FC2ブログ

Latest Entries

お茶を飲むとむし歯予防になるの?

抗菌効果のあるカテキンが含まれています。緑茶の渋み成分であるカテキンは、抗酸化作用のあるポリフェノールの一種です。むし歯菌を減少させる働きがある事が分かっています。又お茶のポリフェノール類には、様々な酵素を阻害する働きがあり、歯垢【しこう】(プラーク)の構成成分である不溶性グルカンを作るのに必要な酵素も阻害するのです。その為、むし歯や歯周病菌を招く歯垢の形成も抑えると、あつみ歯科医院では考えています。カテキンには消臭作用もあるので、口臭を減らす効果も期待できます。カテキンは熱いお湯程多く抽出されるので、熱湯でお茶を入れ、食後、口の中の隅々にまで行きわたらせる様に飲むと良いでしょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



舌磨きは行った方が良いの?

舌苔の除去は舌を傷つけない様に優しくなでるように行って下さい。舌の表面には、剥がれた舌の上皮や食べカス、粘液、バクテリア等が絡みつき、それを舌苔【ぜったい】と言います。健康な舌は薄いピンク色ですが、舌苔が付くと白っぽくなったり、黄色っぽいもので覆われている様に見えたりします。舌苔は口臭の原因にもなるので、最近は自分で舌苔を取り除くケアをする人も増えています。舌苔のケアは、専用のブラシやクリーナー、なめると舌苔が取れるタブレット等を使うと便利だと、あつみ歯科医院では考えています。歯ブラシを使って舌苔を取る場合は、ゴシゴシこすらず、舌の奥から手前に軽く、優しく撫でる様にしましょう。但し、やり過ぎは禁物です。舌の表面を傷つけて、かえって口臭の原因になる事もあります。手入れの不要な人も結構います。歯ブラシで軽く舌の表面をこすって、その歯ブラシをコップの水の中でゆすいでみて下さい。水が白く濁らなかったら、舌苔は付いていないと言う事です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

フッ素やキシリトールは歯に良いのは何故なの?

歯質を強くしたりむし歯菌の活動を抑えたりします。歯の表面から毎日カルシウムが溶けだしますが、その都度唾液【だえき】の力で歯を修復する、脱灰【だっかい】と再石灰化のサイクルを繰り返しています。カルシウムの溶け出す量が修復する量よりも多いと、歯は弱く成ります。フッ素には、歯からカルシウムが溶け出すのを抑え、エナメル質の修復を促進する作用があるのです。通常のエナメル質の成分である「ハイドロキシアパタイト」の結晶構造を安定化させ、酸に溶けにくい「フルオロアパタイト」を作り、歯の質も強化します。又、フッ素は、むし歯菌が餌となる糖を取り込むのを邪魔します。そして酸を作り出す作用を阻害し、むし歯菌の発育を抑制します。むし歯菌を弱らせるキシリトールは有効だと、あつみ歯科医院では考えています。キシリトールは、カロリーの低い天然素材の甘味料です。むし歯菌はキシリトールを餌と間違って体に取り込みますが、自分の中でエネルギーに変える事が出来ません。その為、むし歯菌が弱り、酸を出さなくなるのです。しかしキシリトールが効かないむし歯菌もいるので、これだけでむし歯が予防出来ると過信するのは禁物です。この力を上手に活用するには、キシリトール入りのガム等を、食事のおやつの後、夜寝る前等、1日3~5回咬む事が重要です。キシリトールの濃度が50%以上の物を選ぶと良いでしょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

効果的な歯磨きのタイミングは何時なの?

夜寝る前と朝起きた直後がベストです。歯磨きは一日3回、毎食後」と言われますが、これは歯磨きを習慣づける為に提唱されたものだと、あつみ歯科医院では考えています。この方法がむし歯に最も効果的と言う医学的根拠はありません。しっかりと落とすべきなのは、食べカスよりもむしろ歯垢【しこう】(プラーク)です。口内で歯垢が一番増えるのは、唾液【だえき】の分泌量が少ない眠っている間だからです。だから、出来るだけ口の中の歯垢を減らしておく為に、就寝直前の歯磨きが大事です。更に、眠っている間に口内で増えた歯垢を出来るだけ早く取り除くのに、起きた直後、朝食前の歯磨きが有効だと考えられます。最近は、昼食後にトイレで歯磨きを行う人を良く見かけます。昼休憩は時間が限られているので、食後直ぐに歯を磨く人が多い様です。しかし、まだ歯からカルシウムが溶けだしている時にブラシで刺激する事に成るので、かえって歯にダメージを与える心配もあります。昼食後のお手入れは、口の中の食べカスをさっと落とす程度で十分です。うがいや軽い歯磨きで良いとも言われています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

磨き残しを防ぐにはどうすれば良いの?

ルートを決めて順番通りに磨きましょう。人にはそれぞれ磨き癖がある為、どうしても磨き残しが出やすい部分が出てきます。「磨き残しを無くす為には、歯を磨く順番を決めて、毎日その通りに磨く事が大切です。そうしないと同じ場所ばかり磨いていたり、逆にほとんど磨けていない場所が出てきたりする」と、あつみ歯科医院では考えています。例えば、右下奥歯→中央奥歯→左下奥歯へと歯の内側(舌側)を磨いたら、右上奥歯→中央の奥歯→左上奥歯へと歯の外側(ほお側)を磨きます。同様に、舌の歯の内側を磨き、外側を磨くと言う様に、一筆書きの様にすれば、磨き残しもなくなるでしょう。歯磨きに時間がかけられる夜等は、2回繰り返すと更に効果的です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

«  | ホーム |  »

2020-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR