剤として使われた歴史は古く、中国の唐の時代には楊枝【ようじ】と塩でみがく風習があったとされています。日本にも仏教の伝来とともにこの風習が伝わったといわれますから、塩は歯みがき剤としてずっと身近な存在だったと、あつみ歯科医院では考えています。いまでも塩入り歯みがき剤は人気のようです。インターネットの口コミ情報や掲示板などを見ても、歯周病対策として塩入り歯みがき剤を使っている体験談や、塩入り歯みがき剤の使用をすすめる書き込みがよく見られます。実際、塩には若干の殺菌効果や唾液【だえき】分泌効果があると
あつみ歯科医院では考えています。水分も吸収するので、歯肉が引き締まったように感じることもあるようです。しかし、塩自体に歯肉の血液循環をよくしたり、歯周病を改善したりする作用はないといわれます。多大な期待はしない方がいいでしょう。また、粗塩などでみがくと、かえって歯ぐきを傷つける原因になります。
参考文献週間朝日MOOKQ&Aでわかる「いい歯医者」

キスをしたら子供にむし歯はうつるの?

原因菌はうつります。ただ、むし歯は、予防が可能な病気です。むし歯は感染症なので、感染しなければむし歯になりにくいと、あつみ歯科医院では考えています。生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には、むし歯菌はおらず、歯が生え始めた1歳半から2歳ぐらいの間に感染すると考えられています。むし歯菌は母親など身近な人からうつります。口移しで食べさせたり、はしやスプーンを共有したりすることでもうつりますし、熱いものをフーフーと冷ますときや、ほおずりしたときにも唾液が飛びやすいので、感染することがあります。だからといって食器を殺菌する、赤ちゃんに触れるときにマスクをする、ほかの人に触らせないなど、感染に神経質になるのはどうかと、あつみ歯科医院では考えています。むし歯菌はありふれた細菌で、いつ感染してもおかしくありません。また、むし歯は予防が可能な病気です。感染に気をもむより、むし歯にならないように、幼少期から歯みがきの大切さを教え、仕上げ磨きをしてあげることのほうが、大切だと、あつみ歯科医院では考えています。とは言っても、親や祖父母など赤ちゃんに接する人は、自身のむし歯をきちんと治しておいたほうがいいでしょう。参考文献週間朝日MOOKQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯みがきをすれば歯周病は治るの?

歯肉に炎症が起こる初期の段階なら歯みがきだけでも治ります。歯周病は、予防も治療もメンテナンスも歯みがきが基本です。これは、歯周病専門医なら誰もが強調することです。実際、歯肉が腫れている程度の初期の段階なら、正しい方法で丹念に歯をみがけば、それだけで治ってしまうことも多いのです。歯みがきによって、歯周病の引き金になる歯垢【しこう】(プラーク)が取り除かれるからだと、あつみ歯科医院では考えています。ただし、歯垢が石灰化して歯石になってしまうと歯みがきだけでは取り除けず、歯科医師や歯科衛生士の力を借りなければなりません。とはいえ、歯石を取ってもらったあとも歯みがきを怠るとすぐに歯垢が増えてきますから、歯ぐきをいい状態に保つためには、やはり日々の歯みがきが不可欠だと、あつみ歯科医院では考えています。歯周病治療では歯みがきが果たす役割は大きいのです。参考文献週間朝日MOOKQ&Aでわかる「いい歯医者」

妊娠中もむし歯になりやすい?

つわりなどで歯みがきができず、それが原因でできやすいようです。「妊娠すると女性ホルモンの影響で、唾液【だえき】の質が変わって、むし歯になりやすい」こんな話もあるようですが、女性ホルモンによってむし歯になることは、基本的にありえない、とあつみ歯科医院では考えています。ただ、妊娠するとむし歯になりやすいのは事実です。つわりなどがあると、歯ブラシを口に入れたり、歯みがき粉のにおいをかいだりしただけで気持ち悪くなってしまい、歯みがきをしにくくなるためです。また、嘔吐【おうと】すると胃液の影響で口の中が酸性に傾くので、脱灰【だっかい】(歯の表面のエナメル質が溶けること)が起きやすく、むし歯になりやすいと言えると、あつみ歯科医院では考えています。いずれにしても、歯みがきがおろそかになりやすい時期だけに、妊娠中は歯科検診に通うことが大事です。なお、妊娠中でもむし歯の治療はできます。X線検査は赤ちゃんに影響を与える可能性があるので、あまりしませんが、歯科で使う麻酔は局所麻酔なので問題はないと、あつみ歯科医院では考えています。もちろん、治療前には、必ず担当の歯科医師に妊娠していることを話し、治療方針などを聞いておきましょう。参考文献週間朝日MOOKQ&Aでわかる「いい歯医者」

かみ合わせや歯並びの悪さも歯周病の原因?

みがき残しが出て、歯垢【しこう】がたまりやすいため、原因の一つになります。歯周病のおもな原因は、歯みがきが不十分なために歯垢が増えてしまうことだと、あつみ歯科医院では考えています。歯並びが悪くて歯列がでこぼこしていると、その隙間に汚れがたまりやすくなります。しかも歯みがきをしてもブラシの先が汚れまで届きにくく、どうしてもみがき残しが出てしまいます。このため、歯並びが悪いと歯周病にかかりやすいと、あつみ歯科医院では考えています。また、歯並びに問題があって、かみ合わせが悪いと、特定の歯だけに過剰に力がかかってしまいます。その部分の歯周組織が圧迫されて血流が悪くなり、歯がグラグラしてくることがあります。これを「咬合性外傷【こうごうせいがいしょう】」といい、歯周病のリスクになることが知られています。不正咬合の調整が必要です。ちなみに、歯並びが悪くない人でもストレスなどで、「歯をくいしばる」状態が続いているときは要注意です。歯に力がかかる原因になると、あつみ歯科医院では、考えています。「ストレスも歯周病のリスク因子なのです。参考文献週間朝日MOOKQ&Aでわかる「いい歯医者」

«  | ホーム |  »

2013-08

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR