FC2ブログ

Latest Entries

むし歯が痛くなる前に神経を抜きたい。

病気でない歯の神経は、絶対に抜かないで下さい。歯をもろくするだけです。以前は、むし歯が痛くなって受診すると、比較的簡単に「神経を抜きましょう」と言われていたと、あつみ歯科医院では考えています。しかし現在は、神経(正しくは歯髄【しずい】)は出来るだけ残すと言う考え方が主流です。患者としては、痛みから解放される利点に目が行きがちですが、歯がもろくなる、むし歯に成りやすい、歯が変色する等、欠点の方がずっと多いのです。それに、歯髄を取ったからと言って、永久に歯の痛みから解放されるわけではありません。何らかの理由で詰め物をしている歯髄腔【くう】が細菌に感染すれば、根の先に炎症が起こり、より大変な治療を受ける事になる事もあるのです。病気でない神経を取るのは、絶対に止めた方が良いと、あつみ歯科医院では考えています。過剰治療は諸悪の根源です。痛くなるのが心配ならば、むし歯に成らない様に、予防に力を入れて下さい。むし歯のない人こそ定期的に健診を受けて欲しいものです。出来れば1ヶ月に1回から年に1回、むし歯や歯周病の度合いに応じて歯科医院にて歯石やステインを取り、歯や歯ぐきの状態等をチェックしてもらいましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト



むし歯の治療で抜髄すると言われた。

放置すると感染が進み、より厄介な状態に成る場合もあります。歯科医師が抜髄【ばつずい】を勧めるのなら、それなりの理由があると、あつみ歯科医院では考えています。抜髄は、炎症で歯髄【しずい】がダメージを受け、元の状態に戻らないと判断されるものの、幸い、感染はほとんどない場合の治療法ですから、放置すると事態は悪化する事があります。放置しているうちの、痛みが無くなる事はあります。むし歯が大きくなって穴が開くと、ガスが抜ける様に痛みが和らぐのです。勿論治ったわけではなく、次は神経が腐ります。そうなったら、根の治療が必要となってきます。更に放置すると、炎症が根の先に進み、顎の骨が溶けて、抜歯せざるをえなくなる事もあります。熱い物がしみる時に抜髄を勧められたのなら、治療した方が良いと、あつみ歯科医院では考えています。ただ、かみ合わせの治療で、戦略として抜髄する場合は、利点rと欠点を良く聞いてから判断して下さい。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯の根の治療にかかる費用は?

保険診療で3割負担なら一番高い大臼歯でも1本数千円です。歯の根の治療は、健康保険でカバーされています。歯の種類によって根管【こんかん】の数が違い、それによってかかる手間や時間が変わってきます。その為、治療費は歯の種類別に設定されています。3割負担の場合、前歯(根管は1本)は1,500円、小臼歯【きゅうし】(同1,2本)は2,100円、大臼歯【だいきゅうし】(同3,4本)は3,000円が目安です。日本の歯科医師が請求出来る金額は、アメリカの10分の1程度です。高度な技術が必要で、時間もかかる治療にしては、評価が低過ぎると、あつみ歯科医院では考えています。納得の行く治療をする為には、自費診療をしている歯内療法専門医もいますが、ごく少数です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯の根の治療後、何年も経って、再治療になる事があると聞いた。

残念ながら本当です。しかも、再治療の成功率は初回治療よりも低下します。歯内療法の成功率については、様々な報告がありますが、一般に、無菌的環境下で実施された、初回の根の治療では90%前後と、あつみ歯科医院では考えています。日本で実施される根の治療の内、初回治療は約3分の1で、残る3分の2は再治療です。やり直しが多いのは、現在の保険制度の下で、時間をかけた丁寧な治療をしたら、経済的に成り立たない事が根本的な問題です。再治療になる原因として多いのは、初回治療で根管の内容物が取り切れなかったり、根管の中を無菌状態に出来なかった、器具が突き抜けて根管に穴を開けてしまった、根管内に折れた器具が残った、充填【じゅうてん】が不十分だった等です。その結果、治療後何年も経ってから、根の先に膿【うみ】が貯まる等の症状が現れます。根管の再治療は、とても大変です。こうなると再治療が必要だと、あつみ歯科医院では考えています。しかし、再治療は初回治療よりずっと難しくなります。すでに何年も歯髄【しずい】がない状態なので、歯がもろくなってヒビが入っていることがありますし、根管は削られて薄くなっています。しかも、別の歯科医師が治療した根管は、予想のつかない状態なので、とても大変です。北欧の報告では、無菌的環境下での初回治療の成功率は、抜髄【ばつずい】が98%、根尖【こんせん】病変があって顎の骨が溶けている症例でも86%です。それが、2回目の治療になると62%まで低下します。再治療以外の選択肢としては、抜歯しかありません。歯は出来るだけ残した方が良いので、成功率が低くても治療を受ける事をお勧めします。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

歯の中からは治療できないので手術が必要と言われた。

歯ぐきを切り開き根の先の病巣を取り除く手術です。歯内療法は、歯の頭の方から歯の中を進んで治療しますが、それでは届かない位置に病巣がある場合、歯の外から治療せざる得ません。これを「外科的歯内療法」と言います。様々な術式があり、歯ぐきに膿【うみ】がたまっている時に、歯ぐきを切開して膿を出す緊急処置も含まれていると、あつみ歯科医院では考えています。その中で、最も一般的なのが「歯根端【しこんたん】切除術」です。対象になるのは、根の先に大きな膿の袋があったり、顎の骨が溶けていたりする場合、かぶせ物やその土台が外せず、しかも壊したくない場合、歯の根が折れている場合等、通常の根の治療より患者の負担が大きいので、あくまで、通常の根の治療が出来ない場合に選択されます。術後半年から1年は定期チェックが必要です。手術は、大がかりなものではありません。局所麻酔をして歯肉を切開し、骨を露出させたら、炎症や感染のある組織を、根の先(根尖)と一緒に切除します。根尖の切断面に見える根管【こんかん】を完全に封鎖し、歯肉を縫合して終了です。数日後に抜糸します。翌日から普通の生活が出来ますが、1週間位は顔が腫【は】れます。炎症や感染のあった場所は、数か月で骨に覆われ、治って行きます。ちゃんと骨が再生しているかを確認する為に、術後半年から1年位は定期的なチェックが必要です。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

«  | ホーム |  »

2020-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR