FC2ブログ

Latest Entries

歯周病を薬で治す事は出来ないの?

薬はあくまでも補助的なものです。基本は歯垢と歯石の除去です。歯周病を治療するのに、炎症を抑える薬(消炎鎮痛剤)や、原因になる細菌を殺す抗生物質(抗菌薬)を投与する事があります。これには、飲み薬として処方する場合と、歯周ポケットに薬を直接注入する方法があります。ただ、薬で歯周病が完全に治るわけではありません。あくまでも薬は補助的に使うものだと、あつみ歯科医院では考えています。薬で一時的に細菌の活動を抑える事は出来ますが、歯ブラシや器具で歯垢【しこう】(プラーク)と歯石を機械的に取らない事にはには、細菌を撃退する事は出来ません。ちなみに、洗口剤【せんこうざい】の中には殺菌効果のあるものが市販されていますが、それだけで歯垢が消え去る事はありません。プラークは強力なバリアで中の細菌を守っているので、そこまで薬は浸透せず、薬の力でプラークが溶ける事もありません。お風呂のカビ取りを思い浮かべて欲しいのですが、一番確実な方法は、やはり歯ブラシでゴシゴシこする事なのです。洗口剤は、歯磨きのサポート役と考えて下さい。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



レーザー治療をすると言われた。

歯石を蒸散させたり、炎症を抑えたりするのに使う事があります。レーザーとは、光を増幅させて一方向に照射させたもので、高いエネルギーを発生させる事ができます。医療の分野では、ほくろやアザの除去、近視や花粉症の治療など、多方面にわたって使われるようになりました。歯科でも、歯のホワイトニングや歯ぐきのメラニン色素の除去、むし歯の治療などでレーザー治療が普及し始めています。そして歯周病治療の分野でもレーザーが利用され始めています。主に使われるのは、「歯石をレーザーの力で取り除く」「炎症を落ち着かせる」と言った目的です。レーザーを歯周ポケットに照射すると、熱によって瞬時に歯石を蒸散させる事が出来るので、ガリガリとした音や振動もなく、痛みもほとんどないと、あつみ歯科医院では考えています。その他、炎症を起こした歯肉を取り除いたり、歯周病の外科手術の際にメスとして使ったり、弱い光を当てて組織を活性化させる目的で利用される事もあります。限界もあり、評価は分かれます。ただし、レーザーのみで全ての歯石を取り去る事が出来る訳では無く、歯石が付いた部分のエナメル質まで蒸散させてしまう可能性も、指摘されています。又、レーザー治療は健康保険が適用されず、自費治療となります。レーザー治療に対する専門医の考え方や評価は分かれており、レーザーがハンドスケーラーや超音波スケーラーにとって代わるのは、まだ先のようです。医療用器具としては認められていますが、多くの制約があり、現在は、認定された範囲内で補助的に使っています。ただ、レーザー治療は痛みも少なく、短時間で治療ができる等利点は沢山あり、今後は新しい技術として認識されていくのではないかと、あつみ歯科医院では考えています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯周病の外科手術は何の為にするの?

歯ぐきを切開して見えない歯垢や歯石を除去するためです。歯周基本治療(歯磨きや歯石の除去)が終わっても歯ぐきの状況が改善しない場合や、スケーリングで取り切れない程深い位置に歯石がある場合には、歯周外科手術で徹底的に直していきます。代表的な外科手術は「フラップ手術(歯肉剥離掻爬【しにくはくりそうは】手術」と呼ばれるものです。歯の根の深い部分や、奥歯の根の間等に入り込んでいる歯石が良く見える様に、歯ぐき(歯肉)を切り開いて歯槽骨【しそうこつ】から剥がします。通常のスケーリングの場合は見えない歯石は手探りで除去しますが、フラップ手術では歯根が露出するので、完全に取り除くことが可能だと、あつみ歯科医院では考えています。局所麻酔を使い、治療が終わったら歯肉を縫合【ほうごう】します。手術にかかる時間は治療対象になる歯によって異なります。前歯なら短時間ですみますが、歯根が複数ある奥歯の場合には、1本だけでも1~2時間かかる場合もあります。フラップ手術をする目安を「歯周ポケットの深さ5~6ミリ以上」としている歯科医師が多いようです。基本治療をすることで、ポケットの深さは2~3ミリ減少します。初診の段階でポケットの深さが6ミリあっても、基本治療終了後には手術をしなくてすむケースは多いようです。歯肉を切除する手術もあります。フラップ手術の他にも、歯ぐきの状態によっていくつかの手術があります。歯肉の炎症を改善させる手術として、歯周ポケットのある歯肉を丸ごと切り取る「歯肉切除術」、歯周ポケットの内側の炎症部分をスケーラーで取り除き、再び歯根面に付着させる「歯周ポケット掻爬術」、同じことをメスで実施する「新付着手術」等があります。他にも、歯周病で歯ぐきが下がってしまった場合、上あごから歯肉を一部切り取って移植する等、機能を回復させるだけでなく、見た目も考慮した審美的な手術をすることがあります。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯周病の患者は増えているの?

歯周病患者の急増は高齢者でも残存歯が多い証です。若い人の歯周病は減少傾向にありますが、60代以降の歯周病は増加し、特に80代が増えています。実はこれ、8020【はちまるにいまる】運動の”成果”とも言えます。1989年に「80歳になっても自分の歯を20本以上残そう」と言う8020運動がスタートし、2005年の調査で初めて、80歳で20本以上歯が残っている人の割合が20%を超えました。歯周病は、歯が残っていなければかからない病気です。歯が残っているからこそ、歯周病になる人も増えたと言えますが、どうせ歯を残すなら、健康な歯を残したいものだと、あつみ歯科医院では考えています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

妊娠中に歯ぐきから出血した!

心配しすぎず、可能な範囲で口腔ケアを心がけて下さい。歯周病が原因で放出される炎症性物質の中に、分娩【ぶんべん】を誘発する物質と似ている物があります。低体重児が生まれたりすると言う報告があります。妊娠中は妊娠性歯肉炎にかかったり、つわり等の影響で歯磨きが十分でない事も多いので、歯周病になる可能性も高まると、あつみ歯科医院では考えています。しかし、余り心配しすぎる必要はありません。早産を誘発する物質が出るのは、歯周病が進行した場合です。出産年齢で重度の歯周病になっている人は稀ですし、妊娠性歯肉炎であれば、早産や低体重児出産の心配もほとんどありません。しかし、若い人がかかる侵襲性歯周炎の場合は、歯科医師に相談した方が良いでしょう。妊娠中でも、歯周病の治療は可能です。4~8カ月の安定期になったら、一度歯科医院を訪れると良いでしょう。子供が生まれるとなかなか歯科に行けなくなります。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

«  | ホーム |  »

2020-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR