FC2ブログ

Latest Entries

出来るだけ削らない、抜かない事が大事なの?

歯の寿命が短くなるだけではなく、顎の骨も痩せてしまいます。歯科医師の多くが、出来るだけ歯を削らない、神経も歯も抜かずに残す治療を心がけています。その理由の一つは、顎の骨が痩せずにすむからです。顎の骨を造る造骨細胞は、咬む刺激で造られます。1本でも歯があれば、そこに顎の骨が出来ますが、歯が無くなると咬む刺激もなくなるので、顎の骨が痩せて、X線写真に写らなくなります。最悪の場合、下歯槽【かしそう】神経が露出しひどく傷んだり、顎骨【がくこつ】骨折になったりすると、あつみ歯科医院では考えています。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



なぜ歯の根が残っていたら1本と数えるの?

人工物で補えば咬める可能性のある歯は、1本と数えます。歯の根だけが残っていても、1本と数える事が多いです。歯科医師の間では、咬める形に戻せそうなら、1本と数える事になっています。根っこだけならなくて良いと、思うかもしれませんが、咬み応え等、食べ物を美味しく食べる為の感覚を伝える歯根膜【しこんまく】が残る事になります。これがあるのと無いのとでは、食生活の質は大きく変わると、あつみ歯科医院では考えています。80歳になっても20本以上自分の歯を残して、美味しく食べて元気に過ごそうと言う「8020【はちまるにいまる】運動」は有名になりましたが、現在では更に上を行く「8028【はちまるにいはち】運動」を目指す人も増えています。これは、親知らず以外の28本を、人工物で補ってでも残そう、と言うものです。ただし、どんな歯でも残せば良いと言うものではないと、あつみ歯科医院では考えています。グラグラしている歯は、肺炎などの感染源になる恐れがあるので、口腔【こうくう】ケアをきちんと行えない環境にある方は、抜歯をするのも一つの方法ではないでしょうか?参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

治療は終わったはずなのに「また次回」?

経過観察やクリーニング、口腔ケア指導等が、必要な場合があります。週に1回、歯科医院に通う事数週間。全ての歯の治療が終わったと思ったら、「来週も又来て下さい。」「ようやく通院から解放されるはずだったのに・・・・」と思った人も多いと思います。「口腔ケアの重要性を患者さんに理解してもらい、正しいブラッシングを身につけて頂く等、どの様にしたらむし歯のリスクを下げる事が出来るのかを一緒に考える事は大変重要だと、あつみ歯科医院では考えています。又、患者は治療が終わったと思っていても、本当に終わったわけではなく、経過観察が欠かせない事もあります。「歯内療法後もメンテナンスはとても大切です。経過観察を兼ねて、歯石除去クリーニングを提供する事もあります。口腔【こうくう】内細菌のコントロールが出来るようになるまでがむし歯治療と考えれば、歯科医師の提案通りに通院することが望ましいと考えられます。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

むし歯のせいで咬み合わせが悪くなる事はあるの?

欠けたり抜けたりした歯をそのままにしておくと咬み合わせが悪くなる事があります。頭痛、肩こり、耳鳴り、めまいなどの不調とかみ合わせ(不正咬合)の関連性は証明されていませんが、入れ歯を替えたら、悩まされてきた肩こりがなくなった患者が、あつみ歯科医院でもいました。1999年の厚生省の調査では不正咬合は「歯や口の中の悩み」で、歯の痛みや歯ぐきの出血、口臭、歯並びの悪さの次に多く、見過ごせない症状である様です。不正咬合になる原因は、先天的なものと後天的なものに分けられます。先天的なものは遺伝によるもので、後天的なものは、骨の発育障害、指しゃぶり等の癖、むし歯等です。これらは、子供の永久歯が生えてくる頃に問題が起こりますが、大人でもむし歯によって、不正咬合になる可能性があると、あつみ歯科医院では考えています。むし歯で歯が欠けると、隣の歯が欠けた歯の方によって来たり、下の歯が欠けると上の歯が下がって来たりする事もあります。一番あり得るんのが、両側の歯が、開いたスペースに移動して来る事です。この様に歯が移動すると不正咬合になる可能性が高くなります。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯科医療が世界で最も進んでいる国はどこの国なの?

各国の保険制度によって、進んでいる歯科分野に特色があります。■北欧むし歯を予防する甘味料キシリトールはフィンランドで開発されました。スウェーデンはインプラント発祥国としても有名です。更にスウェーデンのイエーテボリ大学は、日本人と同様にむし歯や歯周病が多かった70年代から、予防歯科を大々的に研究し、プラークコントロール(歯垢【しこう】除去)の重要性を世界に知らしめました。北欧は、予防歯科が世界で最も進んでいます。ご存知の通り、北欧は税金が高い代わりに手厚い社会保障が受けらる事で、国全体の歯科医療費を下げる事に成功したと、あつみ歯科医院では考えています。■アメリカアメリカは歯科に限らず世界の医療研究・技術を引っ張るトップランナーです。しかし、国の医療保険制度が整備されていないので、多くの人が民間の医療保険に加入しています。お金持ちは世界最高レベルの予防・治療を受けられます。しかし、民間保険に入れない人も多く、収入の差が自分の健康に直結します。■日本世界に冠たる国民皆保険【こくみんかいほけん】制度を持つ日本。ほぼ収入の差が少なく、高度な治療が保険で受けられます。日本の歯科技術も世界に負けないレベルですが、特にむし歯は、世界では保険内では出来ないような、高レベルの治療が可能です。所が、安価な治療を受けられる日本の保険制度の利点が、予防を阻【はば】む要因になっていると、あつみ歯科医院では考えています。予防歯科は保険でカバーされない部分が多く、その点が北欧と大きく異なります。医療保険財政の面からも見習いたいものです。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

«  | ホーム |  »

2020-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR