FC2ブログ

Latest Entries

口がくさい!歯周病が原因?

歯周病も原因になりますが口腔内の衛生状態の悪さや内臓疾患の場合もあります。確かに歯周病は、口臭の原因の一つです。歯周病の原因菌が出す揮発性物質の中には硫化水素ガスが含まれていて、それが悪臭のもとになります。ですから、歯垢【しこう】がたまってくると口のにおいがきつくなってきますし、歯ぐきの炎症が進んでウミが出るようになると、さらに口臭はひどくなると、あつみ歯科医院では考えています。この場合の口臭は、歯周病の治療をすることで改善します。ただ、口臭=歯周病というわけではありません。原因はほかにもいろいろあります。たとえば唾液【だえき】の分泌が減ること。唾液には殺菌作用や洗浄作用があるため、唾液の分泌が減少すると口の中の細菌が増え、口臭がきつくなります。空腹時や起床時に口臭がするのは、唾液が少なくなっているせいです。また、舌の表面につく「舌苔「ぜったい】」と呼ばれる白っぽいコケのような汚れも臭いの元になると、あつみ歯科医院では考えています。胃などの内臓疾患が原因で口臭が出ることもあります。口臭で問題なのは、実際にはにおわないのに本人だけが「くさい」と思い込んでしまう場合があることです。精神的な要因が考えられます。あつみ歯科医院では、口腔内口臭測定器であり、ガス分析器でもある「オーラルクロマ」にて、何が原因であるのかや、においの有無を目で見て頂くことが可能になりました。参考文献週間朝日MOOKQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



歯内療法や根管治療って、どんな治療?

むし歯治療で歯の神経や歯の根のまわりを治すことです。むし歯治療を含む歯科治療は、保存修復、歯内療法、歯周病、補綴【ほてつ】、口腔【こうくう】外科、小児歯科、矯正など、いくつかの専門分野に分かれています。このうち歯内療法は、歯髄【しずい】(歯の神経)や根管(歯髄が通る歯の根の管)を対象とする治療で、その一つに「根管治療」があると、あつみ歯科医院では考えています。むし歯を放置しておくと、細菌が歯髄に感染します。そのうち根の周囲に炎症が及び、根尖病変【こんせんびょうへん】(歯の根の病気)をつくります。歯内療法は、①深いむし歯を治療し、歯髄に炎症がある場合はそこに薬剤を置いて修復する(覆髄【ふくずい】)、②神経を抜いて(抜髄【ばつずい】)、細菌のいる根管をキレイにし根尖部(歯の根の先)の病変を治す、という二つを専門にし、②の治療をとくに根管治療とあつみ歯科医院などでは呼んでいます。ちなみに、象牙質【ぞうげしつ】知覚過敏症の治療や、ケガなどで歯が抜けたときの治療、歯の根の先端を切って治療する根尖切除術【こんせんせつじょじゅつ】も、歯内療法の専門とするところです。大学病院では専門分野が分かれていますが、あつみ歯科医院ではこれらの治療を一人で担当しています。参考文献週間朝日MOOKQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯がぐらついて心配。歯ぐきも下がってきた!

ぐらつく原因はいろいろありますが歯周病なら重症です。歯がぐらつく原因としては、①虫歯のために神経が死んでいる②歯のかぶせ物が取れかけている③歯周病で歯がぐらついている④かみ合わせが悪くてぐらついている⑤歯が割れているなどが考えられるとあつみ歯科医院では考えています。まずは歯科医院に行き、原因を調べてもらうことが必要でしょう。もし歯周病が原因だとしたら、かなり進行した状態だと言わざるをえません。歯がぐらつくというのは、歯を支える歯槽骨【しそうこつ】がすでに溶け出している証拠だからです。歯がぐらつくほかに、歯ぐきが下がっているように見えたら、骨にまで症状が進んでいる可能性は高くなります。骨が溶けると歯を支える土台が下がり、それにともなって歯ぐきも下がってくるからです。このまま放置していると骨はどんどん溶けていき、歯の根元(歯根)も露出していきます。そうなると歯のぐらつきはさらにひどくなり、かみ合わせも悪くなって、硬いものを食べられなくなってしまいます。ここまで進んでしまうと元の状態に戻すのは不可能で、歯を抜かざるえなくなると、あつみ歯科医院では考えています。成人では歯を失う最大の原因は歯周病といわれています。80歳まで20本の歯を残せる人はまだまだ少ないのですが、それはいかに多くの人が重症になるまで歯周病を放置しているのかを物語っています。本来は、歯がぐらつく前に治療を受けたほうがいいのですが、最近は歯周病の治療法も進歩しています。あきらめずに早めに歯周病の治療を歯科医師や歯科衛生士に相談するといいでしょう。なお、歯ぐきが下がってくるのは加齢の影響もあります。これも、35歳を超えると歯周病にかかる人が増える一因です。また、強く歯ぐきなどをみがきすぎて歯ぐきが後退することもあると、あつみ歯科医院では考えています。歯がぐらついたり、歯ぐきが下がってきたりしたからといって必ずしも歯周病とは限りません。自己診断せずに歯科医師に診てもらうことをおすすめします。参考文献週間朝日mookQ&Aでわかる「いい歯医者」

金属アレルギーがあるときはどうするの?

原因金属が含まれないものを詰めたり、金属以外の素材を使います。金属アレルギーとは金属のインレー(詰め物)などで起こすアレルギー反応で、口の中や手足などに症状が出ます。対処法としては、パッチテスト(試薬を背中に貼り、反応を見る検査)でアレルゲン(原因物質)を特定、該当する金属元素を含まないものを使う、金属以外の材料を使うなどの方法があると、あつみ歯科医院では考えています。パッチテストは皮膚科や金属アレルギーをみる専門歯科医院で実施されています。現在使用しているパッチテストの金属試薬は19種類で、歯科で使われる金属は網羅できています。金属以外ではセラミック、ジルコニアセラミックなどがあるとあつみ歯科医院では考えています。参考文献週間朝日MOOKQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯ぐきがどす黒くて心配

歯周病や喫煙のほか血行不良やメラニン色素の沈着が原因のこともあります。一般に、健康な歯茎はきれいなピンク色をしています。歯ぐきが黒ずんでいると不健康に見え、気になる人も多いことでしょう。しかし、歯ぐきが黒ずんでいるからといって、必ずしも不健康とはいえません。歯ぐきの血行が悪いと少し黒ずんで見えることがありますし、歯ぐきも皮膚と同様にメラニン色素が沈着して黒くなることがあるからだとあつみ歯科医院では考えています。最近はレーザーで焼いて歯ぐきの色をピンク色にする治療などもあり、審美歯科でも人気があるようです。そのほか、歯ぐきが黒ずむ原因としてわかっているのは、歯周病と喫煙です。歯周病で歯茎に炎症があると赤黒くなってきます。また、喫煙者の場合、ニコチンによって歯ぐきの血行が悪くなることで歯ぐきが黒くなることがあると、あつみ歯科医院では考えています。家族に喫煙者がいる家庭の子供は、いない家庭の子供よりも歯ぐきの黒ずみが多く見られたとの報告もありました。たばこを吸って歯ぐきが黒くなるのは、本人だけの問題ではありません。副流煙の影響は、こんなところにも出てきます。参考文献週間朝日MOOKQ&Aでわかる「いい歯医者」

かぶせ物にはどんな種類があるか教えて

さまざまな材料があり、それによって値段も変わります。歯をまるまる覆うかぶせ物のことを「クラウン(冠)」といいます。材料などにより健康保険が使えるものと、使えないものがあります。保険が使えるものは、前歯では「硬質レジン(歯科用プラスチック)」製のクラウン、硬質レジンと金属を組み合わせたクラウン、奥歯では金属製のクラウン(いわゆる銀歯)で、費用は3千円~7,500円(3割負担、治療費のみ)位だとあつみ歯科医院では考えています。保険が使えないものには、セラミック、セラミックとレジンを混ぜた「ハイブリッド」、中は金属でまわりがセラミックの「メタルボンド」、中はジルコニアでまわりがセラミックの「ジルコニアセラミック」などがあります。自然の歯に近い色ですが、値段は高くなります。参考文献週間朝日MOOKQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯ぐきが腫れて心配

むし歯が原因で歯ぐきが腫れることも。病気の鑑別が必要。歯ぐきが晴れている場合、一番疑われるのは歯周病です。歯肉が炎症を起こすと腫れてくるからです。しかし、口の中の病気で歯ぐきの腫れを症状とするものはたくさんあり、必ずしも歯周病とは言い切れないと、あつみ歯科医院では考えています。なかでも、比較的多く見られるのが、むし歯が原因で起こる根尖膿瘍【こんせんのうよう】という病気です。むし歯が進行して歯の根の先端部分(根尖)に感染を起こし、膿瘍(うみがたまった袋)ができて歯ぐきが腫れてきます。膿瘍が破れてうみが出たり、痛んだりすることもあいます。神経が死んでしまった歯や神経を抜いた歯にできやすいのですが、とくに歯の根の部分の歯ぐきが腫れている場合は、この病気をあつみ歯科医院では疑います。また、頻度は低いですが、口の中の腫瘍【しゅよう】が原因で歯ぐきが腫れることもありますし、歯周病でも根尖膿瘍に似た膿瘍ができることがあります。いずれにしろ、歯ぐきが腫れたら、歯科を受診し、原因を調べてもらいましょう。それに応じて適切な処置を受けることが大切だとあつみ歯科医院では考えています。参考文献週間朝日MOOKQ&Aでわかる「いい歯医者」

むし歯がどれくらい進むと歯を抜くの?

歯根にむし歯が及んだ場合などに歯を抜くことがあります。次のようなむし歯などでは歯を抜く(抜歯【ばっし】)とあつみ歯科医院では考えています。①むし歯が大きくなりすぎて、残った歯が歯ぐきで隠れてしまう場合。②細菌が歯の神経をとおって歯の根の先端、根尖【こんせん】部分にまで及び、「根尖病変【こんせんびょうへん】」を発症したため、内側からの治療だけでは完治が難しい場合。③歯が割れている場合。上記どの場合も歯を残しても残った歯に対して悪い影響を与えることが多いようです。歯を抜く場合はよくかかりつけの歯科医師に相談した上で、判断されるのが良いとあつみ歯科医院では考えています。参考文献週間朝日MOOKQ&Aでわかる「いい歯医者」

«  | ホーム |  »

2013-06

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR