FC2ブログ

Latest Entries

歯周病を治してからインプラントを埋めた方が良いの?

歯周病を改善すればインプラントは可能ですが、治療後のケアも不可欠です。歯を失う原因で一番多いのが歯周病です。ですから、インプラントにする人の多くが、元々歯周病を患っていたと、あつみ歯科医院では考えています。歯周病だからと言って、インプラントが出来ない訳ではありません。歯科医師の下で歯周病をしっかり治療し、コントロールが出来ていれば、インプラント治療を受けられます。又、歯周病の為に顎の骨が痩せてしまった場合でも、骨を再生したり、骨を移植したりすればインプラントは可能です。但し、インプラントで歯を取り戻せたとしても、歯磨き等のケアを怠ると大変な事に成ります。汚れの中に潜む歯周病菌が粘膜とインプラントの境目に侵入し、粘膜が炎症を起こす「インプラント周囲炎」になる恐れがあるからです。インプラント周囲炎になり炎症が進むと、インプラントを支える(歯槽骨【しそうこつ】)が溶けてしまい、最終的にはせっかくのインプラントを抜かなくてはならなくなります。インプラントにする人は、元々歯周病を患っていた人多いので、インプラント周囲炎になる危険性も高いのです。ですから、インプラントを受ける前に、歯周病の状態を評価してもらうとともに、必要があれば歯周病の治療を優先して、それからインプラントの治療を受けた方が良いでしょう。又、インプランを埋めた後の口の中のケアも大切です。歯周病が悪化する人の中には、ケアの習慣が身についていない人も少なくありません。定期的に歯科医院に通って確認してもらうとともに、周囲炎にならない様に、歯磨きや歯間ブラシ、フロス等でケアしてインプラントを長持ちさせましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」
スポンサーサイト

入れ歯やブリッジの方がインプラントより良いと言われた。

患者の事を第一に考えた、判断かもしれません。インプラントは出来る人、出来ない人、向いている人、不向きな人がいます。他の病気や治療の為に骨に問題があったり、顎の骨の量が十分でなかったりして、インプラント以外の方法を勧めたのかもしれません。又、心筋梗塞【こうそく】や糖尿病等の持病があって、手術に耐えられないと診断したのかもしれません。或いは、歯の残っている状態から、入れ歯やブリッジでも安定して使えると診断したと、あつみ歯科医院では考えます。歯科医師にとっては、インプラントを積極的に勧めた方が、儲けになる可能性が高いはずです。にもかかわらず、入れ歯やブリッジを勧めたと言う事は、利益よりも患者の事を第一に考えてくれる、良心的な人なのかもしれません。その歯科医師がインプラント治療の技術を持っていないから、と言う理由も考えられますが、考えすぎでしょう。いずれにせよ、インプラントにしたいと思っていたのに、入れ歯やブリッジの方を勧められた場合は、理由を聞いた方が良いでしょう。中には、インプラントに否定的な考えを持っている歯科医師もいます。顎の骨に穴を開け、金属を埋め込む手術が必要なうえに、治療期間が半年以上にも及び、費用的にもかなりの負担となる為、上手くいかなかった時の肉体的、精神的、経済的な代償が大きくからです。何らかのトラブルで抜く事になった場合、一旦骨と結合したインプラントを撤去するのは、埋める時よりもっと大変な手術になります。やり直しの効き難いインプラントより、入れ歯やブリッジの方が、安心出来ると言う歯科医師もいるのです。インプラントは自分の歯の様に咬めると大きな利点があります。ですが、あくまで歯を補う選択肢の一つです。信頼出来る歯科医師の助言も参考にして、入れ歯やブリッジにするか、それともインプラントにするかを考えましょう。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

インプラントに向き、不向きがあるの?

病気等の理由の他、歯の残り方や価値観、経済状況等にもよります。先ず、病気等の理由でインプラントに出来ない人がいます。舌癌等の治療で顎の骨に放射線照射した人、骨に影響のある薬(ステロイド剤や骨粗鬆症【こつそしょうしょう】の薬等)を服用している人、その他、骨に症状の出る病気の人は、骨がもろくなったり、骨の治癒力が落ちていたりするので、インプラントを行うのは出来ないと、あつみ歯科医院では考えています。又、顎の骨の量が極端に少ない人、骨が成長途中の子どもや妊娠中の人、金属のチタンアレルギーのある人もインプラントは不向きです。癌、脳梗塞【こうそく】、心筋梗塞、自己免疫疾患、糖尿病等の病気がある人は、インプラントを出来ない訳ではありませんが、手術の危険性が高まります。ですから、インプラントにする前に、医師の治療を受け、症状をコントロールしてもらう必要があります。又、歯周病むし歯のある人は、治療して口の中の状態を良くしてからでないと、インプラントに出来ない場合があります。更に、アルコール依存症や薬物依存症の人、ヘビースモーカーの人も、インプラントが骨と結合しない可能性が高いので、手術を断られる事があります。歯の残り方によっても、向き不向きがが考えられます。歯が1,2本だけ抜けている場合、ブリッジにも出来ますが、健康な両側の歯を削りたくないと言う人には、インプラントが向いているでしょう。反対に、歯が広範囲に抜けていても、両側にしっかりした歯が残っていれば、入れ歯でも安定し易いので、不自由がなければ、そのままで良いかもしれません。本人の価値観や経済状況によっても、向き不向きがあるでしょう。硬い物を噛めるようになりたい人、自然に見える歯を取り戻したい人、人前で入れ歯を取り外したり、手入れしたりするのが嫌な人等は、インプラントにしたいと思うでしょう。一方、ブリッジや入れ歯で不自由を感じていない人、何十万円、何百万円も出してまで、歯をキチンとしたいと思わない人は、敢えてインプラントにする必要は無いと言えます。どんな人にもインプラントが向いているわけではありません。歯を補う選択肢には、ブリッジや入れ歯もありますので、利点・欠点を良く比較検討して、自分に合った方法を選んで下さい。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

4本のインプラントで全部の歯を支えられる方法があると聞いたのですが。

「オールオンフォー」です。難しい治療方法ですので、慎重に歯科医師を選びましょう。オールオンフォーは、上下又は両顎の歯が一本も無い人や、残っている歯を全て抜かなければならない人の為に開発された画期的なインプラントです。全部のは(上下12本程度)がつながった人口の歯を、たった4本(上下だと8本)のインプラントで支えます。しかも、インプラントを埋めたその日に歯が入り、咬めるようになります。肉体的にも経済的にも患者さんの利点が大きいので注目を浴び、手掛ける歯科医院が増えています。しかし、患者さんは慎重に歯科医師を選んでもらいたいものです。力学的に最も安定するインプラントの配置を決めるのに、術前診断が非常に重要です。CT(コンピューター断層撮影)の立体画像を元に、慎重に治療のシミュレーションをする必要があります。又、患者さんの咬む力や噛み癖も影響するので、咬み合わせに関する術前診断や術後管理も極めて重要です。どの歯科医師でも出来るような、簡単な治療ではないと、あつみ歯科医院では考えています。丁度テーブルの脚の様に、4本のインプラント(脚)を上手く配置して仮歯でしっかり固定すれば、力のバランスがとれて、非常に高い安定性を得られます。しかし、力のかかり方が偏って、特定のインプラントに負担がかかり過ぎると、インプラントが緩む原因になります。こうなると対処が大変で、感染症も起こし易く成り、結局、使えなくなってしまいます。精密な治療計画を立てるのに不可欠なCTを撮影し、3次元で診断しているか、一定以上の治療実績があるか等の点を良く吟味して、治療を受ける歯科医師を選んで下さい。参考文献週刊朝日MookQ&Aでわかる「いい歯医者」

インプラントは何本迄埋められるの?

上下各14本埋める事も可能です。でも、もっと少ない本数で、全ての歯を作れます。上下に一本も歯が無くて、困っている人は沢山います。総入れ歯が合わなくて、インプラントにしてみたいと言う人もいるでしょう。しかし、全ての歯を揃えようと思えば、上下14本ずつ、計28本必要です(親知らずを除いた永久歯の本数)。つまり、全く歯の無い人が、インプラントで全ての歯を作ろうとしたら、それだけの本数が必要になるのです。顎の骨に、そんなにも多くのインプラントを埋め込む事が出来るのでしょうか?顎の骨の骨量が十分で、力学的に問題が無ければ、上下に14本ずつ埋め込む事は不可能ではないと、あつみ歯科医院では考えています。しかし、もっと少ない本数で上下14本の歯を作る事が出来るので、現実的にはそんなにインプラントを埋める必要はありません。インプラントは1本当たり数十万円します。ですから、沢山埋めれば埋める程、歯科医師にとっては儲けに成ります。まさか、そんな理由で何本もインプラントを埋め込む歯科医師はいないだろうと思うかもしれません。所が、事例の中には、残っている歯を全て抜かれた上に、上下で計20本以上ものインプラントを埋められたと言う人がいる様です。しかも、事前に十分な説明もなく、初診時にいきなり埋められた様です。本数が多く成る程、顎の骨や体に損傷を与えますし、費用もその分高く成ります。一方で、力学的に十分な耐久性を持たせる必要もあるので、本数が少なければ良いと言う訳でもありません。何本埋めれば出来るのか、なぜその本数で良いのか、歯科医師からキチンと説明を受けて、納得した上で、治療を受ける事が大切です。

«  | ホーム |  »

2019-08

プロフィール

 

あつみ歯科医院

Author:あつみ歯科医院
兵庫県伊丹市にある、あつみ歯科医院です。皆様のお口の状態が少しでも良くなるように、協力出来ればと考えています。お口の中の、情報を一つでも多く提供出来るよう、スタッフ一同ガンバッて、いきますので、暖かく見守っていてくださいね。

 

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

 

 

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

 

 

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

 

QR